かわいいを探せ!

かわいいスイーツ(お菓子) プレゼント・手土産におすすめ

ドライフリット(フライドポテト):AND THE FRIET(アンド ザ フリット) おしゃれなフライドポテト

かわいい手土産におすすめのお菓子を実際に買って食べてみます。

 

おしゃれな人に手土産持っていくときって悩みますよね。

できればかわいくてかっこいい、おしゃれなパッケージのお菓子ってあるかな~と思って選んだお菓子アンドザフリットのフライドポテトを紹介します。

 

こんな人・時におすすめスイーツ(お菓子)

ポテトフライが好きな人へ

おしゃれな人へ

 

 

ドライフリット(フライドポテト):AND THE FRIET(アンド ザ フリット)

フライドポテトがおしゃれに変身!と一時話題になったフレンチフライ専門店が「AND THE FRIET(アンド ザ フリット)」です。

ポテトの品種を選んで、ポテトのカットの形を選んで、ポテトにつけるディップを選んで、自分の好みのフライドポテトをつくることができるお店です。以前、広尾店で並んで購入したことがあるのですが、とにかく選択肢が多くて驚きました。選べ過ぎだろう!という印象もあるぐらいです(笑)。

たくさんの選択肢に悩まなくても、AND THE FRIET(アンド ザ フリット)が手軽に味わうことができることができる、銀色の袋に入ったドライフリットを購入してみました。 

 

 

最高のフレンチフライを追究しつづけてきたフレンチフライ専門店「AND THE FRIET」が、芋のおいしさをご家庭でも味わっていただくために数年かけて開発したスナック、DRIED FRIET(ドライフリット)。フレンチフライ専門店で人気のある芋やフレーバーのおいしさをそのまま閉じ込め、新感覚のプレミアムスナックが誕生しました。

「AND THE FRIET」ホームページより

 

 

基本情報・お取り寄せ情報

 

●菓子名

ドライフリット(フライドポテト)

●価格

1袋450円(税込)(2018年10月現在)

●賞味期限

75日以上

●販売店

AND THE FRIET(アンド ザ フリット)

お取り寄せ・通販:あり

▼▼お店の公式ホームページはこちら。

 

パッケージ

 

●ドライフリット アンチョビ アンド ガーリック

体格はいいんだけれども、おとなしそうな男の子が描かれています。なんとなく名前はボブ(笑)。

 

●ドライフリット プレミアムソルト

メガネをかけたひょうきんそう元気な男の子。小さくてすばしっこそう。昔の映画「ホームアローン」のマコーレ・カルキンが演じたケビンがメガネをかけたぽい。

袋の大きさは縦19×横14センチくらいの大きさで、A4の半分くらいで普段見慣れているポテトチップスの袋から考えると小さめサイズです。

 

おしゃれなパッケージを手がけているのは、PLUG-IN GRAPHICの平林奈緒美さん。

平林さんは、さまざまなブランドやショップのロゴのデザインも担当をしていて、ファッションブランド「nico and…」や、ボディケアブランド「THREE」のパッケージデザインを手掛けているのも平林さんです。

 

オリジナルショッパーもおそろいのデザイン

 

ショッパーのデザインも凝っていて、表面は女の子のかわいい顔、裏面は女の子の後頭部になっています。

☝表は正面を向いたかわいい女の子

☝裏面はこんな感じ。

髪の毛の分け目や耳たぶのピアスの穴がリアルですし、文字も裏がえしになっているのがおもしろいです。

 

見た目・味 

 

写真はアンチョビアンドガーリック。

これで一袋に入っている量全体の2/3ぐらいの量です。

 

カリカリのポテトフライで、中も外もカリカリです。

アンチョビの旨味とガーリックの味はしっかりとついているのですが、しつこさはなく思ったよりもあっさり。しょっぱさもひかえめです。食べ終わった後に、手や口の中にべっとりと油が残ることもなく食べやすいです。

 

食べ慣れている丸いかたちで薄いポテトチップスよりは、1つ1つの食べごたえはあり、お腹も満たされます。

袋を開けるときついガーリックの香りがぼわっと広がるようなことはないので、外で食べても迷惑になることはないのもうれしいです。

 

アンド ザ フリットのこだわり

 

プレミアムソフトもアンチョビアンドガーリックも、使用しているジャガイモはフレンチフライの本場ベルギーから取り寄せたビンチェ(ベルギー産)。

世界的にも人気の高いオランダ生まれの品種で、黄色の果肉とホクホクとした食感、程よい甘味が特徴だそう。

 

このドライフリットのサクサク食感の秘密は、1キロの芋からわずか250グラムほどをつかって、真空状態のフライヤーでゆっくりと時間をかけて加工することで水分を抜き、おいしさを凝縮させていることだそうです。

【参考:「AND THE FRIET(アンド ザ フリット)」のホームページ】

 

パッケージだけでなく、ドライフリット(フライドポテト)もこだわりの商品であることがわかります。

 

 

まとめ

f:id:pooh70inu:20180322180924j:plain

かわいいプレゼント

かわいいお菓子、AND THE FRIET(アンド ザ フリット)のドライフリット(フライドポテト)かわいい手土産にするときに気になる項目を細かくチェックします。

①重さ・持ち運び

ポテトフライは一つ一つをしっかりと揚げてあるので、よっぽどのことがない限りくずれることはない。軽くて小さめで持ち運びはらくちんだけれど、袋には空気が入っていて少し膨らんでいるので、思ったよりもがさばる。

②値段 

普段買っているポテトチップスと比べると高く感じる。

③小分け(個包装)

なし。

④かわいさ(パッケージ・お菓子)

おしゃれで都会的なパッケージ。

⑤日持ち(賞味期限)

賞味期限が長いのでプレゼントや手土産にしやすい。

⑥保存方法

常温保存(直射日光・高温多湿をさける)

⑦話題性

こんなにおしゃれなパッケージのポテトフライに驚く。店舗数が少ないので珍しさもあり、話題になるはず。

 

f:id:pooh70inu:20180322221243j:plain

お値段的に自分で買うのは考えちゃうけれどプレゼントされたらうれしいよ(笑)。