かわいいを探せ!

かわいいお菓子のプレゼント・かわいい展覧会を探します。

尾上松也さん好演「さぼリーマン飴谷甘太郎」 甘味への愛があふれるドラマ・漫画

このところ気になっているドラマがあります。深夜枠なのですが「さぼリーマン甘太郎」です。

 

 

ドラマ『さぼリーマン甘太郎』

内容

サラリーマンである営業マン甘太郎が、外回りのついで?(いや、外回りがついで?)に美味しい甘味(スイーツ)を食べるストーリー。甘太郎の甘味(スイーツ)を食べた時の感動表現がおもしろい!と評判になっています。

 

仕事はバリバリこなし、職場ではクールな印象の甘太郎ですが、甘味(スイーツ)にかける想いはものすごく熱い!!あの熱血キャラの松岡 修造さんにも匹敵(いやそれ以上かも)します。夏なのに、かき氷を楽しむためスーツの下に「ヒートッテック」を着こんで行くという気合の入れ方なんです(笑)!

 

▼▼番組は終わってしまいましたが、番組サイトはこちらから見ることができます。

木ドラ25 さぼリーマン甘太朗 公式サイト。毎週木曜 深夜1時放送! 主演:尾上松也:テレビ東京

www.tv-tokyo.co.jp

 

紹介された甘味(スイーツ)

1話 「初音」

2話 「氷屋びぃす」かき氷

3話 「梅むら」のまめかん

4話 「果実園リーベル」フルーツパフェ

5話 「珈琲天国」パンケーキ

6話 「紀の善」抹茶ババロア

7話 「カフェ ルシェルシュ」サバラン

8話 「タケノとおはぎ」おはぎ

9話 「リュードパッシー」エクレア

10話 「エッセドゥエ」プリン

11話 「ミニマル」チョコレート

12話 「和栗や」モンブラン

漫画では出てこないお店もあり、漫画とドラマを見れば二重に楽しめます。

 

主演 尾上松也さんの魅力

甘味(スイーツ)に負けないぐらい、尾上松也さんの魅力が全開のドラマです。

主演の尾上松也さん、マンガの甘太郎にそっくりじゃない!と思うほどの好演技です。尾上松也さんのたくましい筋肉?が隠しきれていないのか、上半身パツンパツンのスーツ姿、セクシーなメガネ姿、お肌がつるつるのお顔、歌舞伎口調?のしゃべりと、なんだか尾上松也さんが、甘味(スイーツ)よりも気になります(笑)。

 

オフィシャルブログ「甘ブロ」

ドラマ「さぼリーマン甘太郎」のオフィシャルブログ「甘ブロ」が立ち上がっています。こちらのブログではドラマに出てきた甘味(スイーツ)のほかに、ドラマでもマンガでも取り上げられていない甘味(スイーツ)も登場します。二重、三重にも甘味(スイーツ)が楽しめる、甘味(スイーツ)好きにはたまらないドラマになっています。

▼▼こちらから「甘ブロ」みられます。

さぼリーマン甘太朗オフィシャルブログ「甘ブロ」Powered by Ameba

 

漫画『さぼリーマン飴谷甘太郎』

内容

原作の漫画のほうは、人気漫画でありながらも意外な展開で、あっけなく2巻で完結終わってしまうという衝撃的な漫画なのですが(笑)。美味しさの爆弾がドスンドスンおとされる甘味(スイーツ)漫画です。

さらに、登場する甘味(スイーツ)に負けずに登場するメンバーが濃いキャラなのも笑えます。私はコワ顔の「三宅部長」押しです!!

甘味(スイーツ)を楽しむ飴谷甘太郎ワールドが思う存分楽しめます。最初はちょっと引いてしまったけれど、漫画を読むほどに甘太郎がかわいく思えてきて、自分も飴谷甘太郎ワールドに入りたくなります(本気で!!)

さぼリーマン 飴谷甘太朗(1) (モーニング KC)

さぼリーマン 飴谷甘太朗(1) (モーニング KC)

 

 

登場する和菓子

原作の漫画のほうでは、ドラマとは違う和菓子が登場しますのでピックアップしてみました。(洋菓子はピックアップしていません。)

●「初音」 御膳しるこ

●「梅原」 きんつば

●「入江」 豆かん

●「梅むら」 豆かん

●「相模屋」 豆かん

●「清寿軒」 どら焼き

●「甘いっ子」 いちごミルク金時白玉

●「紀の善」 抹茶ババロア

●「豆一豆」 豆褒美(大納言入りあんぱん)

●「つる瀬」 豆大福

 一番気になっているのは「豆一豆(まめいちず)」の豆褒美(大納言入りあんぱん)!東京駅構内にお店があります。今すぐにでも食べたい♡

 

▼▼後日「豆一豆(まめいちず)」のパンを食べた記事はこちらです。

www.pooh70.com

 

まとめ

ドラマを見ても漫画を読んでも、飴谷甘太郎の甘味(スイーツ)へのこぼれんばかりの愛が伝わってきます。私も甘太郎を見習って、甘味への「愛」をもっと注ぎ、このかわいいブログを読んでくれる人へ、もっともっと和菓子の魅力が伝わるようになりたいです。