かわいいを探せ!

かわいい和菓子・かわいい美術展・かわいい日本文化・かわいい茶道

『藤田嗣治 本のしごと 』今年は藤田嗣治YEAR 目黒区美術館(東京目黒)

東京目黒区にある目黒区美術館で行われている『藤田嗣治 本のしごと 』を見てきました。

 

f:id:pooh70inu:20180322221243j:plain

没後50年の記念YEARなので、今年は藤田嗣治に注目が集まっているよ。

 

 

 

混雑度:『藤田嗣治 本のしごと』目黒区美術館

 

★★☆☆☆(★5満点 多いほど混んでます)

 

土曜日の午前中に訪れました。

 

目黒区の美術館なので大々的に宣伝もしていませんし、急激な混雑は予想されませんが、人気のある藤田嗣治なので、好きな人は多いはずです。

 

この日も人は多くありませんが、途切れることなく人が訪れていました。

 

美術館が公園の一画にあるので、散歩やジョギングの途中らしき人もいて、にぎやかでした。

 

人は少ないのですが、細かい作品(手紙類など)は、みんなじっくり見るので、お互いに譲り合いながら見る感じになりました。

 

お勧め度:『藤田嗣治 本のしごと』目黒区美術館

 

★★★★☆(★5満点)

 

藤田嗣治が気になる人には、かなりおすすめです。

 

大作は少ないけれど、藤田嗣治のかわいい作品が多い展覧会になっています。

 

絵画だけでなく、陶器、てづくりおもちゃ、テーブルなどの藤田作品があり、ひとりの人間として、身近に藤田嗣治を感じられるような気がします。

 

所要時間:『藤田嗣治 本のしごと』目黒区美術館

 

45分ぐらいかかりました。

 

見入ってしまう作品が多いので、時間さえあれば、いくらでも見ていられます(笑)。

 

気にいった作品は、何度もじっくりみて楽しみました。

 

展示数は多めです。

 

展覧会のみどころ:『藤田嗣治 本のしごと』目黒区美術館

 

 

[展覧会パンフレット]

 

パンフレットの左はじに描かれた「藤田マーク」がかわいい♡

 

①藤田嗣治の好みがよくわかる

友人に宛てた絵手紙など、藤田嗣治の私生活がかいまみられる作品が多い。

 

②巨匠藤田嗣治の細かな仕事に驚く

フランスで大成功を収めた藤田嗣治が、日本の雑誌「婦人之友」や「ホーム・ライフ」の表紙を描いていたことに驚きました。

 

③藤田嗣治のたくさんの猫に会える

藤田嗣治の「猫」が集まっています。

 

気になった作品:『藤田嗣治 本のしごと』目黒区美術館

 

「書簡(フランク・シャーマン宛)」 1949年

 

 [展覧会パンフレット]

 

右上の作品になります。

 

1949年3月でのニューヨークでの生活をつづった手紙です。

 

フランク・シャーマンらGHQ関係者を頼ってアメリカのビザを取得し、単身日本を離れた藤田は、ニューヨーク到着後、シャーマンに向けて何度も手紙を出している。シャーマンとの文通の目的は、日本に残した君代夫人の安否を確認するため。夫人がニューヨークに到着するまでの約2ヶ月間、藤田がシャーマンに宛てた手紙は約25通もある。

参考:『もっと知りたい藤田嗣治』より

 

とにかく藤田の描くイラストがかわいすぎなんです。

こんな感じの書簡が何枚も展示されていて、どれもかわいくて、かわいくて、ユーモラスなんです。

 

藤田のまめな性格やキュートさが、伝わってきました。

 

お楽しみ①:『藤田嗣治 本のしごと』に繋がる展覧会

 

 今年2018年は、藤田が亡くなって50年の節目の年になっているので、大回顧展が予定されています。

 

今年は、藤田嗣治の記念の年、藤田YEARなのです!!

 

2018年7月31日からは東京上野にある東京都美術館で「没後50年 藤田嗣治展」が始まります。

 

 

欧米からも作品が来日して、大々的な展覧会になるようです。

 

楽しみ!!

 

お楽しみ②:近代美術館でも藤田を見られる確率高し!!

 

国立近代美術館(東京竹橋)のMOMATコレクション 所蔵作品展で、藤田作品を見られることが確率的に高いです。

 

私は行くと必ず数点展示されています。

 

問題の戦争画も見ることができましたし、乳白色の女性の作品も見ることができました。

 

展示内容は変わるので、何が見られるかはわかりませんが、なにかしらは見ることができるのではないでしょうか。

 

▼東京国立近代美術館のMOMATコレクションの展示作品は、ホームページより確認できます。

MOMAT コレクション | 東京国立近代美術館

http://www.momat.go.jp/am/exhibition/permanent20171114/

 

ちなみに、現在の所蔵作品展「MOMATコレクション」(2017年11月14日[火]-2018年5月27日[日])では、藤田作品は1点しか展示されていません。

藤田嗣治 『シンガポール最後の日(ブキ・テマ高地)』だけでした。

 

2017年秋に見た東京国立近代美術館(MOMATコレクション)の、レオナール藤田(藤田嗣治)作品は、見応えのあるものでした。

 

「自画像」1929年

 

 

 フランスで成功して、16年ぶりの一時帰国をした1929年の藤田40歳代初頭の自画像。猫もドヤ顔ですね。

 

「動物宴」1949-60年

 

 

動物好きにはたまらない、にぎやかな一枚。自分の家のキッチンに飾りたくなりました。

 

www.pooh70.com

 

展覧会の基本情報:『藤田嗣治 本のしごと』目黒区美術館

 

基本情報

会期:2018年4月14日(土)〜2018年6月10日(日)

場所:東京目黒区美術館(JR目黒駅)

展覧会ホームページ:▼詳しくはこちらへ。

没後50年 藤田嗣治 本のしごと 文字を装う絵の世界 | 目黒区美術館

https://mmat.jp/exhibition/archives/ex180414


mmat.jp

 

 

おすすめ本:『藤田嗣治 本のしごと 』目黒区美術館

 

 

藤田嗣治を1冊で知ることのできる本がこちら。

 

もちろんオールカラー。B5サイズで、持ち運びもしやすいですし、見やすいサイズなのもおすすめポイント。

 

これを読んでおけば、一通りの藤田伝説(笑)を知ることができますよ。

 

今回の展覧会で見た作品も多く掲載されています。

 

今回の展覧会でちょ~お気に入りだったフランクシャーマン宛ての手紙のひとつも、裏表紙になっています。

 

おしゃれなオールインワンを着た藤田が洗濯している!!

現物は、色がついています。(本の中に掲載されています)

 

もっと知りたい藤田嗣治(つぐはる)―生涯と作品 (アート・ビギナーズ・コレクション)

もっと知りたい藤田嗣治(つぐはる)―生涯と作品 (アート・ビギナーズ・コレクション)

 

 

まとめ:『藤田嗣治 本のしごと 』目黒区美術館

 

波乱万丈の人生を歩んだと思われる藤田嗣治。

 

日本に対してどんな感情をもっていたのか?幸せな人生だったのか?と気になるのですが。

 

今回の展覧会を見て、日本を嫌いではなかった(と思いたい)と感じることができたような気がします。

 

 

f:id:pooh70inu:20180322221243j:plain

今年の夏は、藤田嗣治について思いをはせながら、戦争についても考えてみたくなるね。