茶箱 茶道★和菓子★展覧会 

茶箱の中は好きなモノでいっぱい!

桜を楽しめる自分が幸せだ 和菓子 京都「笹屋伊織」

外では桜が咲き誇り、デパートのなかでも桜商品が満載です。

お菓子売り場でも、和菓子も洋菓子もこぞってピンク色の桜が咲き誇っています。

ピンク色好きの私には、日本中が夢のような空間になっています。

その一方で、毎日ニュースを見るたびに感じることがあります。世の中には、きっと桜を見る余裕のない人だって大勢いることも忘れてはいけないということです。

私だって、もし心配事があったり、平和な世の中でなかったら、「桜が桜が」なんて言ってられません。

桜を愛でられる自分の今の状況に感謝をしたいと思います。

「今年も美しいあなたに会えました。あらゆる人があなたに恋焦がれています。おだやかな気持ちであなたに会えたことがただただ嬉しいです。」

お店:京都 笹屋伊織

享保元年(1716年)から続く京都の老舗のお店です。 

今回は、三越銀座店で購入しました。

和菓子:伊織のさくら

わりと大きめなサイズです。中には、ぎっしりあんこがつまっています。

表面のピンクからも、あんこの黒がうっすら透けてみえるのがオシャレです。

しかも嬉しいことに食べてみると、きちんと桜の香り、味がします。あんの中に、桜葉塩漬け粉末が練りこんであるからです。甘いなかに、ほんのり塩のしょっぱさも感じられます。

おススメ度:★★★★★(★5満点)

桜を楽しめる和菓子としてぜひおススメします。

パッケージもかわいいです。

味でも香りでも桜を楽しめる、本当に桜づくしの和菓子です。

個包装されていて、賞味期限が長いのもうれしいです。ちょっとしたプレゼントに1個あげても喜ばれると思います。

お楽しみ①:銘をつけてみる 

失礼ながらも、この和菓子に「私なら。」ということで銘をつけてみました。

「夜桜(よざくら)」です。

この和菓子は、桜のピンク色からうっすら黒が見えます。桜の花びらの向こうに広がる夜空を見えるようで、この銘(名前)にしてみました。

「春風の 花を散らすと 見る夢は 覚めても胸の さわぐなりけり」

西行 山家集

春風が花を散らしている夢を見たことで、目覚めても桜が散ってしまう心配が続いている感じを表しています。

西行さんは本当に桜が好きなんですね~。夜も昼も恋焦がれ、咲いても散っても恋焦がれる。

それにしても、桜って咲いたら咲いたで騒がれ、すぐに散ることを心配される世話のかかるお花です。それだけに恋すべき花なんですね。