かわいいを探せ!

かわいいお菓子のプレゼント・かわいい展覧会を探します。

東京の図書館 千代田区立日比谷図書文化館(日比谷図書館) ビジネスマンにおすすめ

図書館行ってみませんか?

 

f:id:pooh70inu:20180407165716j:plain

図書館へ行こう

私は、小さなころから図書館が大好きです。

好きなあまり、大学の卒業論文は「日本とアメリカの図書館文化の違い」を題材にしましたし、司書の資格も持っていて、政府機関の図書館に勤めていたこともあります。

 

最近の図書館はきれいになり、おしゃれな図書館も登場したりと、利用者もぐっと増えています。勉強をするだけでなく、調べものをしたり、のんびり読書したり、楽しい図書館ライフを楽しめます。

 

私がお気に入りの図書館を紹介します。

 

 

東京 千代田区立日比谷図書文化館(日比谷図書館)

 



f:id:pooh70inu:20180407165716j:plain 外観・建物

 

この図書館の最大の特徴は、都心にある日比谷公園の中にあるということです。

 

 

話題のミッドタウン日比谷もすぐそばにあります。上の写真は、ミッドタウン日比谷から見た日比谷公園です。

 

緑の多い日比谷公園の中に、三角形の変わった建物が現れます。

ショートケーキのような形なんです。建物を見るだけでもおもしろい、建築好きの方にもおすすめの図書館です。

 

 

現在の施設は、1957年(昭和32年)10月3日に落成式が行われ、翌4日から一般の利用が開始された。設計は東京都建築局(高橋武士)によるもので、特徴的な三角形の平面は土岐善麿の発案とされる。

 

2006年(平成18年)には、DOCOMOMO JAPAN選定 日本におけるモダン・ムーブメントの建築に選ばれている。

【Wikipedia】より

 

 

 

 

f:id:pooh70inu:20180407165716j:plain 館内の雰囲気

                             

休日の午後3時ごろ行きました。

 

図書館の中は、人が多くいました。本を読むための椅子が空いている椅子を探すぐらいの混雑ぶりです。

 

利用している人の年齢層は、社会人の人がほとんど。高齢の人は少なめで、小中高校生は、ほとんど見ませんでした。

 

子供用コーナーはありませんので、子どもも、親子づれもほとんどいません。

ご家族で来ていたのは1組程度しかいませんでした。夏休みの宿題をしていたようでした。

 

多くの人が、一人で利用しているようでした。

 

f:id:pooh70inu:20180407165716j:plain 貸出券の作成

 

貸出券は千代田区内在住在勤在学を問わず、だれでもつくることができます。

(作る際には名前と住所が確認できるものが必要)

 

f:id:pooh70inu:20180407165716j:plain 館内の座席

 

いろいろなタイプの座席が用意されていますので、自分の利用しやすいものを選択できます。

 

ふたつきの容器飲料は持ち込み可能ですが、館内での食事はできず、お菓子も不可ですので注意してください。


f:id:pooh70inu:20180807222813j:plain 一般席

300席

利用は自由。

全席で無線LAN使用可能。

 

f:id:pooh70inu:20180807222813j:plain 電源席

18席(2F)

電源と有線LANを利用できる席

貸出券を持っている人

1回2時間を3回まで。毎回カウンターで申請をする。(時間と場所の予約不可)

 

f:id:pooh70inu:20180807222813j:plain インターネット席

6席(2F)

インターネットによる調べもの用。エクセル、ワード、USB、ゲーム、ショッピングには利用不可。

貸出券を持っている人

1回1時間を2回まで。毎回カウンターで申請をする。(延長不可)

 

f:id:pooh70inu:20180807222813j:plain その他 区民専用席

区民専用席 9席(2F)、パソコン・電卓使用ができない席 13席 (3F)もあります。

 

ビジネスマンにおすすめ席はこちら。

 

f:id:pooh70inu:20180807222813j:plain データベース席

4席

新聞や官報、論文、企業情報などを検索できるデータベース(15種類)を利用できる。

貸出券を持っている人。

1データベースにつき1回1時間を2回まで。毎回カウンターで申請をする。(延長不可)

