かわいいを探せ!

可愛いものに癒されるよ

シーキューブ「東京百年物語 焼きキャラメル」老舗菓子が変身!

東京百年物語 焼きキャラメル

f:id:pooh70inu:20200407095329j:plain

 

懐かしのキャラメルがスタイリッシュに

 

東京で100年続いている老舗の味を大変身させたスイーツがシリーズで発売されています。

 

シーキューブの「焼きキャラメル」は東京百年物語スイーツの第一弾。

 

100年愛される老舗の味を別のお菓子に変えてみたらどうなるのかな?

 

 

森永のキャラメル⇒焼きキャラメル

 f:id:pooh70inu:20200407095442j:plain 

 

森永ミルクキャラメルの味わいをイメージして作られました。

 

東京で生まれた森永ミルクキャラメル

 

森永のミルクキャラメル、小さな正方形の甘いまろやかなキャラメルにうっとりしましたよね。

 

あのうっとりした甘さを味わえるお菓子がコレ!

 

f:id:pooh70inu:20200407095517j:plain

 

中にとろけた森永キャラメルが入っています。

 

あま~~い!!

 

森永ミルクキャラメルとは?


森永ミルクキャラメルは東京生まれのお菓子です。

 

米国でお菓子作りの技術を学んで帰国した後、森永製菓 創業者である森永太一郎氏キャラメルの製造を開始したのは1899年(明治32年)。

森永製菓が1913年(大正2年)に「ミルクキャラメル」の商品名で発売。

 

以後100年以上みんなに愛されていますよね。

 

ちなみに安部首相の奥様昭恵さんは森永製菓の創始者太一郎氏の外曾孫娘になります。昭恵さんのお父様は森永製菓(5代目)の社長も務めた方でもありますよ。

 

レトロなパッケージ

 

f:id:pooh70inu:20200407095502j:plain

 

「東京百年物語 焼きキャラメル」のしぶ~い色あせた雰囲気のレトロなパッケージがおしゃれです。

 

このパッケージを見ていると明治・大正時代にタイムスリップした気分になります。

 

漢字と英語が入り混じっているパッケージ、”文明開化の音”がします(笑)

当時はこんなパッケージでお菓子が売られていたのでしょうか?

 

老舗の味が魔れた100年前の日本は?

 

2020年の100年前は1920年、当時の日本は大正9年です。

 

●第1回東京箱根間往復大学駅伝競走(箱根駅伝)開催

●平塚らいてう・市川房枝らが新婦人協会を結成

 

大学などの教育も高まり、女性の意識も高まってきた頃だったんですね。

 

【参考:Wikipediaより】

 

基本情報

 

●商品名: 東京百年物語 ベイクドキャラメル

 

●製造:シーキューブ

 

●価格:4個入り:630円(税抜)

 

●賞味期限:購入日より1か月半程度 4月上旬購入⇒5/25期限

 

通信販売

 

「東京百年物語 ベイクドキャラメル」は通信販売あり。

シーキューブの公式サイトにオンラインショップがありますよ。

 

まとめ 

 

おすすめポイント

・東京の味が楽しめる

・確かな味を継承していきたいと思う

・東京土産にぴったり

 

シーキューブの「東京百年物語 ベイクドキャラメル」はいかがでしたか?

 

とろけるような甘さが子どもの頃味わったキャラメル味で、懐かしくなりました。

東京で生まれた味をこれからも大切に次の世代に引き継いでいきたいなと思えるスイーツでしたよ。

 

f:id:pooh70inu:20190424190008j:plain
 茶箱

「森永キャラメルも久しぶりに食べたくなったな」