茶箱 かわいいを探せ!

かわいい和菓子・かわいいスイーツ・かわいい美術展・かわいい日本文化

根津美術館の企画展「やきもの勉強会」に行ってきました

おしゃれな街青山にある根津美術館の企画展「やきもの勉強会」

に行ってきました。

駅から少し歩くから暑かった~。

展覧会の内容 

毎日の生活で使う食を彩る「皿」に焦点を当てた展覧会です。

 

中国、日本のやきものの皿。

飾り物?何かの儀式に使用?したような大きな皿や、懐石料理につかうような小さな皿。

など、さまざまな皿が展示されています。

お勧め度:★★(★5満点)

びっくりするような展示品には出会えませんでした。

 

おしゃれな「やきもの」のお店に来たような気分。

気軽な感じの展覧会です。

お友達同士で見ても楽しいです。

混雑度:★★★(★5満点 多いほど混んでます)

金曜日の朝11時ごろ到着しました。

特に混雑していないだろうと思っていたのですが。

 

外国人の集団がたくさん。

しかも、みんな大きな声でしゃべっていてにぎやか!

日本人のおばちゃんたちも、外国人につられて気にすることなくおしゃべり。

音声ガイドが聞きづらいぐらいにぎやかだったのは初めてで、驚き。

 

混雑というよりも、にぎやかでした。

所要時間

じっくりみて30分程度です。

他のひとのおしゃべりも気になって、足早に見てしまいました。

感想

こんな染付のお皿がほしいな~。

足つきのお皿もいいな~。

今読んでいるマンガ「へうげもの」の織部焼もあるな~。

など。

 

身近な物として見ることができました。

 

展示会場のにぎやかさに負けず、本当はもっとじっくり見たかったです。

家に持って帰りたい・気になった作品1

「蟹蓋置」

道斎(どうさい) 江戸時代後期18世紀

 

「やきもの勉強会」ではなく、展示室6「盛夏の茶」に飾られていたもの。

この展示室6では、真夏に涼を感じることのできる茶道具を見ることができます。

 

真黒なので蟹というより蜘蛛みたいと思ったのですが。

 

展示品のキャプションによると、

蟹は七種の蓋置の一つ。

金閣寺の庭に13個置かれていた。足利家伝来の古銅の蟹を天明7(1787)に姫路藩主酒井宗雅が写させたもの。

 

七種の蓋置とは、

「火舎香炉(ほやこうろ)」

「五徳(ごとく)」

「一閑人(いっかんじん)」

「三つ人形(みつにんぎょう)」

「三つ葉(みつば)」

「蟹(かに)」

「栄螺(さざえ)」

淡交テキスト「お道具必携12」より

それぞれの蓋置に使い方があります。

本当に茶道具って奥深いな~と感じます。

 

「蟹」蓋置の使い方

頭が人と向かい合うように扱い、柄杓を引く時も頭が手前になるようにします。

淡交テキスト「お道具必携12」より

蟹の顔を見ながらお点前です。

家に持って帰りたい・気になった作品2

一行書「洗滌日々笑」

大徳寺第156世 江月宗玩(こうげつそうがん)筆

 

展示室6「盛夏の茶」の茶室に掛けられた掛軸の禅語。

 

心身を洗い清め、日々笑う

見ているだけで、清々しくなる文字です。

毎日こんなふうに生きていたいな~と思いました。

展覧会の基本情報

2017年7月13日(木)~9月3日(日)

東京青山 根津美術館

 

------------------------------------------------------------------------------------------

 「やきもの」好きな方へのおすすめしたい かわいい記事たち

------------------------------------------------------------------------------------------

www.pooh70.com

www.pooh70.com

 

---------------------------------------------

かわいいおススメ本

---------------------------------------------

www.pooh70.com

www.pooh70.com

Casa BRUTUS特別編集 器の教科書 (マガジンハウスムック CASA BRUTUS)

Casa BRUTUS特別編集 器の教科書 (マガジンハウスムック CASA BRUTUS)