茶箱 かわいいを探せ!

かわいい和菓子・かわいいスイーツ・かわいい美術展・かわいい日本文化

小布施堂の栗和菓子 栗(マロン)はお好き?長野県小布施町

「栗」が好きな人におススメしたい和菓子屋さんがあります。

 

栗の菓子専門店「小布施堂」の和菓子を食べて、食べて夏の間から秋を先駆けて栗和菓子三昧生活を送ってみたらどうでしょうか?

和菓子1:小布施堂 栗落雁

水羊羹と栗きんとんを買ったら「おまけ」でもらった和菓子です。

小さめの落雁、かわいい。

 

小さくとも、口にしっかり残る栗風味。

「甘い」というよりも「栗味」という感じ。

本格派の和菓子です!

 

歯が弱い人も、思ったより固くないのでご心配なく。

 

お上品に2口で食べました。

 

価格:0円(おまけ)(2017年7月現在)

和菓子2:小布施堂 水栗羊羹

 がっちり栗味の和菓子。

つるつるの水羊羹というよりも、どっしりした重みを感じます。

 

原材料は栗、砂糖、寒天のみ。 

「栗」そのものを食べていると感じるくらいの、栗の味が濃いです。

栗好きにはたまらない一品。

 

コーヒーにもあう和菓子でした。

 

水羊羹の入っていた缶は、おしゃれなデザイン。

最近(2017年4月1日から)変わったようです。

 

価格:324円(税込)(2017年7月現在)

お店:長野県 小布施堂

栗が銘産の長野県小布施町にある、栗菓子専門のお店です。

室町時代から信州小布施に続く栗栽培の営みを背景に、およそ百年前から始めた栗菓子づくりも、20品目を超える和菓子、洋菓子が揃います。

「小布施堂」パンフレットより

 

栗好きには嬉しすぎるお店です。

 

 

長野県の本店の周りには系列のレストラン、カフェ、バー、宿泊施設もあるようで、「栗」村がつくられているようです(笑)。

お菓子の印象

(栗落雁に対して)

「一粒万々倍」

一粒の米たりとも無駄にしてはいけない。ひと粒から百千粒が生じるのだから。

どんなにわずかであっても、道を求める心が少しでもあるなら。それを一心に磨けばすばらしい見が結ばれることがそこには示唆されている。
『茶席で役立つ禅語ハンドブック』朝山一玄著

 

栗水羊羹を買って手に入れたおまけの「落雁」。

一つのことが、どんどん幸せを呼び寄せている感じからイメージしました。

落雁の形も貨幣みたいで、ジャラジャラ増えそう!!

 

そして、栗が大好きな旦那さまが、栗を愛し心から求めることによって、さらにおいしい栗菓子に出会えることを祈ります(笑)  。

 

秋の禅語で「一粒万々倍」について書いています。

www.pooh70.com

お菓子のおススメ利用方法

今回は、水栗羊羹をおススメします。

おススメには★がついています。

***************

 ビジネス手土産

 仲良しフレンドへプレゼント

★両親への手土産

★カジュアルなお茶席用の菓子

★我が家の来客用菓子

★主人と私のおやつ

***************