かわいいを探せ!

かわいいお菓子のプレゼント・かわいい展覧会を探します。

和菓子屋 東京 錦糸町「北斎茶房」と日本橋高島屋「AUDREY」(オードリー)”苺”対決!

苺のおいしい季節に、苺の和菓子苺大福:北斎茶房(東京・錦糸町)と苺の洋菓子ハローベリー・グレイシアチョコレート:AUDREY(オードリー)を食べ比べしてみます。

 

 

苺大福:北斎茶房(東京・錦糸町)

苺の和菓子といえば苺大福。

昭和の後期に生み出されたという和菓子にしては新人さんなんですが、今や春の定番商品になっています。”苺”と”あんこ”と”もち”のコラボレーションは最初の衝撃は大きかったですが、苺のみずみずしさが、あんこの甘さをおさえてくれていいコンビネーション。苺大福を生み出した人って、すごい!

 

見た目

この苺大福をお店で初めて見たとき、口には出さなかったけれど「え!”おっ●いぽい?」「明らかに”おっ●いを意識して作っているよね?」「やけに生々しい和菓子だな~。」と感じました(笑)。

写真を見ても”おっ●い”にしか見えないです(笑)。

季節限定商品。

 

お店には、苺大福の他にも杏大福もあり「買えばよかったな~。」といまだに気になっています。全種類の大福を買っているおじさまがいたんです!手土産かな?私にも、だれか手土産で買ってきてくれないかな~。と夢みています。

 

食べてみる

あんこの量は、びっくりするぐらい少な目、お餅はモチモチで、びよ~んとのびるぐらいです。

大きな苺がドンと入っていて、和菓子というよりほぼフルーツです。

みずみずしい和菓子に感動。私、この苺大福好きです。

 

製造・販売:北斎茶房(東京・錦糸町)

JR錦糸町駅から5~10分ぐらい歩いたところにあります。お店は座敷席もあり、落ち着いた雰囲気、人気店らしくずっと混んでいました。店員さんの対応も良かったです。

お店で飲食もできましたので、ランチと最中アイスを食べました。甘味メニューが充実しているお店です。

 

AUDREY(オードリー):(東京・日本橋高島屋)

ハローベリー

和菓子ではないけれど、こんなにかわいい苺のお菓子もおすすめです。

いちご専門の洋菓子店「AUDREY」(オードリー)の商品です。

女子力が高まるお菓子であり、ぜひぜひ男性からプレゼントされたいお菓子です。こんなかわいいお菓子もらったら、恋におちます。

お菓子の名前はハローベリー。名前もかわいい。もう見ているだけでも、キュンキュンするお菓子です。

 

グレイシアチョコレート

同じお店「AUDREY」(オードリー)のグレイシアチョコレートもかわいい。こちらは、苺の花束のようなお菓子です。

 

「AUDREY」(オードリー)のお菓子は、都内では日本橋の高島屋などで購入できます。

 

まとめ

苺のお菓子は、なんでもかわいくて、どれも食べたくなってしまうという、おそろしい魅力があふれているということに気づきました。

魅力満点なので、プレゼントにもぴったりです。