茶箱 かわいいを探せ!

かわいい和菓子・かわいいスイーツ・かわいい美術展・かわいい日本文化

キツネはお好きですか? 和菓子屋 京都「総本家 宝玉堂」

おもしろいお菓子に出会うと誰かと一緒に食べたくなります。

みんなでにぎやかに食べたいお菓子を見つけました。

お店:京都 総本家 宝玉堂

伏見稲荷にあるお店です。約80年間続いているようです。お菓子についていた説明書きには「七拾有余年の御愛顧」と書いてあります。

今回は、日本橋高島屋で購入しました。

和菓子:いなり煎餅 小ぎつね

大きなサイズです。食パン用の皿に載せてギリギリです。

「小ギツネ」って、この大きさで(小)みたい・・・・・・。ちなみに(大)もあるようです。気になります。

見た目は、リアルなキツネに感動します。けっこう怖い気もしますが。

味は、さっぱりしていて、あっという間に食べ終わってしまいました。

原材料は「小麦粉、砂糖、白味噌、胡麻」だけです。

甘さよりも味噌と胡麻の風味が感じるお菓子です。

今回は私は「あご」から、旦那さまは「耳」から食べました。

おススメ度:★★★★★(★5満点)

おもしろいお菓子として、ぜひおススメします。

「わぁっ」と歓声(叫び声)があがると思います。

私は、また買いたいな~。と思っています。

お楽しみ①:銘をつけてみる 

失礼ながらも、この和菓子に「私なら。」ということで銘をつけてみました。

「稲荷祭り」です。

稲荷祭りとは、

①京都市伏見区の稲荷神社の祭り。四月第二の午の日に神幸祭(しんんこうさい:神霊が本社から他所に移る行事を中心とする祭り。),五月第一の卯の日に還幸祭(かんこうさい:神幸を終えた神霊を,御輿(みこし)から社殿に移す祭り。)を行う。また,四月九日に例祭を行う。

三省堂 大辞林 より

 キツネのお面をつけた人で、ちょっと境内がにぎやかになるイメージで付けてみました。

私は伏見稲荷大社に行ったことが無いので、今度行ってみたくなりました。