茶箱 かわいいを探せ!

かわいい和菓子・かわいいスイーツ・かわいい美術展・かわいい日本文化

チョコレート工場に感動 ダンデライオン:東京蔵前

ダンデライオンのチョコレート工場・チョコレートカフェ

 

チョコレート工場って行ったことある? 

チョコレートって、どうやって作るのか考えたことある?

かわいいチョコレートメニュー1:ダンデライオン「S’MORE スモア」

恥ずかしながら、メニューの名前を見ただけではお菓子のイメージができませんでした。

 

スモアとはこのお店特有のメニュー名ではなく、ちゃんとお菓子として存在するようです。知りませんでした・・・・・・。

スモア(英: s'more)は、

アメリカ合衆国およびカナダで伝統的な、夜間キャンプファイヤーで人気のデザートで、焼いたマシュマロとチョコレートの層を2枚のグラハムクラッカー (Graham cracker) で挟んで作る。
スモアは英語の語句「some more(もう少し欲しい)」の縮約形である。

[Wikipediaより]

そういえば、映画とか見ていると「アメリカ人ってマショマロ好きだな~」ってよく感じます(笑)

 

ダンデライオン のメニューに書いてある文字は、

「ホームメイドのグラハムクラッカー、マシュマロ、チョコレートガナッシュのスモア。ご注文後に表面を焼き上げます。」

う~~ん、どうもイメージがわきませんが・・・・・・。

ダンデライオン のメニューのサンプルを見れば「おっ、これか」とすぐわかります(笑)

ちょっと「ゲゲゲの鬼太郎」にでてくる「目玉のおやじ」に似ている!

 

サンプルに一目ぼれして注文です。

味は?

上の部分にとろけたマショマロが温かくねっとり~。

マショマロの甘みと柔らかさがお口を占領します。

下の部分クラッカー部分は甘すぎず、サクサク。

マショマロを引き立ています。

 

メインのチョコレートは甘さ控えめ。

とろ~りとしたチョコレートは、チョコ本来のカカオ味がしっかりします。

チョコの上の結晶は「塩」。口の中をサッパリしてくれます。!!

 

一目ぼれしただけあるね♡という感じで、見る目のある自分をほめたくなります。

値段

450円(税別)(2017年8月現在)

かわいいチョコレートメニュー2:ダンデライオン 「ハウスホットチョコレート」

メニューには何種類かのチョコレートドリンクがあります。

初めてなので、いちばん基本ぽいチョコレートドリンクを選びました。

味は?

甘すぎず、サラリとしたホットチョコレートです。

 

ホットチョコレートというと、

歯が痛くなりそうな、一気に血糖値が上昇しそうな、あま~~いドロリとした飲み物を想像しますが(笑)。

ダンデライオン のハウスホットチョコレートは「おや?」と思うぐらい、さっぱりして飲みやすいです。

値段

580円(税別)(2017年8月現在)

気になるかわいいチョコレートメニュー:ダンデライオン 「クラマエホットチョコレート 」

ダンデライオンのメニューによると、

「蔵前オリジナルのホットチョコレート。NAKAMURA TEA LIFE STOREの無農薬・有機栽培のほうじ茶(静岡県産)を加えました。」

 

なんと、同じ蔵前にお店がある、あの日本茶のお店「NAKAMURA TEA LIFE STORE(ナカムラティーライフストア」とコラボレーションをした商品!!

ほうじ茶の炒った香ばしさと、カカオの苦味・旨みのあるチョコレートが、どんなふうに混じり合っているのか??

ぜひ、次回試してみたいと思います。

 

少し前に、日本茶のお店「NAKAMURA TEA LIFE STORE(ナカムラティーライフストア」の記事も書いています。

www.pooh70.com

かわいいチョコレート工場・カフェ:ダンデライオン 東京蔵前

「BEAN to BAR」ということで、

カカオ豆の選定から買い付、チョコレートバーを作る工程のすべてをこのファクトリーで行っているそうです。

こだわりのチョコレート工場・カフェです。

 

場所は蔵前駅の近くで、目の前が精華公園になっています。

お店の入口は木のぬくもりを感じるウッドハウスのような作り。

中に入ると、空気が「ひんやり~~」しています。(チョコレート工場ですので!!)

そしてわりと大きめな音で機械が動いています。(チョコレート工場ですので!!)

機械や作業している人たちも見えます。(チョコレート工場ですので!!)

ちょっと面白そう・・・・・・。

 

1Fがチョコレート工場とショップ、カフェのレジ(先に注文お会計)。

2Fがカフェで注文したものを食べたり、飲んだりするスペース。

天井が高く、都内にしては珍しく座席もゆったりしたつくりになっています。さらに、目の前の公園が見えての~んびりできました。(電線もみえますが(笑))

 

気になったFactory Tour(ファクトリーツアー)

お店(工場)では「Factory Tour」ダンデライオン・チョコレートの工場内すべての工程がご覧いただけるツアーが定期的に開かれているようです。

参加費がかかりますが、気になりました。参加してみたいです。

かわいいチョコレートの印象:ダンデライオン

「チョコレート工場」

そう!あの映画「チャーリーとチョコレート工場」を思い出しました。

ジョニー・ディップ主演、監督はティム・バートン。

チャーリーとチョコレート工場 [DVD]

チャーリーとチョコレート工場 [DVD]

 

あの映画でもチョコレート工場の見学ありました。というか、それが映画のメインでした。

夢のような世界(夢であってほしい!)のチョコレート工場が描かれた映像は、楽しくもあり、シビアでもあり、おもしろくもあります。

 

なによりも、私が一番記憶に残っているのは「ウンバ・ルンバ」。

チョコレート工場で働く?、キモかわいい?イヤ、ただキモ不思議キャラ「ウンバ・ルンバ」のダンシングは、なんともいえません。

まとめ:かわいいチョコレート ダンデライオン@蔵前

チョコレート工場を初めて見て感動しました!!

レジの奥に見える銀色に光る機械、その機械が動いている音にワクワクしました。

 

2Fのカフェでチョコレートを食べている時も、「この下(1F)で、このチョコレートはつくられているんだな~」としみじみと思うと、チョコレートが一段と愛おしく、おいしく感じられます。

一口一口、大事に食べました。

かわいいチョコレートのおススメ利用方法

おススメには★がついています。

お店では、数種類のチョコレートバー(板チョコ)を販売しています。

1枚1300円程度でした。

オンラインストアでも購入できるようです。

***************

★ビジネス手土産

★仲良しフレンドへプレゼント

 カジュアルなお茶席用の菓子

 我が家のおやつ

 仕事中のおやつ

***************
ーーーーーーーーーー

茶箱おススメ記事

ーーーーーーーーーー