かわいいを探せ!

かわいいお菓子のプレゼント・かわいい展覧会を探します。

かりんと:麻布かりんと(大丸東京店) 東京駅で手土産 

かわいいプレゼント・手土産におすすめのお菓子をお持ち帰りして食べてみます。

f:id:pooh70inu:20180322180924j:plain

かわいいプレゼント

 

東京土産を探している人へ

贈る相手それぞれにぴったりの商品を選んで贈りたいときに

おすすめの手土産・プレゼントです。

 

かりんと:麻布かりんと

東京駅は、冬休みを直前に控えて混雑がひどくなってきています。東京駅を利用する人のなかには、帰省などで荷物が大きくてたいへんな上に、お土産を買わなくちゃという人も多いですよね。

混雑した東京駅の中でウロウロ、「何を買おうかな~」と悩むのも大変ですので、事前に買う手土産・プレゼントにおすすめのお菓子をみつけてみました。

 

写真は大丸東京店にある「麻布かりんと」のお店の棚の様子。ずらっとならんだ、かわいいパッケージに圧倒されます。

味で選ぶか、パッケージで選ぶか。

あの人にはこれ、あの人にはこれと、贈る相手を考えながら一袋ずつ購入するのがおすすめで。

 

大丸東京店は、東京駅の改札を出てすぐの場所にあるので手土産を買うのには便利ですよ。

 

かりんとというと、まっくろでごつごつした素朴なお菓子。田舎のおばあちゃんの家でこたつに入りながらみかんと一緒に食べたよな~という、ちょっと渋めのお菓子なのですが。

んなかりんとに革命をおこしたともいえるのが「麻布かりんと」です。

とにかくおしゃれなパッケージ。かりんと自体も、小さめ細めでスタイリッシュに変身していて、見たこともないたくさんの味が用意されています。

なんとその数50種類ほどには驚きです。定番商品に加えて季節限定もあるので、こちらも見逃せません。

野菜かりんと、カレーかりんと、竹炭かりんと、チーズミックスかりんとなどなど。甘いの?しょっぱいの?辛いの?と、どんな味なのか不明なものも多くてワクワクです。

 

甘いものが苦手な人にもぴったりなかりんともあるので、贈る相手を想いながらじっくりと選ぶ楽しさもあります。

 

 

パッケージ

 

袋サイズはどれも同じ大きさです。縦16×横16センチほど。おしゃれな商品にありがちな、小さくてさみしいサイズではないので贈り物としては最適です。

 

●冬のシーズンの限定品「冬フルーツミックスかりんと」

432円(税込)(2018年12月現在)

むちゃくちゃかわいい♡冬の定番商品です(ここ数年同じデザイン)。北欧の街並みのようなイラストが描かれています。

封を開けると、中にはジップロック方式になったかりんとの袋がでてきます。一気に食べなくても大丈夫、簡単に保存しておけます。(開封後は早めに食べなくてはいけませんが)

お店の紹介、かりんとの種類紹介のパンフレットもはいっています。これ、中をみるだけでも楽しいのでおすすめです。

 

●代表商品の「黒糖かりんとう」

370円(税込)(2018年12月現在)

 黒い袋が、渋くてかっこいい。上品さ、高級感もあります。

 

●私の長年のお気に入り「きんぴらごぼうかりんとう」

340円(税込)(2018年12月現在)

古地図がデザインされたおしゃれなパッケージ。かりんとが中に入っているなんて想像つかないですよね。

古地図には「文久元年 東部麻布之絵図」と書かれています。

文久元年は1861年で江戸時代末期になります。翌年に「生麦事件」が起きています。大きな改革の波が近づきつつあった時代ですね。そのころのお店(本店)のあった麻布周辺の地図がパッケージになっています。

現在の麻布周辺の地図と比べたくなってしまいます(笑)。

 

数種類を組み合わせてギフト箱(有料)に入れてもらうこともできます。(5袋入270円、7袋入324円、10袋入324円。)

簡易箱3袋入、5袋入(108円)もあります。

 

ショッパー(紙袋)は、渋めでもありかわいさもあり。持ち運びも恥ずかしくないです。スーツにも合います(笑)。

 

見た目・味 

 

●「冬フルーツミックスかりんと」

封を開けるとあま~~い香り。なんとうれしいことに3種類の味が入っています。

写真左から、アップルパイかりんと、いちごかりんと、ゆずかりんと。

初めて食べる味という人も多いはず。それぞれきちんと味が違います。一袋で3種類の味が楽しめるのはお買い得。飽きることもなく食べ続けてしまいます。

どれも一口サイズで食べやすいです。程よい固さでサクサクっと食べられます。

 

●「きんぴらごぼうかりんとう」

きんぴらごぼう味?おいしいの?と心配した人も多いはず。

ご心配なく。これが、くせになる味なんですよ。

甘じょっぱく、唐辛子の辛さもあり食べるのが止まらない危険なかりんとでもあります(笑)。

わりと辛めで、おとなのかりんとになっています。

 

●「黒糖かりんとう」

よく考えたらあまり食べた記憶のない代表商品。たくさんの味からわざわざ選んだことがなかったです(笑)。

一口サイズで、程よい固さ。胡麻の風味が味わえます。これぞかりんとという商品です。

 

購入した日には、店頭で人気BEST5が発表されていました。

1位~3位は冬の限定商品。

パッケージもかわいくて、東京土産としてどれもおすすめ。

 

▼▼まだまだ大行列の絶えないニューヨークキャラメルサンドも大丸東京店で買えます。行列に並ぶ余裕のある人はぜひ。

www.pooh70.com

 

 

基本情報・お取り寄せ情報

 

●菓子名:かりんと

●賞味期限:3か月ほどあり

●販売店: 麻布かりんと 東京大丸店

本店は、名前のとおり東京港区にある麻布十番の商店街の中にあります。

8、9年くらい前までは麻布十番というちょっと不便な場所にある本店でしか買えなかったのですが、最近は東京だけでなく大阪や神戸、福岡、札幌、名古屋でも購入できるんですね。もう東京土産ではなかったです(笑)。

お取り寄せ・通販:あり

▼▼お店の公式ホームページはこちら。

麻布かりんと 50種のかりんとう・かりんとまんのかりんとう専門店/TOPページ

 

まとめ 

 

かりんと:麻布かりんと をプレゼントとするときに、気になる項目を細かくチェックします。

①重さ・持ち運び

どの商品も重くはないので4、5袋くらいなら楽々。数が増えるとずっしりしてきそう。

②値段 

ほとんどの種類が500円前後。見た目を考えるとお手軽価格。

③小分け(個包装)

個包装なし。

④かわいさ(パッケージ・お菓子)

かりんとが入っていると思えないおしゃれなパッケージ。

⑤日持ち(賞味期限)

賞味期限が長いので手土産・プレゼントにぴったり。

⑥保存方法

常温保存(高温多湿・直射日光を避ける)

⑦話題性

パッケージのおしゃれさと、食べたことのない驚きのかりんとの味に驚くはず。

 

f:id:pooh70inu:20180322221243j:plain

贈る相手を想いながら選んだことも伝えたいね。