茶箱 かわいいを探せ!

かわいい和菓子・かわいいスイーツ・かわいい美術展・かわいい日本文化

和菓子に名前(銘)をつける練習 

お道具・お菓子についている名前(銘)は、どのようにつけているのか?

 

ずっと気になっていました。

 

私は、見た目中心でなんとなくつけているのですが・・・・・・。

それもなかなか難しい。

 

自分で名前を考える時(茶道のお稽古では自分で名前をつける練習をします)、以前読んだ本に書いてあった京都にある和菓子屋さん「塩芳軒(しおよしけん)」の現当主の高家さんの話が、いつも頭にあります。

「お菓子は嗜好品ですから、おいしいというのが基本だとは思いますが、京都の場合、ゆったりと流れる時間とともに味わうのが本来のあり方。花鳥風月を愛で、詩歌に親しみ、お菓子のなかにもそうした情緒を求めます」

よって、菓子の形も銘もパッとひと目でわかる具象的なものではなく、ある意味遠回しで、抽象的なものが好まれ、その姿からいかにしてその意図をくみ取ることができるかで、その人の感性や教養が問われる、と高家さん。

ちょいちょい「京都の場合」というフレーズが関東に住む私には、気になるのですが・・・・・・(笑)。

 

和菓子は、名前(銘)の奥の奥を想像する感性が必要とされる芸術品のようです。

 

茶道のお稽古中、先生の説明を聞かないとお道具の銘にもピンとこない私には、なかなかレベルが高いな~と思います。

 

さらに、高家さんは続けています。

「たとえば、和緑と薄紅の生地を組み合わせ、表面にうっすらと筋をいれたこなしがあるとして、私が”春の山”と名づけたら、その奥には、嵐山の渡月橋(とげつきょう)と桜という隠れた意匠があるわけです。でも、それはあくまでの私の感性。ですから、”銘はなんですか?”と聞かれれば、もちろんお答えしますが、お茶の先生などには、銘はご自分でお考えになっても楽しいですよ、と申し上げるんです。」

つまりは、なにを連想するかは、あくまでもその人次第というわけです。なればこそ、自分の持てる五感に自由の翼をつけ、和菓子の世界に遊んでみるのも、京都の楽しみ方のひとつです。

ふむふむ。

和菓子の銘をつける・付いている銘からいろいろなことを想像することが、和菓子の楽しみのひとつでもあるということですね。

 

「その人次第」ということは、

自由なんだか?

さらに自分の感性が試されるのか?

と不安な部分もありますが、ひよっこ茶人としては、自由に天真爛漫に銘をつけていきたいと思います。