かわいいを探せ!

かわいいお菓子のプレゼント・かわいい展覧会を探します。

『野口哲哉展~中世より愛をこめて~』 POLAポーラミュージアムアネックス(東京銀座)甲冑好きにはたまらない 

2018年8月31日追記

8月中旬に再び『野口哲哉展~中世より愛をこめて~』ポーラミュージアムアネックス(東京銀座)を見に行きました。前回いなかった侍がいました!!

ファッショナブルなスパッツをはいた侍3人組が登場していました。かっこいい!

 

東京銀座にあるポーラミュージアムアネックス(東京銀座)で開かれている『野口哲哉展~中世より愛をこめて~』を見てきました。

 

f:id:pooh70inu:20180322221243j:plain

甲冑を身に付けた、かっこいい侍たち大集合。時空を超えて、オシャレな銀座で、こんなにたくさんの侍に会えるなんて。驚きだよ。

 

 

 

『野口哲哉展~中世より愛をこめて~』ポーラミュージアムアネックス(東京銀座)

 

混雑度

★★☆☆☆(★5満点 多いほど混んでます)

 

▼「Sleep away」

火曜日のお昼に行きました。会場には3,4人がいる程度で、ストレスなくじっくり見ことができました !!

2014年の練馬区立美術館で行われた、野口さんの展覧会では、たくさんの人がいて、びっくりしたのを記憶していたので、今回も混んでいるかも~と心配していたのですが。

混雑していなかったのは、平日のお昼だったからですかね~?

展覧会も始まったばかりなので、会期終了近くになってきたら、混雑してくるかも?!と予想しています。

 

おすすめ度

★★★★★(★5満点)

 

甲冑や鎧好き、侍好きには、たまらない展覧会です。

どこまでが、本当で、どこまでがフィクションなんだろうと、ワクワクしてきます。細かな甲冑の作りも、じっくり見て楽しめます。

ちょっと怖いけれど、侍の顔もじっくりみると、どの侍もなんともいえない表情を浮かべています。

作品についているキャプションも読みごたえありますので、お見逃しなく。

▼「Samurai Box」

それにしても、顔のつくりが精巧すぎるのも、気持ち悪いものです(笑)

 

所要時間

じっくりみて、合計で25分ぐらいでした。空いていたので、写真ものんびり撮ったり。(写真は自由に撮ることができます!!)じ~~と甲冑のつくりを観察したり。侍さんの顔をみつめてみたり。好きなだけ、好きなように作品を見て、かかった時間です。

10~15分程度でも、野口哲哉の甲冑ワールドに一気に入りこめます。

 

展覧会のみどころ

①甲冑のデザイン性

とにかく、かっこいい!!

 

▼「SMILE」

スマイルマークはどこにあるか、すぐにわかりました?甲冑に描かれていても、まったく違和感がなくて笑えました。

 

 ▼「蛤兜の居る風景」

 

とても有名なネズミのキャラクターみたいな姿の兜ですが、これは「蛤」を両側に取り付けたデザインです。

展覧会キャプションより

 

世界で有名なネズミって…。あのアメリカンのネズミちゃんよね??言われれば、なるほどね(笑)

 

ヨーロッパや世界の作品をオマージュ?

フェルメールやレンブランドといった、中世のヨーロッパで活躍した画家の作品をオマージュ?した作品があります。

 

▼「17C 音楽の寓意 フェルメールに基づく」

 

フェルメールは、素朴な木彫で知られる「円空」と同じ年です。世界が海で繋がり華やかに繁栄する中、どちらも画壇から距離を置き、自分の仕事に生涯をささげた偉大な芸術家です。

展覧会キャプションより

 

フェルメールの作品「ヴァージナルの前に座る若い女」と同じ構図の作品です。もちろんフェルメールの作品では、侍ではなく、かわいい女の子がヴァージナル(ピアノのような楽器)を弾いています(笑)

 

▼「AD1637 大波の前立兜

 

戦国時代を締めくくる騒乱島原の乱が日本を揺るがせた時、オランダのレンブラントは31歳でした。

展覧会キャプションより

  

