かわいいを探せ!

かわいいお菓子のプレゼント・かわいい展覧会・かわいい図書館を探します

おやつに抹茶を! 抹茶を点ててみよう《簡単篇》 

簡単に抹茶をお家で点てる方法


抹茶を点ててみたいけれど、「なんだかめんどくさいな~」「いろいろな道具をそろえなくちゃいけないんだよね?」など考えただけで、やめてしまう人も多いですよね。

f:id:pooh70inu:20170116233426j:plain

実は・・・・・・。

 

思っているよりもびっくりするほど簡単に、だれでも抹茶を点てることができるんです。

 

さっそく気軽に、日本文化「抹茶」を楽しんでみましょう。

 

和菓子も自分で点てたお茶と一緒に食べると、さらにおいしくなりますよ!!おやつタイムも楽しくなります。

f:id:pooh70inu:20180314083038j:plain

 

抹茶を点てるのに用意するもの

f:id:pooh70inu:20180320133927p:plain

どうしても必要な物

 

★抹茶

同じお店の抹茶でもたくさんの種類がある抹茶。どれを買おうか悩みますが、私は家で毎日飲みたいのでリーズナブルなものを選んでいます。

 

こちらは「一保堂」の箱に入った袋入り40グラム抹茶「若き白」。

 

 

箱の中は、抹茶の入った銀色の袋。

 

 

封を開けたら湿気に気をつけましょう。私は、缶の中に入れてます。でも、やっぱり香りはどんどん無くなってしまいます。開封したてが一番おいしいです。

 

★茶筅

抹茶を売っているお店で、一緒に売っていることが多いです。「一保堂」でも販売してます。町の日本茶を売っている小さなお店にも、ポツンと置いてあることも多いので、ちょっとのぞいてみてください。

 

家にあるもので、どうにでも代用できるもの。

★茶碗

少し底が深いものであれば大丈夫です。ご飯茶碗、サラダボール、カフェオレ用ボールなどが使えます。煎茶を飲む茶碗ですと、口が小さいのでちょっと難しいです。口の直径が小さいと、茶筅が使いにくいのです。

 

★茶杓(ちゃしゃく)

お茶をくむスプーンです。プリンを食べるスプーンで大丈夫です。

 

★茶巾(ちゃきん)

茶碗をふくのに使います。普段食器を拭いているもので大丈夫です。

 

★抹茶こし

抹茶を漉すために使います。

 

あればいい便利なもの

★お盆 お茶碗やふきん、茶筅を置いておきます。

 

事前準備 できればやっておくこと。

事前に(お湯でお茶碗をあたためる前に)、漉し器に抹茶を入れておいて、小皿に置いておきます。(使う抹茶は2グラム程度)

 

抹茶を点てます

今回は、薄茶(表面を泡立てる形)を目指します。

▲注意:茶道のお点前とは、まったく異なります。ただ、抹茶を点てるというだけの方法になります。私がしている簡単な方法で、もちろん他にもやり方や手順は、いろいろあると思いますので参考程度でお願いします。

 

①ポットのお湯をお茶碗に注ぎます。

お茶碗をあたためる、茶筅をあたためる意味合いがあるので、お茶碗の3ぶんの1程度でいいと思います。

 

②お茶碗の中に茶筅をいれて、茶筅を振ってみましょう。

お湯を茶筅でかき回す感じです。縦に動かします。強くかき回すと茶筅の穂の部分の竹が折れてしまいますの、手首のスナップをきかせて、たおやかに動かすのがポイントです。

茶筅の穂は温めると、やわらかくなります。

 

③茶筅をお茶碗から出して、お茶碗のお湯を捨てます。

お茶碗によっては、お茶碗が熱くなっていることがありますので注意をしてください。特に小さなお子さんが行うときには、注意してあげてください。

 

お湯を捨てたら、お茶碗を軽く布巾で拭いておきます。茶碗の中だけでなく、口の部分もきちんと拭きましょう。あと、茶碗の外側にお湯が垂れてしまっていないかも注意です!!

