かわいいを探せ!

可愛いものに癒されるよ

銀座木村屋 苺あんバター 見慣れた”酒種あんぱん”とは違うモノなのか?

銀座木村屋 苺あんバター

 

おすすめポイント

・銀座木村屋の「酒種あんぱん」とは異なるモノ

・かわいいピンクのパッケージ

・季節限定の苺あん

 

 

苺あんバターと酒種あんぱんは違うの?

 

 

 

あれ?

見慣れている木村屋のあんぱん(酒種使用)とはまったく違うパンが出てきました。

ソフトフランスパンですね。

 

普段から見慣れている銀座木村屋の酒種あんぱんを想像していると、ちょっとびっくりします。

 

 

苺あんバターは、はんぱなくたっぶりのバターと苺あん入り。

 

ピンクがかった苺あんはさっぱりした味、苺のつぶつぶもきちんと入っているので苺味、苺感もたっぷり楽しめます。やっぱり銀座木村屋のあんこ、おいしいですね。

 

たっぷりの量が入っているバター、しつこさはまったくありませんでした。塩加減が程よく苺あんの味をひきたてます。

 

パンは弾力あるやわらかフランスパンになっていて、食べやすいうえに食べごたえがあります。

バター、苺あん、ソフトフランスパンが一体となっておいしさを作り出しています。

 

サイズは直径10センチ程度です。

 

見慣れている・食べ慣れている銀座木村屋のあんぱんにも苺あんパンがありますが、見た目も味もまったく違うものでした。

 

パンに食べごたえあって、あんことバターの甘しょっぱさがクセになります。私は食べ慣れた酒種あんぱんより、こちら”あんバター”シリーズの方が好みです。

 

*苺あんバターは季節限定商品ですが定番商品として「あんバター」があります。

 

銀座木村屋とは?

 

 

銀座の中心”銀座4丁目”の十字路にある銀座木村屋は銀座を代表するお店です。

銀座に行ったら必ず銀座木村屋のあんぱんを買う人も多いはず。

 

お店のホームページによると、銀座木村屋は、明治維新後、明治7年には現在の銀座のお店の場所に木村屋の店舗をかまえ、酒種あんぱんを誕生させているそうです。

創業以来140年以上に渡り、銀座で伝統の味を守り続けている老舗店です。

 

お店の袋はレトロ感たっぷり素敵なデザイン。

袋のデザインをみると、明治の西洋開花時代の雰囲気が感じられますね。

  

基本情報

 

商品名: 苺あんバター(季節限定商品)

価格:250円(税込)

賞味期限:購入日の翌日まで

 

通信販売

 

「銀座木村屋」オンラインショップあり

苺あんバターの取扱いなし

 

▼「銀座木村屋」オンラインショップはこちら。

https://www.kimuraya-net.jp/shop/

 

まとめ

 

「銀座木村屋 苺あんバター」はいかがでしたか?

見慣れた・食べ慣れた銀座木村屋の”酒種あんぱん”とはまったく違うモノでしたよ。

苺味は季節限定なので店頭で見かけたらすぐに購入がおすすめです。

f:id:pooh70inu:20190424190008j:plain
 茶箱

「苺あんは季節限定!」