茶箱 かわいいを探せ!

かわいい和菓子・かわいいスイーツ・かわいい美術展・かわいい日本文化

東京都美術館の『ボストン美術館の至宝展』

夏休みで混雑している上野公園。

東京都美術館の『ボストン美術館の至宝展』

に行ってきました。

展覧会の内容 

[展覧会パンフレット]

古代エジプト美術、中国美術、日本美術、フランス絵画、アメリカ絵画、版画・写真、現代美術と、東西の名品の数々を堪能できます。

 

つまりは、ツタンカーメンの頭部を見た後に、10分後にはモネやセザンヌを見て、さらに10分後はアンディ・ウォホール、村上隆を見て楽しめるのです。

 

時空を超え、世界中をめぐる美術の旅です。

お勧め度:★★★(★5満点)

明治時代に日本から流出してしまった作品をみる貴重な展覧会です。

英一蝶(はやぶさいっちょう)「涅槃図」1713年

曾我蕭白(そがしょうはく)「風仙図屏風」1764年

は、日本への里帰りが騒がれています。

 

いろいろな作品が見られるので、飽きることはありません。

もっともっと見たくなる、ちょっと物足りなさを感じるぐらいです。  

混雑度:★★★(★5満点 多いほど混んでます)

金曜日の夜。

おもったより混雑していました。

親子が目立ちました。夏休み現象ですね。

所要時間

じっくりみて45分程度です。

感想

好きなゴッホの作品がみられて嬉しい。

ただただ、この一言です。

この作品をみるだけのために行った感じもありましたので。

 

全体的にワクワク感が少ない展覧会でした。

いろいろありすぎて脳がついていけなかった気がします。

家に持って帰りたい・気になった作品①

[展覧会パンフレット]

 

「子守唄、ゆりかごを揺らすオーギュスティーヌ・ルーラン夫人」

フィンセント・ファン・ゴッホ 1889年

「郵便配達人ジョセフ・ルーラン」

フィンセント・ファン・ゴッホ 1888年

 

ルーランご夫婦です。

並べて見られるなんて感動!!です。

 

この2作品が描かれたのは、わずか1年差。

一年でこんなにも表現の変わった作品が描ける、ゴッホの器用さに驚きます。

 

絵の変わりように対して、ゴッホには「まあ、いろいろあった一年だったからね~。」と言ってあげたくなります。

わずかな期間だけれども一緒に暮らしていたゴーギャンが出て行って、耳切り事件があってたいへんな一年だったそうです。

ゴッホ、パニック状態だったにちがいありません。

 

それにしても。

奥さんの方の迫力がすごい。

もう、おもしろいとさえ思えてくる。

自分がルーラン夫人で、ゴッホから「これあなたを描いたよ。」とこの作品を渡されたら・・・・・・。

 

「おい!!」

 

と、つっこみたくなります。

 

奥さんと比べると御主人の方は普通でいいですよね~。

わりと男前に描かれていて、じっとみていたら「どうも!」と話しかけてきそうな気がしてきました。

 

上手いとかヘタとかそんなレベルではない。

人の心をぐっとつかむゴッホの絵。

相手への愛情を感じるゴッホの肖像画。

 

見れば見るほど、その絵の世界に入り込んでしまいそうになるゴッホの絵。

 

最後には、なんだか、この夫婦がとなりに住んでいるような気分になっていきました(笑)

家に持って帰りたい・気になった作品②

「松に鹿蝙蝠図屏風」

岸駒・呉春・東東洋 江戸時代19世紀

かわいい鹿に大注目です。

「何?」と振り返った鹿の姿にキュンキュンしました。

 

蝙蝠が飛んでいるのが不思議でしたが。

蝙蝠は中国では、発音からたくさんの福を象徴するものだそうです。

鹿は長寿を象徴するので、おめでたい吉祥の屏風です。

お楽しみ①次回の展覧会は「ゴッホ」

 2017年10月24日から、同じく東京都美術館で、「ゴッホ」の展覧会!が始まります。

 

あの『寝室』(下のパンフレット右上に載っています)もやってきます。

私はこの作品の本物を見たことがないので、今から楽しみ~~。

展覧会の基本情報

2017年7月20日(木)~10月9日(祝)

上野 東京都美術館

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

茶箱の「ゴッホ」に関するおススメ かわいい記事

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

www.pooh70.com

www.pooh70.com