茶箱 かわいいを探せ!

かわいい和菓子・かわいいスイーツ・かわいい美術展・かわいい日本文化

茨城県水戸市「偕楽園」で梅を見ながら食べたい。亀印製菓の和菓子「吉原殿中」

茨城県で購入した和菓子、よくお土産でもらう商品です。

茨城県(水戸藩)といえば、日本三名園の「偕楽園」があります。

梅の名所です。

茨城県水戸市の名物というこの和菓子。

この2月の梅の時期にぴったりの和菓子です。

お菓子:吉原殿中(よしわらでんちゅう)亀じるし

茨城県水戸市の銘菓として知られている和菓子です。

水戸藩九代藩主の奥女中・吉原の創案と伝えられている由緒あるお菓子。

水戸の烈公さんもたいへん喜んで召し上がったという。

亀印製菓株式会社ホームページより

水戸藩九代藩主・烈公さんとは、徳川 斉昭(とくがわ なりあき)のことです。

もち米と水飴で作られています。

外側にはきな粉がまぶしてあり、オブラートでつつまれています。

質素で地味なルックスだけれども、大きめなサイズがうれしいです。

包装紙もおしゃれなかんじで気に入りました。

お土産で配りたくなります。

茨城土産には見えない!(茨城県に失礼だけど)

お店:亀印製菓(かめじるしせいか)

この「徳川斉昭公」が描かれたパッケージが気に入って購入しました。

やけにイケメンだけど、本当にカッコよかったのか?気になります。

「吉原殿中」という商標は、

同組合(水戸菓子工業協同組合)に加盟する企業および菓子店(井熊総本家、亀印製菓、あさ川製菓、菓舗もとや、吉田屋、前田屋製菓)のみが使用することができる。

そうです。

6種類の「吉原殿中」があるということですね。

おもしろい!

他の会社のものも食べたくなります。

食べてみる

f:id:pooh70inu:20170211210436j:plain

オブラードに包まれています。

(オブラード:澱粉(でんぷん)でつくった、薄いすきとおった膜。のみにくい粉薬などを包む。)

久しぶりにみたオブラードにちょっとびっくり。

旦那さまは食べられるのか心配しているし・・・。

わたしは、けっこうオブラード好きなので気になりませんが。

気になる方は、ペロペロとかんたんにはがせましたのでご心配なく。

お菓子本体?は、パフパフ感もあり、もちもち感もあります。

大きめサイズでも3口ぐらいであっというまに食べきってしまいます。

おススメ度(★5満点)★★★★★

おススメです。

オブラードのおかげで、まわりのきなこもこぼれずに、雑誌を読みながら片手でたべられました。

オフィスでも、三時のおやつにぴったりです。

茨城土産として会社で配りましょう。

気軽なお茶席にも使えます。

野点(屋外で抹茶を楽しむ)にぴったりです。

特に、この時期に梅を見ながら、食べると”水戸”を感じられます。

徳川斉昭とは

f:id:pooh70inu:20170211213620p:plain

徳川 斉昭(とくがわ なりあき)は、江戸時代後期の大名(親藩)。常陸水戸藩の第9代藩主。江戸幕府第15代(最後)の将軍・徳川慶喜の実父である

写真・引用文 [Wikipediaより]

お菓子のパッケージよりはぽっちゃりしている・・・かな?

きっと若いころはスリムでかっこよかったのかな?

彼は強烈な尊王攘夷論者で、政治的野心が強く、また、艶福家で子宝にも恵まれたそうです。

諡号(しごう)は、烈公ですから・・・。

何事にも強い肉食系男子だったことが想像できます。

諡号とは:主に帝王・相国などの貴人の死後に奉る、生前の事績への評価に基づく名のことである。

 [Wikipediaより]

豪快な斉昭公が、女性と一緒に梅を見ながら「吉原殿中」を食べていたのかも。

と、思いながら「吉原殿中」を食べるとおもしろいですね。

 

こちらの和菓子も、茨城県のお土産にぴったりです。

www.pooh70.com