茶箱 かわいいを探せ!

かわいい和菓子・かわいいスイーツ・かわいい美術展・かわいい日本文化

菊家の和菓子を山種美術館のカフェで楽しむ①:青山

久しぶりに華やかな和菓子(上生菓子)が食べたくなりました。

「どこに買いにいこうかな~。」と思い、向かったのが山種美術館です。

 

なんで美術館??

と思いますよね~。

 

実は、山種美術館にあるカフェでは青山にある有名な和菓子屋さん「菊家」の和菓子が食べられるのです!

和菓子:菊家 上生菓子「花の香り」

下のポストカードになっている小林古径の作品「白華小禽」から作られた和菓子です。

白い花、葉の緑、鳥のブルーというシンプルな色の組み合わせのすっきりした絵です。

右の方に花の重心が寄っている構図に、絵の奥行き感を感じます。

絶妙な安定感のあるバランス。

初夏を訪れを告げる泰山木。

大ぶりな花と葉をきんとんで表現しました。

中は上品な甘さの黒糖風味。

「Cafe椿」の和菓子パンフレットより

ちょっと絵とは違うような感じもしますが・・・・・・。

絵の気品は和菓子に表現されています。

 

 中のあんこは甘めのこっくりしたこしあんでした。

和菓子の元になった絵よりも、初夏らしさがでています。

価格:510円(税込)(2017年5月現在)

和菓子の印象は、

「ジューンブライド」

美しい白のウェディングドレスを着た花嫁さんを思わせるような、純真で清楚な美しさを感じます。

お店:青山 菊家(山種美術館Cafe椿)

東京の青山にある老舗の和菓子屋「菊家」が、山種美術館で開催中の展覧会にちなんだ和菓子をオリジナルでつくっています。

 

現在、山種美術館では「花 Flower 華」の展覧会が開催中ですので、そこに展示されているいくつか(5種類程度)の作品をモチーフにした和菓子がつくられています。

www.pooh70.com 

この和菓子は、山種美術館にあるCafe椿で食べられます。(テイクアウトも2個からできます。) 

 

もう何年も続いているこの企画です。

どんな和菓子ができあがるのか毎回楽しみにしてますので、ずっと続いてほしいと思っています。

 

これが楽しみで山種美術館に通っているのは、私だけでしょうか?(笑)

 

青山にある菊家のお店で和菓子を買ったこともあります。

www.pooh70.com