かわいいを探せ!

かわいいスイーツ(お菓子)を実際に買って食べてみたレポート

和菓子屋 東京 銀座「HIGASHIYA(ヒガシヤ)」はオシャレすぎる。お店は南青山にもある!!

大人が楽しめる和菓子を販売している大人気のお店があります。

 

和菓子を和菓子そのものだけでなく、お店、ラッピング等トータルしておしゃれなものに仕上げた、東京らしいお店だな~と思います。

素敵な外観やお店が、和菓子への期待を高めてくれます。

 

HIGASIYA(ヒガシヤ)(東京銀座・南青山)

東京の銀座店は、銀座一丁目のポーラビルの2階にあります。

エレベータを降りると素敵な別世界が広がっています。

 

お店の名前HIGASHIYAとは、

日本が誇る菓子の文化を、現代の私たちの暮らしに馴染む“ちょうどいい”存在にしたい。季節感や旬の意味合いを大切にしながら、毎日でも食べられるデイリーユースな和菓子をつくりたい。そんな想いを込めて日々の菓子屋=“日果子屋”、ヒガシヤと名付けました。

「HIGASHIYA」ホームページより

ということです。

 

お店では、生菓子は5種類ぐらい販売しています。

豆大福、わらび餅、饅頭、薯蕷饅頭が通年で販売しているほか、2種類ぐらい季節限定の菓子があります。どれも「お上品な」感じです。

 

お店は東京南青山にもあります。

表参道駅からすぐの場所です。

路面店ですので、すぐに見つかります。お店が小さいので、休日には外に行列ができていることが多いです。

 

和菓子1:桜餅

2枚の葉で丁寧にお餅がつつまれています。

上の葉を開けると、上品な色の桜餅が現れます。

桜の香りがすごくします。

中はこしあんです。

あんこが強く強調されず、ほんのりした甘さを感じます

 

和菓子2:蓬餅(よもぎもち)

くるくる笹の葉に巻き込まれています。

中には、けっこうみどりみどりしたお餅がゴロリと出てきました。

ちょっと驚き。

お餅のモチモチ感が強く、食べごたえがあります。

中のあんこはこちらも上品な味で、お餅とあんこのバランスが絶妙です。

 

和菓子3:鶯餅(うぐいすもち)

2月限定商品の鶯餅(うぐいすもち)です。

 

サイズ、見た目、味ともやはり上品な和菓子でした。

上品なんだけれども、あんこがぎっしりつまっています。

粒あんですが、小豆の皮は気になりませんし、すっきりした甘さで食べやすいです。

もちは、やわらかく、のび~~があり、厚みはうすめです。

 

もちもちで菓子切りできるのが、たいへんでした。

手で食べたいぐらいです。

 

もちの周りの粉がこぼれてしまうか心配したくないので、どうだろうか?と思っていましたが、そんなにこぼれなかった(懐紙で収まる程度)です。 

おススメ度:★★★★★(★5満点)

ずばり!おいしい和菓子です。

おススメです。

 

お店の名前“日果子屋”ヒガシヤのとおり、毎日食べたいくらいの和菓子です。

 

あんこはスッキリした甘さで、あんこ自体があんこを強く強調していないのに、十分なあんこ感も味わえます。

 

サイズは上品なサイズで、お茶席にはピッタリのサイズです。

 

葉につつまれていて、中が見えないもワクワク感が高まりました。

 

生菓子は日持ちしませんが、お店では他に最中や羊羹・カステラ・おこしなどの日持ちする和菓子も販売しています。

これらの和菓子は包装もかわいくて気になります。

お店では、プレゼントやお土産として買われている方をよく見かけします。

私もプレゼントで欲しい!!