兜の飾り「波」が、かなりダイナミックです。

 

気になった作品

▼「Clumsy heart」技法 ミクストメディア 2018年

勇ましい侍と、ハート♡マークって似合わない組み合わせなのに、なんだかかわいい。甲冑衣装もピンク色が使われていて、さらにかわいさアップ。ただ、このお侍さんがどんな顔なのか、気になります(笑)

→8月に再鑑賞時に確認済み。

 

▼「AD1510 美食の寓意」

暑い日だったので、アイスクリームを食べているお侍さんが、うらやましすぎました(笑)お侍さんは、目線がこちらで、ポーズをとっていますが、早くアイスクリームを食べないとアイスが溶けてしまいそうで、心配です。

 

お楽しみ

①会場でのポストカードや作品集の販売

作品集は、特におすすめです。作品集を購入すれば、じっくり甲冑の細かなつくりを見ることができますし、リアルなお侍さんの顔も、十分楽しめます(笑)

▼「野口哲哉作品集 中世より愛をこめて」は、こちらアマゾンからも購入できます。

野口哲哉作品集 ~中世より愛をこめて~

野口哲哉作品集 ~中世より愛をこめて~

 

 

②POLAビル2階 和菓子「HIGASHIYA」と銀座手みやげ

展覧会の会場のあるPOLAビルの2階は、有名なおしゃれ和菓子屋さん「HIGASHIYA」です。「HIGASHIYA」では、和菓子のお土産も買えますし、喫茶ルームもあり、お茶も楽しめます。

▼お店「HIGASHIYA」のホームページはこちらから見られます。

HIGASHIYA

 

▼▼以前に「HIGASHIYA」でお菓子を買った記事はこちらにあります。手みやげの参考にどうぞ。

www.pooh70.com

▼▼私が実際に買って選んだ、銀座で買える手土産かわいい和菓子6選についての記事もあります。

www.pooh70.com

 

③東京国立博物館(上野)で本物の甲冑をみる

東京国立博物館では、本物の甲冑を見ることができます。銀座からは、地下鉄銀座線に乗って上野駅に行くと、東京国立博物館に行くことができます。

▼「黒革素懸威如意頭形兜(くろかわすがけおどしにょいがしらなりのかぶと)」 江戸時代 18世紀

▼「紫裾濃威堂丸具足(むらさきすそごおどしのどうまるぐそく)」 江戸時代 19世紀 

数は多くないのですが、見応えあります。 野口哲哉さんのように、想像力をはたらかせて、自分の甲冑を絵で描いてみたくなってきます。

 ▼東京国立博物館へのホームページはこちらから。

東京国立博物館 - トーハク

 

おすすめ本

「野口哲哉ノ作品集 侍達ノ居ル処」  野口哲哉 著/ 青幻社

野口哲哉ノ作品集 「侍達ノ居ル処。」

野口哲哉ノ作品集 「侍達ノ居ル処。」

 

今回の展覧会には、居なかった侍たちも出会えます。特に、シャネル侍は必見!!ネコ好きさんにもみてほしい、ネコ用の甲冑もあります。作品はもちろん、野口さんが書いている作品のキャプションも笑えますよ。

 

基本情報

●会期:2018年7月13日(金) ~ 2018年9月2日(日)

●入場無料

●場所:POLAポーラミュージアムアネックス(東京銀座)

展覧会ホームページ:▼詳しくはこちらへ。

ポーラ ミュージアム アネックス|POLA MUSEUM ANNEX 開催中の企画展

 

まとめ

大好きな野口哲哉さんの作品が、久しぶりにたくさん見られたので大満足です。とにかく、野口さんの想像力や感性におどろく展覧会です。男性も楽しめるので、銀座デートの途中に寄ってみるのもおすすめ。中世にタイムスリップした気分になれるのも、おもしろいです。子どもの夏休みの自由研究にもなりそうです(笑)。親子で甲冑研究してみませんか?

 

虫のように甲冑侍を標本にするのも、かっこいいですね~。