茶箱 茶道★和菓子★展覧会 

茶箱の中は好きなモノでいっぱい!

子どもの日に食べる柏餅 和菓子屋 滋賀県「たねや」

「柏餅」って、お餅にあんこという単純な組み合わせなのに、柏の葉に包んであるだけで特別感がでています。

今年はどこの柏餅を食べようかな~と悩んでしまいます。しかも、1個食べたら食べたで、5日までにもう一つぐらい食べたいな~とも思ってしまいます。

和菓子:柏もち

柏餅は5月の節句にあわせて、どこの和菓子屋さんでも販売しています。

カシワの葉を用いた柏餅は徳川九代将軍家重から十代将軍家治の頃、江戸で生まれた。カシワの葉は新芽が育つまでは古い葉が落ちないことから、「子孫繁栄(家系が途切れない)」という縁起をかついだものとされる。

[Wikipediaより]

こしあんの柏餅でした。(他につぶあん、味噌あんもありました。)あんこは「くせ」がないあっさりしています。おもちもモチモチしていていますが、ベトベトすることなく気持ちよく食べられました。サイズもちょうどよいです。もう一つ食べたいな~と思うぐらいの、ちょうどよさです。

見た目も味も、正統派の柏餅です。

お値段もお手ごろで、優等生です。

価格:194円(2017年5月現在)

銘(名前)をつけてみる 

オシャレなお菓子の説明書きがついていました。ちょっとうれしいです。

「風もさわやか端午の節供 中空泳ぐ鯉のぼり」

失礼ながらも、この和菓子に「私なら。」ということで銘をつけてみました。

「端午(たんご)」です。

そのまま節句の名前です。単純なのが一番わかりやすくていいかなと思いました。

旧暦では午の月は5月にあたり、この午の月の最初の午の日を節句として祝っていたものが、のちに5が重なるこの月の5日が端午の節句の日になったという。後に、「午」は「五」に通じることから毎月5日となり、その中でも数字が重なる5月5日を「端午の節句」と呼ぶようになったともいう。

[Wikipediaより]

お店:たねや

滋賀県にお店がある和菓子屋さんです。

今回は三越銀座店で購入しました。