かわいいを探せ!

かわいいお菓子のプレゼント・かわいい展覧会を探します。

秋のお彼岸に「おはぎ」はもう食べた? 東京駅「TORAYA TOKYO」とらや 

2018年3月28日記事更新しました。

とらやの「おはぎ」は、春のお彼岸の時期にも販売しています。

 

かわいいプレゼント・手土産におすすめのお菓子を実際に買って食べてみます。

f:id:pooh70inu:20180322180924j:plain

かわいいプレゼント

《期間限定商品》おはぎ(白餡と小倉餡) 東京駅「TORAYA TOKYO(とらや)」 

秋分の日の前後3日間を含む7日間をお彼岸といいます。お彼岸に食べるものといえば、おはぎ!!です。東京ステーションホテル「TORAYA TOKYO(とらや)」では、小倉餡、黒糖餡、白餡の3種類を販売していました。

 


お彼岸の和菓子『おはぎ』

私の「おはぎ」の思い出は、小さいころおばあちゃんがつくってくれたり、近所の人からおすそわけをもらったりしたこと。懐かしい!!おばあちゃんの手造りのおはぎはしっとり甘かったし、近所のおじさんの手造りおはぎは小豆がごろごろしていた粒あんでむちゃくちゃ大きかった。今は作ることはほとんどなく、わざわざ買いにいくものになっています(笑)

 

『おはぎ』は、萩の花の咲き乱れている風情や牡丹の花に似ていることから、別名を「萩の花」「ぼた餅」ともいわれております。

春・秋のお彼岸に「おはぎ」を墓前や仏壇に供えたり、近隣に配ったりする風習は、江戸時代に後期には盛んに行われており、今に受け継がれています。

「とらや」おはぎパンフレットより

 

 

見た目・味 

つややかなあんこに包まれた、やわらかいおはぎ。光り輝いています。むきたての卵みたい(笑)中のもち米は、もっちもち。おばあちゃんのおはぎとも、近所のおじさんのおはぎともまったく違います。(当たり前!!(笑))飾りけのないながらも、美しさが隠しきれない美少女ぽい、みずみずしい若々しいおはぎでした。

お店で購入した際に、きちんと黒文字をつけてくれました。こんな気配りがうれしい。

 

基本情報

●価格:260円(税別)(2017年9月現在)

嬉しいことに「とらや」の和菓子にしてはお手軽価格でした。 

●販売場所:東京ステーションホテル「TORAYA TOKYO(とらや)」

「とらや」ホームページによると、販売店は限られているようです。関東地方だけ見てみると、かなり限定されたお店で販売のようです。

販売期間はお彼岸の時期だけなので、2017年は9月20日~9月26日です。

▼詳しくは、「とらや」ホームページで確認してくださいね。

https://www.toraya-group.co.jp/

 

東京駅「TORAYA TOKYO(とらや)」の手提げ袋は素敵です。この袋がほしくて買い物してしまうこともあるぐらい。

 

まとめ

「おはぎ」って「あんころもち」と同じようなものじゃない!と思ってはいけません!!おなじような和菓子でも、その行事にちなんだ和菓子と思うとワクワク感が違います。行事にちなんだ和菓子を食べられるのって楽しいです。

 

▼東京駅にある「TORAYA TOKYO(とらや)」では、富士山のふもとから運ばれるどら焼きも買えます。詳しい記事はこちらになります。

www.pooh70.com