かわいいを探せ!

かわいいお菓子のプレゼント・かわいい展覧会・かわいい図書館を探します

さっぱりしたおやつに飽きたら レモンのケーキ:ノワ・ドゥ・ブール

追記(2018年8月4日)

雑誌「女性セブン」2018年8月16日号

食べ頃夏スイーツ「好きです、檸檬」の特集で、ノワ・ドゥ・ブールのレモンのケーキが掲載されています。 

 

かわいいプレゼント・手土産におすすめのお菓子を実際に買って食べてみます。

f:id:pooh70inu:20180322180924j:plain

かわいいプレゼント

レモンのケーキ:ノワ・ドゥ・ブール

暑い夏には、さっぱりとしたおやつが食べたくなります。といって、さっぱりしたおやつが続くと、なんだかお口がさみしいような(笑)。そこで、さっぱり味のレモンで、たべごたえのあるケーキを食べることにしました。

 

 

パッケージ

手みやげや贈答用ではないのですが、崩れやすい商品ということで、きちんとしっかりした箱に入れてくれました。持ち運びが長くなることが多いのでうれしい心くばりです。 

箱のなかからは、うすいラッピングペーパーで軽く包まれたレモンケーキがでてきます。このうすいラッピングペーパーも、とても素敵です。

ちなみに紙袋も、箱、ラッピングペーパーと、おそろいになっています。持ち手が赤でかわいい。

  

見た目・味

 見てみて!!ツヤツヤの表面、鮮やかなさわやかな黄色が素敵です。

つやつや卵みたいにもみえます(笑)レモンケーキなので、レモンのかたちなのですが、ころっとした卵のようにも見えます。中から恐竜でも生まれそうです(笑)。といっても、サイズは横6センチ、縦5センチ程度の、小さめサイズです。中は、かなりしっとりしたスポンジ生地になっています。

ツヤツヤの表面は、食感がシャリシャリとした、たっぷりの糖衣。中のスポンジには、レモン果実がしみ込んでいて、ねっとりしっとり。レモンのすっぱさは少なめで、ほのかに甘酸っぱいレモン味です。

 

お菓子についていた、かわいいパンフレットによると。

「レモンのケーキは翌日からが美味しい食べ頃」と書いてありました。 

え~~。残念。今回は、もう食べ終わってしまいました(笑)すぐに食べても十分おいしかったのですが、次回は翌日以降に食べてみたいです。

 

しゃりしゃりとした糖衣につつまれた甘酸っぱいケーキは、時間の経過とともにしっとり感が増して食べ頃に。2種類の粉をブレンドした生地を、じっくりねかせて焼き上げることで個性的な食感を生み出します。

 

 

基本情報

 

商品名:レモンのケーキ

価格:303円(税込)(2018年7月現在)

賞味期限:6日間

製造:ノワ・ドゥ・ブール

販売店:東京新宿伊勢丹店・東京三越日本橋店

お取り寄せ・通販:なし

noix de beurre|ノワ・ドゥ・ブール

 

 

 残念ながら、通販だとレモンケーキの取り扱いはないようですが、ノワ・ドゥ・ブールの商品はアマゾンで購入できます。

 ▼アマゾンのページへ。

ノワ・ドゥ・ブール クッキー・アソルティ

ノワ・ドゥ・ブール クッキー・アソルティ

 

 

まとめ

ノワ・ドゥ・ブールのお店は赤を基調にしていて、何もかもがかわいくて魅力的です。ここでは、フィナンシェやクッキー、バナナケーキなどの焼き菓子など素朴なかたちなのに、どれもこれもかわいく見えるんです。不思議な空間にやられてしまいます。あ~、またあのかわいい空間でお買いものがしたい(笑)

ノワ・ドゥ・ブールのレモンケーキを食べて、思いだした絵本があります。黄色の大きなカステラをつくる、ぐりとぐら。カステラじゃないけれど、なんだかこの鮮やかな黄色のレモンケーキが、絵本に描かれたカステラと似ていて、絵本「ぐりとぐら」を久しぶりに読みたくなりました。

ぐりとぐら [ぐりとぐらの絵本] (こどものとも傑作集)

ぐりとぐら [ぐりとぐらの絵本] (こどものとも傑作集)