茶箱 かわいいを探せ!

かわいい和菓子・かわいいスイーツ・かわいい美術展・かわいい日本文化

立冬におすすめ「りんご」 りんごどら焼き:北千住 喜田家(きたや) 

りんごどら焼き 北千住 喜田家(きたや) 

2017年は11月7日が立冬です。

もう冬がくるんですね~。

公園の木々もだいぶ色づいてきて「だいぶ秋がふかまったな~」と感じていたのですが。

もう冬です(笑)!!

かわいい和菓子:りんごどら焼き 北千住 喜田家(きたや) 

りんごのシールがかわいい♡

寒い冬になると、みずみずしさが特徴のフルーツの中でも、あたたかい見た目の「りんご」が食べたくなります。

「りんご」は、立冬にぴったりのフルーツ。

 

そのりんごシールを貼られているどら焼きは、立冬に食べるのにふさわしい!!

ふっくらつやっとしたどら焼きの皮にも温かみを感じます。

真ん中から切って見ると、どらやきの皮のふっくらさがよくわかります。

中には、あんこと煮たりんご(りんごあん)が入っています。

煮たりんごがゴロゴロ。

あんこよりもゴロゴロりんごの方が多いくらい!!

フルーツ好きには、うれしいどら焼きです。

りんごどら焼きは「期間限定商品」のようです。

値段

いただきものなので不明です。

お店:喜田家(きたや) 東京足立区北千住

お店の包装袋は渋くてかっこいい。

本店は東京足立区北千住にあります。

北千住は日光街道の宿場として有名な場所なんです。

本店は北千住駅から徒歩15分程度の場所にあるのですが、店舗が北千住駅前の北千住マルイの中にも入っています。

創業は1955年で、足立区周辺には多くの店舗がある人気の和菓子屋さんです。

通信販売もしています。

(調べたところ「りんごどら焼き」の通信販売の取り扱いはありませんでした。)

かわいい和菓子の印象:りんごどら焼き 北千住 喜田家(きたや) 

「竜田姫(たつたひめ)」

ふっくら茶色のどら焼きの皮。

ほんのり紅色のりんごあん。

パッケージのりんごシールはかわいい女の子ぽい。

ということで、色づく紅葉を感じる「竜田姫」をイメージしました。

ちょっとぽっちゃり竜田姫かな(笑)

まとめ:りんごどら焼き 北千住 喜田家(きたや) 

立冬 りんごのお菓子がおいしい季節がやってきました。

寒い冬がくると、寒くていやだな~とちょっとネガティブになってしまうこともあるのですが・・・・・・。

寒い冬には寒さを楽しめる!

寒い冬の食べ物が楽しめる!

寒い冬のファッションができる!

と、これから始まる冬の寒さを楽しんでいこうと思います。

どんどん寒くなると、ますますりんごは我が家にキッチンに登場しそう!!

立冬の今日は「りんごジャム」をつくってみました。

りんごを切って、砂糖とすこしレモン汁を加えて煮詰めるだけ。

簡単にできるのもうれしい!!

さらに、ジャムづくりって、熱でキッチンが暖まってきて、あま~い香りがキッチンを包んでくれるので、すご~~く幸せな気分になれる!!

気分がムシャムシャしたときにおすすめです(笑)

かわいい和菓子のおススメ利用方法:りんごあんどら焼き 北千住 喜田家(きたや) 

おススメには★がついています。

賞味期限が短い(2~3日)のでビジネス手土産には難しいかな~?と思いますが、すぐに食べられる(配れる)なら、おすすめできます。

***************

★ビジネス手土産

 仲良しフレンドへプレゼント

★カジュアルなお茶席用の菓子

★我が家のおやつ

 仕事中のおやつ

***************
ーーーーーーーーーー

茶箱おススメ記事

ーーーーーーーーーー

老舗和菓子店「喜田家」がプロデュースした新しいブランド「KITAYA六人衆」の和菓子も要チェックです。

www.pooh70.com