茶箱 かわいいを探せ!

かわいい和菓子・かわいいスイーツ・かわいい美術展・かわいい日本文化

大事な人へ手土産 和菓子屋 東京西早稲田「いなほ製菓」

 両親にプレゼントしたい和菓子を見つけました。

 

一見地味ですが、確かなおいしさは大事な人への手土産にしたくなります。

美味しいものを大事な人と一緒に食べることができるのって幸せです。

 

手紙もつけてあげました。

 

美味しいものを一緒に食べたい人っていますか?

 

和菓子:ぜんざい最中

「全国菓子大博覧会大賞受賞」と明記してあります。

 

包装は、うすい紙に最中がつつまれているだけです。

 

包装紙を開けると、中から最中の皮の香りがあふれてきます。

いい香り~~。

 

”ぜんざい”ですので、中には大きめサイズのお餅が入っています。

あんこは、さっぱりとした甘さで、小豆の食感が強い粒あん。

最中の皮はパリっ。

 

飽きのこない最中です。

 

ちなみに、1日たった後のしっとりした最中の皮もおいしかったです。

お店:西早稲田 「いなほ製菓」

JR高田馬場駅から10分程度歩いた場所にあります。

質素な店構えです。

この「最中」しか売ってませんでした。

びっくりです。

和菓子の印象

「善哉(ぜんざい)」

「善い哉(よいかな)」

 

和菓子の”ぜんざい”とは、

「善哉もち」の略。
関西では、つぶしあんの汁粉。関東では、粟餅(あわもち)・白玉餅(しらたまもち)などに濃いあんをかけたもの。
 
「善哉」とは禅語で、

善い哉(よいかな)と読み、ああすばらしい、その通りだ、など相手の意見を肯定したり賛嘆したりする場合に用いられる。

 

どちらもピッタリくるイメージです。

上手く表現できたと大満足しました(笑)

自画自賛です。

おススメ度:★★★★(★5満点)

最中・あんこが好きな人に、おススメします。

 

お店が駅から遠いのでマイナス★になりました。

 

見た目は最中なので普通ですけれど。

味も、食感(お餅)も、香り(最中の皮)も楽しめる、バランスのとれたおいしい和菓子です。

 

確かな美味しいさのこの和菓子は、大切な両親と一緒にたべたいな~と思っています。