印刷可能(有料)A4モノクロ20円

 

f:id:pooh70inu:20180807222813j:plain 特別研究席

32席(4F)

平日10時~20時 土曜10時~18時 日曜・祝日10時~16時

利用料金2時間300円(2時間単位で延長可能)

日比谷公園を一望!!全席に電源コンセント、無線・有線LANを備えている。

 

f:id:pooh70inu:20180407165716j:plain カフェ・レストラン

 

①ライブラリーショップ&カフェ日比谷

 

1階には、お茶とスイーツ、軽食(パンなど)が食べられるカフェがあります。

ショップでは書籍や文具なども販売しています。

日比谷図書文化館の本の持ち込みが可能。

 

② ライブラリーダイニング 日比谷店

 

さらに地下1Fには、のんびりと落ち着けるレストランがあります。パスタやヒレカツ膳なんかのメニューもあります。夜はバーメニューになります。

 

f:id:pooh70inu:20180407165716j:plain 館内おすすめサービス

 

①常設展示室(1F)入場無料

 

「千代田にみる都市の成立と展開」

これまでの遺跡発掘調査や史資料調査による千代田区の歴史を資料や映像で解説しています。 

デジタル技術を駆使したバーチャル侍による江戸城の儀式案内などがあります。

 

特別展示室(1F)有料

 

季節ごとに展覧会が開かれます。展覧会の内容については、ホームページで確認してください。

 

過去には、おもしろい展覧会が開かれています。

2016年に開かれた「かわたまさなおコレクション シンデレラの世界展」、2015年の「ルドゥーテ「美花選」展」を見にいったのですが、とても楽しかったです。

 

③無線LAN

 

無料で使える無線LANあり

  

④日比谷カレッジ

 

ビジネススキルアップや江戸・東京の歴史文化、アートなどのテーマで講座やセミナー、ワークショップを開催しています。(有料)

講座情報はホームページで案内されています。

 

2018年9月には「藤田嗣治の手掛けたバレエ」、「「ごちそう」から見える世界~30ヵ国を旅したシェフからの報告」、「江戸をつくったヒロインたち」など、おもしろそうな講座が多数あります。

 

「江戸をつくったヒロインたち」の講師は、タレント歴史作家の堀口さん。彼女の本面白かった~~。

www.pooh70.com

 

f:id:pooh70inu:20180407165716j:plain 場所・開館時間

 

●基本情報

場所・住所

〒100-0012 東京都千代田区日比谷公園1-4

日比谷公園内

 

●開館時間

月曜日〜金曜日 午前10時〜午後10時

土曜日 午前10時〜午後7時

日曜日・祝日 午前10時〜午後5時

休館日 毎月第3月曜日、12月29日〜1月3日、特別整理期間

 

●アクセス

東京メトロ 丸の内線・日比谷線「霞ヶ関駅」B2出口より徒歩約3分

都営地下鉄 三田線「内幸町駅」A7出口より徒歩約3分

東京メトロ 千代田線「霞ヶ関駅」C4出口より徒歩約3分

JR 新橋駅 日比谷口より 徒歩約10分

JR 有楽町駅からも徒歩約10~15分程度

「ミッドタウン日比谷」からも近いです。

 

●駐車場・駐輪場なし

 

▼▼こちらから公式ホームページを見ることができます。詳細はこちらで確かめてください。

日比谷図書文化館 | 千代田区立図書館

https://www.library.chiyoda.tokyo.jp/hibiya/

 

f:id:pooh70inu:20180407165716j:plain まとめ

 

日比谷という都会の真ん中にありながらも、公園の緑を楽しみながら、本を読めるという素敵な図書館です。

 

気分転換に日比谷公園の散歩もできます。

 

奥さんや娘さんが日比谷ミッドタウンでお買い物している間は、ゆっくり図書館で読書なんていうことも可能です(笑) 

 

図書館の中には、1階にカフェと地下にレストランもあるので、一日図書館で過ごすことも可能。

 

平日は夜10時まで開館しているので、お仕事帰りに寄ることもできますし、ビジネスマンにとっては、平日も休日も利用しやすい図書館です。

 

★情報は2018年8月のものになっています。詳細については、ホームページでご確認ください。