(お盆があると便利ですし、雰囲気もでます(笑))

 

漉し器を茶碗にいれて、漉し器に抹茶をいれます。

茶碗がきれいになったここで、事前に準備しておいた抹茶入り漉し器を茶碗に移します。

事前に用意してなかったら、ここで、茶漉しを茶碗の上に置いて、茶漉しの中に抹茶をいれましょう。(抹茶は2グラム程度)

 

抹茶を漉します。抹茶を入れたスプーン茶さじ(茶杓)の背を使って漉します。

 

漉した抹茶がお茶碗に入りました。汚れた茶漉しと茶スプーン(茶杓)は、別の小皿に置いておきましょう。

 

⑦お湯を淹れます。

お湯の温度は80度ぐらいのものを使いたいので、沸騰したお湯を一度マグカップなどに入れて、そこからお湯を注ぐのもいいと思います。湯ざましをつかってももちろんいいです。

 

(本来は柄杓(ひしゃく)というお湯をくむものをつかって、お湯を注ぎますので、柄杓の代わりがマグカップということになります。)

 

湯量は60ミリリットル程度入れます。

 

⑧茶筅で茶を点てます。お湯がさめないうちに一気に点てましょう。

点てるコツとしては、まずはお湯と抹茶を混ぜるように茶筅を縦に動かします。一体になったら、お湯の表面で、手早く一気に、縦に、茶筅を振ります。茶筅は、まっすぐに立てて動かすと、お湯が外に飛び出ません。

 

ちなみに、茶碗の口が小さいものしか用意できなかった場合は、少しお茶碗を斜めにして茶筅をふると、ふりやすいです。

 

⑨抹茶が点ちました。

 

⑩さめないうちに飲みましょう。

飲む時に茶碗をグルグル廻すイメージがあるのですが、結局のところ「茶碗の正面をはずして飲む」ということができれていればいいと思います。 

 

さめないうちに、早くお茶を飲むためにも、抹茶を点てる前にちゃんと和菓子は揃えておきましょう(笑)。一人で楽しむのだったら、和菓子を先に食べてから、抹茶を点ててもいいかもしれませんよ。

 

 とにかく、おいしい状態の抹茶を飲むのが大事!!

 

 ***********

おいしい和菓子は何にする?見た目がかわいいものがいいな~。

洋菓子も抹茶に合いますよ~。チョコレートなんて最高!!

  ***********

 

好きな抹茶道具を揃えましょう。

新しいことを始めると、自分の好きなもの、かわいいものを揃えたくなりますよね~。好きなもので、抹茶を点てれば、さらにおいしい抹茶が楽しめます。

 

「必要な物は買わなくちゃね~。かわいいものを揃えたいし。」ということで、かわいいお茶碗を中心に、お道具をピックアップしました。

f:id:pooh70inu:20180320151741p:plainf:id:pooh70inu:20180320151825p:plainf:id:pooh70inu:20180320151741p:plain


★抹茶

 

一保堂の「金毛の昔」:ほどよいバランスのとれた抹茶。

 

 

★茶筅

 

抹茶を点てるのにどうしても必要な茶筅も買わなくちゃね。 

 

 

★かわいいお茶碗

 

せっかくならば、かわいいお茶碗も用意したい。茶碗の口の直径が12センチくらいあると、茶筅がふりやすいです。

 

桜模様が美しい。

千鳥が飛んでいる、一年中使えそうな縁起のよそさうなお茶碗。中の富士山がポイント。

ご飯茶碗も抹茶茶碗としてつかっても大丈夫。

 耳がついてる~!!少し小さめサイズだけれども、かわいいので買いたい。

素敵なお盆もあると便利

 

 

★ ふきん

抹茶用に特別かわいいものを揃えちゃおう。

こちらは薄手でつかいやすそう 

★湯ざまし

熱湯をさますのに、こんなに素敵な湯ざましがあると一気におしゃれ感があがります。

 

まとめ:抹茶を点ててみよう

 

自分の好きなお道具で抹茶を点てて、ゆったりした素敵な時間を過ごすのをおすすめします。

 

抹茶が入ったお茶碗にお湯を注ぐとふんわりたちあがるお茶の香り、シャカシャカと茶筅をふる音、クリーミーな抹茶がたちあがりのを見て、茶碗を通して抹茶の温かさを感じて、飲んで抹茶を楽しむ。

 

五感を通して、抹茶をいろいろな感覚で楽しめます。

 

そうそう、おいしい和菓子を食べるのもお忘れなく!!

京都の抹茶スイーツ【森半】

 

最後に、今や機械で抹茶が点てられる時代であることもお知らせします(笑)。

ネスカフェのドルチェグストで抹茶を点ててくれたのがこちら。

f:id:pooh70inu:20161110185735j:plain

だいぶ、抹茶が飛び散っていますが(笑)きちんと抹茶点ちました。

f:id:pooh70inu:20161110185721j:plain