茶箱 かわいいを探せ!

かわいい和菓子・かわいいスイーツ・かわいい美術展・かわいい日本文化

ワクワク!猪のお腹にあんこを詰める 合わせ猪最中:静岡県伊豆市小戸橋製菓

小戸橋製菓 合わせ猪最中

え~~!!猪がこんな姿に!!

新幹線に乗る時に見つけたキヨスクでの出会いです。

「猪」って人気のあるとはいえない動物のイメージがありますが・・・・・・。

亥年の人がよく「「猪」をモチーフにしたものって少ないのよね~」とよく話してくれるのを思い出し、亥年のお友達へのお土産にしました。

きっと喜んでくれるはず。

もちろん自分用にも購入しました。

 

かわいい和菓子:小戸橋製菓 合わせ猪最中

 


2個入りの小さなサイズを購入しました。

真四角な紫がかった箱も渋くて上品なかわいらしさです。

箱をあけると、入っているのはこちら。

あんこ、あんこ用へら、猪型の最中の皮2セット、最中の食べ方のちらし。

最中が割れていたら悲しいな~と思いましたが。

箱の中は仕切りも入っていて良い感じにぴったりおさまっており、最中が割れにくくなっていました。

(もちろん持ち運びは丁寧にするように気をつけていました。)

なので、最中の皮、無事でした!!よかった~~。

最中の皮だけをお皿に並べた状態。

かわいい♡

ではさっそく最中の中にあんこをつめてみます。

この作業って楽しい。

あんこをせっせと猪のお腹に詰めていきます。

小さめの猪なので、上品にあんこを詰めるとあんこが余ってしまいますので、パンパンにあんこを詰めこんでみました。

かなり、太っちょ気味になりました(笑)

太めなので、元気いっぱいに見えます。キュートな猪が出来上がりました。

 

ではお尻のほうからいただきます。

お!!

キオスクで買ったので、味には期待をしていなかったのですが。

あんこの上品な甘さ。

粒あんで、ふっくらした小豆がゴロゴロはいっています。いくらでも食べられそうなくらいの、しつこさを感じないあんこ。

最中の皮の香ばしさとほどよいパリパリ感。

レベルが高い和菓子です。

原材料

砂糖、小豆、水飴、麦芽糖、皮種(餅米)、糸寒天、塩

添加物などが一切入っていないから、天然のすっきりした甘さなんですね。

安心して食べることができますし、誰にも安心して贈ることができます。

賞味期限

2017年11月24日に購入した商品の賞味期限は2018年2月20日でした。

値段

2個入り350円(税込)(2017年11月現在)

お店(購入場所):静岡県伊豆市 小戸橋製菓

製造は小戸橋製菓。本店は静岡県伊豆市月の瀬にあります。

お店の手提げ袋には、

「「ことばし」という橋のたもとで製菓店をはじめたことから小戸橋製菓と名づけました。」

と書かれていました。

 

小戸橋製菓のホームページをみると、和菓子と洋菓子を作っているお店のようです。ケーキもおいしそう。

そして、創業102年と書いてあります!!

創業から百年を迎えられおなじみの<猪最中>も四代に渡り受け継がれております。

小戸橋製菓のホームページより

老舗のお店で、猪最中も長~い間愛され続けている商品なんですね。

 

お店のネットショップもあり、ここで猪最中が注文できます。

ただ、写真を見る限りネットショップの方の猪最中は自分であんこを詰めるタイプではないようです。賞味期限も「発送日を入れて7日間」になっています。

今回私が購入した場所は、IR熱海駅新幹線改札内のキオスクです。

かわいい和菓子の印象:小戸橋製菓 合わせ猪最中

「十牛図(じゅうぎゅうず)」

最中の入っている箱に描かれている猪に乗った少年の絵をみて、「十牛図」を思い浮かべました。

本来は牛に乗った少年なのですが(笑)

十牛図(じゅうぎゅうず)は、悟りにいたる10の段階を10枚の図と詩で表したもの。「真の自己」が牛の姿で表されているため十牛図といい、真の自己を求める自己は牧人(牧者[)の姿で表されている

 [Wikipediaより]

十牛図で少年(牧人)が牛に乗っている姿が書かれているのは、6段階中の「騎牛帰家(きぎゅうきか) 」。牛を手なずけて家に帰る姿です。

まとめ::小戸橋製菓 合わせ猪最中

新幹線で飲むお茶を買うためにぶらりと寄ったキオスクで出会った和菓子。

猪の姿そのものがモチーフになっているのも珍しいですし、味もびっくりするクオリティーの高さです。

自分で自分の最中をつくる楽しさも味わえます。

簡単な作業なのに、わくわくします。

知り合いの亥年の人みんなにプレゼントしたくなりました(笑)

思いがけずに、素敵な和菓子と出会えることが旅の楽しさでもありますね。

かわいい和菓子のおススメ利用方法::小戸橋製菓 合わせ猪最中

 

あんこを詰める簡単な作業はお子さんにも喜ばれると思いますので、お正月など親戚が集まる時に持参するのをおすすめします。

なによりも、亥年の人にもプレゼントしたくなります。

おススメには★がついています。

***************

★ビジネス手土産

★仲良しフレンドへプレゼント

★カジュアルなお茶席用の菓子

★我が家のおやつ

 仕事中のおやつ

***************
ーーーーーーーーーー

茶箱おススメ記事

ーーーーーーーーーー

猪の和菓子といえば、11月の炉開きに食べる「亥の子餅」があります。

猪そのものの形はしていませんが・・・・・・。

www.pooh70.com

www.pooh70.com