茶箱 かわいいを探せ!

かわいい和菓子・かわいいスイーツ・かわいい美術展・かわいい日本文化

青山フラワーマーケットの花束の中身 「中秋の名月アレンジメント」

青山フラワーマーケット 中秋の名月アレンジメント(花束)

中秋の名月にちなんで作られたかわいい花束。

濃紺の紙に包まれた花たちとうさぎの飾りに一目ぼれです。

 

花のある家って幸せな気分になれます♡

かわいい中秋の名月アレンジメント(花束) 花の種類:青山フラワーマーケット 

全体的には、黄色、オレンジのマム(菊)が中心となり日本風にまとまった、華やかなアレンジメントになっています。

ポンポン咲きマム(菊)

菊って長持ちするイメージがあるので、このままを保ってほしい。

藍色のりんどう

まだ蕾なので、これから楽しめそうです。

ススキ

これは当分このまんまだろう。

スパイダー咲きマム(菊)

だいぶ花びらがみだれ気味。

まだ楽しめるのか一番心配。

てまり草

これも当分このままでいけそう。

フジバカマ

う~ん、長持ちするのか想定しがたい。

でもお気に入りの花なのでがんばってほしい。

そして、白いうさぎちゃん

値段:青山フラワーマーケット 中秋の名月アレンジメント(花束)

2160円でした。

6種類の花とうさぎの飾りにしては、少しお高めかな~?

花の価格って難しいです・・・・・・。

マム(菊)を長く、美しく楽しむコツ:青山フラワーマーケット 中秋の名月アレンジメント(花束)

このアレンジメントのなかには、2種類のマム(菊)が使われています。

生ける時には、青山フラワーマーケットが発行しているパンフレット「2017Mum」のマム(菊)の取り扱いのコツを参考にしました。

******************************

コツ1

マム(菊)は葉が多いので、水に浸る部分の葉は取り除きます。

コツ2

茎のカットは清潔な花ばさみで。

マム(菊)の場合は手で折るのもおすすめ。茎が細かく裂けるので水揚げに効果的です。

コツ3

花瓶の水は浅水で。

水が汚れやすいのでこまめに水替え、切り戻しをしましょう。

参考:青山フラワーマーケット発行「2017Mum」より

****************************** 

コツをしっかりつかんで、せっかく買った花をなるべく長く楽しみたいです。

マム(菊)のマメ知識:青山フラワーマーケット 中秋の名月アレンジメント(花束)

わりと身近な花であるマム(菊)なのに、知らなかったことがいっぱいで驚きでした。

参考:青山フラワーマーケット発行「2017Mum」より

 

出荷量は日本一

農林水産省「平成28年産花きの出荷量」によると、バラ、カーネーションを抑えて、マムは日本国内での切花出荷量日本一です。マムだけで切花出荷量の約4割を占めています。

→仏壇の花に使われるからかな?

 

「菊花開(きくのはなひらく)」

10月13日~17日ごろは、七十二侯の50番目「菊花開(きくのはなひらく)」になります。菊の花が一番美しく咲く頃といわれます。

→七十二侯って知れば知るほど、美しい季節を表す言葉だな~と思います。

 

咲き方

花びらがびっしりとボール状に咲く「ポンポン咲き」

華やかな大輪の「デコラ咲き」

細長い花弁が外側に広がるシャープな印象の「スパイダー」

といったように咲き方はさまざまです。

→仏壇の花のイメージを覆す?ような、華やかでかわいいマム(菊)に驚きます。

 

後鳥羽上皇のお気に入り

鎌倉時代の後鳥羽上皇は特に菊を好み「菊帝」と呼ばれていました。十六弁の菊紋を衣服や刀に使うなど、自らの印として愛用し、亡くなった後もこの慣習が継承されて、十六八重表菊が皇室の紋として定着しました。

→菊を愛する後鳥羽上皇ってどんな人だったのかな~?

 

日本を代表する花

日本では仏様に飾る花として「縁起の悪い花」と考えられがちですが。

不老長寿の花として重用され「菊を飾ると福が来る」という言い伝えもあり、正月飾りには欠かせない縁起物にもなっています。

→お正月にもまた菊の出番がきますね。

 

日本人にとってマム(菊)が欠かせない花になっているのは、まちがいない!です。

お店(購入場所):青山フラワーマーケット

青山フラワーマーケットは、駅の中にあるお店も多く、ちょと時間があるとフラッと覗いてしまいます。

青山フラワーマーケットのアレンジメントは、女子心をくすぐるかわいらしくセンスのよいのもお気に入り。見ているだけでも楽しくなります。

 

お花に詳しくない初心者の私にとっては、きちんと花の名前と値段が書いてあるので購入しやすいお店です。

まとめ:青山フラワーマーケット 中秋の名月アレンジメント(花束)

このお花のおかげで、中秋の名月をさらに楽しめました。

それにしても、部屋に花があるだけで女子力がかなりアップしたように感じるのが不思議です。

秋になり、涼しくなり空気も乾燥してきたので花も長持ちしそうです。

 

今回はプレゼントでいただきました。

花が好きな私は、日本でももっと花束を贈る習慣が根付けばいいな~と思っています。