読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

茶箱 茶道★和菓子★展覧会 

茶箱の中は好きなモノでいっぱい!

足利義政と同じ気分を感じる 和菓子屋 京都「俵屋吉富」

もうちょっと春を感じるパステルカラーの和菓子を楽しんでいたいと思っている今日この頃です。

和菓子:春風ふわり

お菓子の袋もかわいい。最中生地にあんことお餅いりの和菓子です。あんこが味のポイントです。もちっとしたお餅としっとりした最中の食感が楽しめます。

気軽に手で食べたい和菓子です。さわやかに、「スニッカーズ」みたいに食べたいです。

銘(名前)をつけてみる 

失礼ながらも、この和菓子に「私なら。」ということで銘をつけてみました。

「遅桜(おそざくら)」です。

金葉和歌集に載っている藤原盛房の歌からつけてみました。

「夏山の 青葉まじりの 遅桜 はつ花よりも めづらしきかな」

新緑のなかに、遅咲きの桜が美しく咲いている姿が目に浮かびます。もう5月ですので、新緑ぽい感じもだしたいなと思い、この銘にしました。

遅桜といえば、唐物肩衝茶入(からものかたつきちゃいれ)銘「遅桜」があります。この和歌から、足利義政が命銘したといいます。

足利義政も使った銘を、現代の私も使うのか~と思うと怖れ多くも感じますし、義政を身近に感じるような気もします。

参考:特別展「茶の湯」のガイドブック

お店:京都 俵屋吉富

京都にある老舗のお店です。

今回は松屋銀座店で購入しました。