茶箱 茶道★和菓子★展覧会 

茶箱の中は好きなモノでいっぱい!

もしも学生時代にタイムスリップしたら、人生をやり直す? 映画「カミーユ、恋はふたたび」の感想

★人生って思い通りにならないな~と思っている時に。

★80年代の雰囲気を味わいたい人へ。

に、おススメしたい映画です。

タイトル:「カミーユ、恋はふたたび」

カミーユ、恋はふたたび DVD

カミーユ、恋はふたたび DVD

 

採点(お気に入り度)

37点(50点満点中)

感想

以前に予告をみたときから気になっていた映画でした。

カミーユは、人生がお疲れ気味の中年女性。長く連れ添った旦那さまからも離婚をつきつけられていて・・・・・・。

そんなある日、1985年へタイムスリップしてしまいます。

タイムスリップしたということは、未来を知っているわけですのでカミーユは過去を変えてみようとするのですが・・・・・・。

 

笑えることに、タイムスリップした後もカミーユは中年の姿のままなんです。(周りからは10代に見えているみたいですが。)

なので、中年のおばちゃんがミニスカートを着て、自転車に乗って、両親に甘えたり、友達と遊んだり恋をしたりするのです。

ちょっとギャグぽく見えるのがおもしろいです。

 

「自分がタイムスリップしたら。」

ということは、誰もが考えたことがあると思います。

私は、「過去にもどれたらな~。あの人と付き合って、あの会社に入って、あの大学を選んで。あのバックを買って。」とやり直したいことはたくさんあります。

でもそうしたら、今の生活が無くなってしまうのかと思うと、過去のままでいいや!と思えます。そんな自分って幸せなんだな~と実感できました。

おススメポイント

カミーユの若き頃の両親と暮らすお家が、とてもかわいらしいのです。

壁紙もオレンジで明るくて幸せにあふれています。

反対に、カミーユの現在のあまり幸せではない家の壁紙は、かなりどぎつい感じになっています。

家でカミーユの心、幸せ度を現わしているようです。

明るい家が幸せを呼び込むのか?

幸せだから家が明るくなるのか?

どちらにせよ、幸せになるためにも家は明るくしたいな~と一家の主婦としては考えました。

基本情報

制作年:2012年

制作国:フランス

原題:Camille redouble

本題も原題にかなり近いですね。