かわいいを探せ!

可愛いものに癒されるよ

ゴミを小さくしてシンプルライフを実現 無理せずカンタンに

シンプルライフ ゴミを小さくする

f:id:pooh70inu:20200301181640j:plain

f:id:pooh70inu:20190424190008j:plain
 茶箱

「ゴミよ、ちいさくな~~れ!」

 

毎日たくさんのゴミがでてゴミ袋いっぱいにゴミがたまります。

「なんでこんなにゴミがでるんだか」と大きなため息をつきたくなります。

 

狭い家をゴミが占領し、さらに家を狭くするなんて。

 

恐ろしい!

 

シンプルライフを実践するため、家にあるゴミをできるだけ小さくして、ゴミが家のなかで占領する場所を少しでも小さくしてみることにしました。 

 

おすすめポイント

・ゴミ出しの回数が減る

・ゴミ袋の利用が少なくなる

・家のなかでゴミが占領する場所が小さくなる

・小さくなるゴミを見るのが楽しくなってくる

 

 

ゴミをカンタンに小さくする方法 

 

ゴミを小さくするためにはそのまま捨てるのではなく、ひと手間必要になります。

その手間を少しでも簡単にする方法を実践してみました。

 

折りたたむ⇒まとめる

 

まずは一つ一つのゴミをとにかく小さく折りたたんで一つにまとめてみました

 

これはお菓子の個包装パッケージなどに有効です。

 使い終わったティッシュなどもこの方法が利用できますね。

 

”折る⇒一つにまとめる”はテレビを見ながらでも簡単にできます。無意識でやっている人も多いですよね。

 

箱は解体

 

 

 

箱になっているものは解体が基本ですね。

一枚の紙状に戻してあげます。

 

プラスチックのケース

 

ヨーグルトの入れ物、卵の入れ物、納豆の入れ物などの台所用品・食材のパッケージはプラスチックケースが多く使われています。

 

これらのゴミが一番がさばるうえに、捨てるのにめんどくさいですね。

 

ヨーグルトの空き箱

 

 

プラスチック容器は切るとだいぶ小さくなるのですが、切るのはめんどくさいのでこの入れ物のなかにゴミを詰め込んでいくことにしました。

 

事前に中は水でゆすいであります。

 

卵ケース

 

上と下の部分を切って重ねて終わり。

切り刻んで小さくすることにこだわるとめんどくさいので。

 

納豆ケース

 

複数あれば重ねて終わり

 

ケチャップやマヨネーズ容器

 

手を加えるのもめんどくさいので、そのまま廃棄

 

紙の包装袋・ちらし

 

 

小さく折りたたんでまとめて捨てる。

 

 

箱状に折って、生ごみ入れとして使って捨てる。事前にテレビを見ながら箱を折っておけばすぐに使えます。

 

テーブルの上などの簡易ゴミ箱としても使えます。

 

いざ実践

 

まずは意識改革から始めて、あとは実行あるのみ

 

ストレスにならないほどの作業レベルを実践しています。

 

続けるには、ストレスにならない程度にゴミを小さくしてから廃棄するのを習慣づければいいだけ。

 

小さくしようとする意識だけでも、ゴミの容量はだいぶ減りましたよ。

 

ゴミを小さくした結果

 

f:id:pooh70inu:20190610200416j:plain

 

ゴミ箱サイズが小さくなって、家のなかでの存在感が薄れますした。

 

そして、ゴミひとつひとつと向き合うことで、自分の出すゴミの多さを認識できました。

最近はゴミを小さくするから、ゴミを減らす意識へシフトしています。

 

大事な人生をゴミに振り回されてはいけませんよね。

 

ゴミを小さくするはシンプルライフに必要?

 

★★★★☆

(★4点 / ★5点満点中)

 

ゴミを小さくすることは、シンプルライフに大きく貢献します。

家のゴミ箱が小さくなり、ゴミ捨て回数も減りますよ。

 

まとめ

 

シンプルライフにゴミを小さくするのは大事なことでした。

 

ただ、実際にやっていみると、小さくすることにこだわりすぎるのもめんどくさいなと感じました。

「カンタンにできることだけをするだけでも今よりはゴミは小さくなる」くらいの意識で、気軽にやり続けていくのが必要ですね。

 

できるならば、さらにここからゴミを減らすようにシフトしていきればいいなと思っています。