茶箱 茶道★和菓子★展覧会 

茶箱の中は好きなモノでいっぱい!

色眼鏡をかけていない? 和菓子屋 東京新宿「花園万頭」(はなぞのまんじゅう)

ある日急に、今までの自分の思っていたことや考えていたことが、まったく違っていたことに気づくことがあります。

気づけたことを喜ぶと同時に、今までの自分にがっかりします。

モノだけでなく、人に対しても、年を重ねるごとに、凝り固まった自分自身を見直してみようと思います。

和菓子:あじさい万頭(まんじゅう)

きらきらして、かわいいおまんじゅうを見つけました。

ふつうの白いおまんじゅうも、ちょっとおしゃれをすれば・・・・・・。

ステキなパーティーに出てきそうなお菓子に大変身です。

中のあんこは見た目はしっとりしているけれども、食べるとあっさりと軽く、さわやかなおまんじゅうです。

サイズは、もう1個食べたいなと思わせるちょうどよさです。

 

先日今期限りの引退を発表したゴルフ界のスター、宮里藍ちゃんのようなおまんじゅうで、しっかりした筋の通った中にも、かわいらしさ、華やかさ、スター性があります。


価格:180円(税別)(2017年6月現在)

和菓子の印象は

「色眼鏡(いろめがね)を外す」です。

 

今読んでいる本「心配事の9割は起こらない」に書いてあったことと繋がりました。

今まで、おまんじゅうと聞くと「どれも同じような見た目であんこが中に入っているだけ。」と軽く見逃していた自分を恥ずかしく思いました。

人に対しても同じことです。

先入観のみで人を判断してしまいがちですが・・・・・・。

「情報」だけで、あるいは、相手の一面だけを見て抱いた嫌な感情、否定的な思いをもって、全人間性を決めつけてしまったら、そのを見誤ることは必定です。

「心配事の9割は起こらない」枡野俊明著

相手、人間、人という言葉をまんじゅうに変えてみると、今回私が強く感じたおまんじゅうへの想いとぴったり合います。

 

今まで、ごめんなさい。おまんじゅう。

お店:新宿 花園万頭(はなぞのまんじゅう)

老舗の有名なお店です。

お店の名前に「まんじゅう」とうたっているぐらいなので「まんじゅうがおススメ商品なんだろうな~」とあまり興味がなりませんでした。

たまたま、銀座三越にある販売店の近くを通ったときに、あじさい万頭にビビビときました。

「なんてかわいい和菓子なんだろう。」

あんこの味も想像以上でした。

なんで今まで興味がなかったんだろうと自分を反省しました(笑)