かわいいを探せ!

かわいい和菓子・かわいい美術展・かわいい日本文化・かわいい茶道

冬の柚子ともそろそろお別れ 柚風雅(ゆずふうが)源吉兆庵

柚風雅(ゆずふうが) 源吉兆庵

かわいい和菓子を発見!!

最近、よく苺のお菓子を食べていたせいで、もう春がすぐそこ!のような気分でいたけれど、まだまだ寒い日が続きますね。

かわいい和菓子:柚風雅(ゆずふうが) 源吉兆庵

苺で春を感じるように、 「柚子(ゆず)」の文字をみると冬を感じます。

和菓子の名前「雅」からも、なんだか気高い平安時代の貴族のようなパッケージになっています。

 

 

ぷるんとした和菓子がでてきました。

原材料によると、吉野本葛粉と寒天をつかっています。

羊羹ほど固くなく、ゼリーにちかい固さです。

懐紙にしみ出すほどの水分の多さです。

表面には柚子皮のつぶつぶが透けて見えます。

そして、中には大きな柚子皮が一枚ごろりと入っています。

柚子のすっぱい苦味としろあんの甘味があわさって、すっきりした甘みを生み出しています。

味もお上品でした。

販売期間が11月上旬~1月中旬。

私が買った時がギリギリだったようです。

値段

324円(税込)(2018年1月現在)

賞味期限

1月19日に購入したものの期限が1月31日でした。

購入場所(製造):源吉兆庵

オンラインショップあり。

東京銀座が本店の和菓子屋さん。

関東(東京)では、デパートのなかに販売店が多く出店しています。

かわいいポイント:柚風雅(ゆずふうが) 源吉兆庵

すっきり上品で、冬の気高い寒さを感じるパッケージ。

ゴロリとはいった柚子の皮。

まとめ:柚風雅 源吉兆庵(ゆずふうが)

この和菓子は販売期間が終了間際でした。

なので、食べながら、柚子を和菓子で味わうことができるのも「この冬の最後かな~」としみじみ思ってしまいました。

寒さは続いても、季節は一歩一歩春に向かっています。

和菓子も、確実に春が忍び寄っています。というより、和菓子の世界ではもう春です!

梅や苺のかわいい和菓子が多く並んでいますから。

柚子ともしばらくお別れです。