茶箱 かわいいを探せ!

かわいい和菓子・かわいいスイーツ・かわいい美術展・かわいい日本文化

和菓子なの?東京池袋 DOU(どう)の生どら焼き

2017年5月25日のオープン以来、テレビや雑誌で評判になっているお店が池袋にあります。

 

連日行列ができているという「DOU(どう)」というお店です。

 

今まで食べたことのない和菓子「どら焼き」を売っているらしいのですが・・・・・・。

普通の「どら焼き」と違うの?

どんな和菓子なのかな?

和菓子:生どら焼き

大きさにびっくりです。

つぶれないように、しっかりした大きめのケースに入っていますので、さらに大きく感じるのかもしれません。

 

一人で食べきれるかな~?と心配になります。

貝のように片側が大きく開いていて、中身が丸見え(笑)です。

しおらしい和菓子のイメージとは異なり、和菓子らしからぬ豪快さ

あっぱれ!

 

中にはたっぷりの生クリーム、その下には粒あん、両ぎわに白い求肥が見えます。

甘そう~。

 

食べてみると。

びっくり!!

 

ふっわふわ。

どら焼きの皮も、生クリームもふわふわ。

まるでシフォンケーキのようです。

粒あんもあっさり。

そして2つの求肥で、ふわふわからもちもちへの食感の変化を感じることができます。

 

甘みも抑え気味、見た目よりもすっきりした甘さです。

あんこ:甘さ控えめのあんには、北海道十勝産の最上級あずき「雅」を使用

求肥:アクセントになる求肥には、北海道で獲れるもち米「はくちょうもち」を使用。

生クリーム:脂肪分35度でさっぱり軽い口あたりの北海道産クリームを使用。

「DOU」公式ホームページより

材料にもこだわりのある和菓子です。

 

あっという間に食べ終わってしまいました。

もう一個ぐらい食べられそうなぐらいです(笑)


価格:324円(税込)(2017年8月現在)

お店:池袋 DOU(どう)

JR池袋駅の中央口の改札を出て、東武デパート・ルミネ方面(サンシャインシティ・西武デパートとは反対方向です)に歩いているとありました。

住所は、池袋駅アップルロードB1Fになっています。

 

ピカピカ金色に光ったお店が見えてきました。

日曜の朝10時に通った時は、混んでいません。というか、誰も並んでいません。

同じ日の昼3時ごろ購入のために寄ると、2人並んでいます。

お会計に少し時間がかかるようで3分程度待ちましたが、あっという間に購入できました。

そして、私の後は誰も並びませんでした。

なんだか、少しさみしい。

 

お店をみると、清潔なさっぱりとした店内。

出来上がってケースに入った生どら焼きが並んでいて、横にはうすいピンクとブルーを基調にしたかわいい箱も見えます。

 

持ち帰り用ビニル袋もかわいい。

ガラス張りで生どら焼きを作っているのも見えました。

 

商品メニューは、この「生どら焼き」一つのみです。

 

2017年9月13日には、ルミネエスト新宿に2号店がオープンします。

お菓子の印象

「入道雲(にゅうどうぐも)」

生どら焼きのフワフワ感、大きなサイズから想像しました。

 

夏のピカピカの青空に、もくもくと大きな雲が現れる。

天気の急変=雷や大雨を予測させる恐ろしい雲なのですが、「夏」を感じられる季節感あふれる雲でもあります。

 

入道雲が現れたときビックリするのと同じくらい、この生どら焼きを見たとき、食べた時もビックリしました(笑)

 

和菓子界にも、嵐が起きる?かも。

まとめ

人気の「生どら焼き」は、和菓子というよりも、洋菓子と和菓子のハイブリット菓子です。

なので、若い人にも人気があるのだと思います。

 

いくら美しく、おいしい和菓子をつくっても、誰も食べてくれなければ仕方ないのですから、多くの人に愛される和菓子を考えていく、作っていくという意味で和菓子界の新しい動きなのかな~と感じます。

 

「生どら焼き」さん、和菓子の仲間として大歓迎です。

お菓子のおススメ利用方法

おススメには★がついています。

購入時に、賞味期限は冷蔵庫に入れて3日間と言われました。

***************

 ビジネス手土産

★仲良しフレンドへプレゼント

 両親への手土産

 カジュアルなお茶席用の菓子

★主人と私のおやつ

***************

ーーーーーーーーーー

茶箱おススメ記事

ーーーーーーーーーー

これもハイブリッド和菓子!

www.pooh70.com