かわいいを探せ!

可愛いものに癒されるよ

ドラえもんにあげたい!「うさぎや」どら焼き(上野) おもてなし一品

 

もし、ドラえもんが我が家の引き出しから現れて仲良くなったら

 

どら焼き好きのドラえもんのために、有名な東京上野(御徒町)にある「うさぎや」のどら焼きをプレゼントしたいと思うくらい立派などら焼きです。

 

 

どら焼き:うさぎや(東京・上野/御徒町

 

お布団のような、フカフカの皮。

中のあんこは、キラキラ光り輝いています。

 

一口食べると、フカフカの皮がたまりません!

まるで洋菓子のスポンジのような感じです。フワフワ気持ちよい皮が、気持ちの良いお布団に見えてきました。

 

あ~、あたたかいどら焼きの皮の布団でぬっくりしたい(笑)という妄想まで楽しめます。 

 

あんこは甘め。下町風?なのかな。

 

ボリュームのある和菓子なので、お茶がすすみます。

 

抹茶よりも緑茶、緑茶よりも棒茶、棒茶よりも紅茶。

意外に紅茶が一番合います。ちょっとハードな「アッサム」を選んでミルクの代わりに豆乳をいれる、豆乳ティーがおすすめです。

 

渋い印象の「どら焼き」と豆乳ティーをあわせると、一気におしゃれな感じ(笑)。

 

ドラえもん、豆乳ティー好きかな?

 

基本情報

値段:205円(税込)(2017年1月現在)

消費期限:2日(購入日に食べるのがおすすめ。)

 

上野 うさぎや

 

 

お店は、JR御徒町駅(JR上野駅にも近い)近くにあります。

 

屋根の上の「うさぎ」が目印での「うさぎや」とかわいい名前のお店です。

 

どら焼きが有名なお店ですが、季節の生和菓子やどら餡ソフト(ソフトクリーム)も販売しています。

 

上野「うさぎや」どら焼き注文方法

 

連日混雑しているうさぎやでは、注文方法を事前に知っておくとスムーズに買い物ができます。

 

①列に並ぶ(たいていは列ができています)

②先に注文をする。(”欲しい品物とその数”と”自分の名前”を聞かれます)

③待ち時間。お店の中をウロウロしています。(そんなに待つことはありません)

④病院のように、名前と注文したもので呼ばれる。

 『どら焼き2個のドラエモンさん』のように。

⑤受け取りに行ってお会計をする。 

 

これさえ知っておけば、堂々と常連さんのように購入できます(笑)。

 

まとめ

 

あっ、ドラえもんが来た来た。 

『ドラえもん。いらっしゃいませ~。』

早速上野のうさぎやで買ったどら焼きを出さなくちゃ!

あれ?

 

 

あっっ!まちがえちゃった。

オモえもんだった!!(星野原さんがNHKのコント番組「LIFE!」で演じている人気キャラです。)

 

オモえもんはいつもシュークリームを買ってくるから、どら焼きよりシュークリーム好き?なのかな?

 

でもフワフワ皮のうさぎやのどら焼きは、オモえもんもドラえもんも喜んでくれるはずですよ。