かわいいを探せ!

かわいいお菓子のプレゼント・かわいい展覧会を探します。

人気の町北千住でみつけた 季節の上生菓子:たから家(東京北千住) 

いつか自分の家につくる(予定の)マイ茶室で、抹茶に合うおもてなし用のかわいいお茶菓子を探しています。

f:id:pooh70inu:20161213000255p:plain

 

ここ数年で住みやすい町として話題になっている北千住。駅のロータリーをおりるとすぐのところにたくさんの商店街があります。

 

f:id:pooh70inu:20180327211101p:plainf:id:pooh70inu:20180327211101p:plainf:id:pooh70inu:20180327211101p:plain  f:id:pooh70inu:20180330161442j:plain f:id:pooh70inu:20180330161442j:plain

 

どこを歩いても商店街があって、迷子になります。

「ここってさっき通った?」を何度言うことか(笑)。

 

 

季節の上生菓子:たから家(東京北千住) を食べてみる

 

さっそく、季節の上生菓子:たから家(東京北千住)を食べてみて、パッケージ、お茶菓子の見た目から味までを細かくチェックしていきます。

 

パッケージ

 

プラスチックの箱に入っています。底には一枚のうすいピンク色のシートがついています。

 

 

 

 

見た目

 

かわいい度:★★★☆☆

見た目ポイント:季節を感じる

 

 

桜の花びらの形になっています。

 

色がビビットで、ちょっとおもちゃみたいな、かわいいデザインは、だれにもわかりやすく見るだけでも楽しめます。

 

散った桜の花びらなのかな?

 

小さな桜の花と葉がついていて、「花筏(はないかだ)」の一部のよう。小さなピンクとグリーンのコントラストが美しいです。

 

花筏(はないかだ)

水面に散った花びらが連なって流れているのを筏に見立てた語。また、筏に花の枝をそえてあるもの。筏に花の散りかかっているもの。《季 春》

デジタル大辞泉より

 

和菓子を購入した日は、もう桜が散り始めて葉桜になっていたため、葉(グリーン)の方が上になっているこの和菓子がぴったりでした。

 

中身

 

こしあん

底の白い部分、あんこの茶色の部分、上のピンクの部分がくっきり分かれています。すがすがしい(笑)

 

 

甘さ指数:★★★★

食べ心地:しっとり

 

f:id:pooh70inu:20180322221243j:plain

しっとりと味が楽しめたよ。久しぶりに食べた上生菓子だったから、一口一口大切にたべたよ。

 

やわらかな口触りで、しっかりした甘みのある和菓子です。

 

余計なものを加えていないため、日持ちはしないので早めに食べてくださいということでした。

 

基本情報(価格・賞味期限)

 

基本情報

菓子名:上生菓子

価格:1個 250~300円ぐらいだったと思います。(2018年4月現在)

賞味期限:日持ちしない

製造・購入場所:たから家(東京北千住)

通販・オンラインショップ:なし

 

お店は、北千住駅西口側を降りて丸井の裏手の道、駅から徒歩4~5分程度のところにあります。

 

 

まとめ

 

町にある和菓子屋さんって、見つけるとそっと覗きたくなりますよね。

 

それぞれのお店で出会えるかわいい季節の和菓子は、そのお店の力量を表しますね。

 

季節の上生菓子:たから家 と抹茶は合うのか

 

抹茶との相性度:★★★★☆ 

 

 

f:id:pooh70inu:20180322221243j:plain

抹茶との相性は、いいよ。甘みがある和菓子なので、さっぱりした抹茶をさらにおいしく感じさせてくれたよ。

 

   

f:id:pooh70inu:20180322195212j:plain f:id:pooh70inu:20180322195212j:plain 「あ~、明日のお茶菓子は何を用意しよう?」