茶箱 茶道★和菓子★展覧会 

茶箱の中は好きなモノでいっぱい!

茶箱(茶道)の展覧会 東京銀座で『赤木明登 茶の箱展』に偶然出会う。

『赤木明登 茶の箱展』を見ました。

東京の銀座をぶらっとしていて見つけた展覧会。

数年前に見た本『茶の箱』を見てから、こんな機会が訪れるなんて!!

赤木さんの茶箱を見られると興奮してしまいました。感動です。

赤木さんは、雑誌などでよくお見かけする(奥様と一緒に)有名な「塗師」の方です。

普通の暮らしに似合う、素敵な漆器を作られています。

基本情報

2017年2月25日(土)~3月12日(日)

思文閣銀座にて

東京銀座の東急プラザの近くです。

ちょっと敷居が高いような気がしましたが。

平日の夕方でしたが、中に入ると何人か人がいましたので一人で緊張することもなく、のんびりとゆったり作品を見ることができます。

展覧会の内容 

f:id:pooh70inu:20170307193151j:plain

赤木明登さんの作品が主になった茶道具を組み合わせた、茶の箱が展示されています。

今回の展示では、新作の「茶の箱」12点が、バランス良く並んでいます。

新作ですが、以前に本で見たスタイル自体は変わっていません。

全体的には、黒・白・紅・金・銀といった色のお道具たちが組み合されています。

派手な感じ、かわいい感じの色合いというわけではないのですが、どれもが、実際に使いこなしたいと思えるようなお道具です

そして、小さなお道具なのに、すごい存在感を感じさせるお道具たちです。

それぞれのお道具に合わせてつくられた、渋い袋も素敵です。

お道具には触ることもできました。

本:『茶の箱』を再び読む

茶の箱

茶の箱

  • 作者: 赤木明登,内田鋼一,長谷川竹次郎,ヨーガンレール,安藤雅信
  • 出版社/メーカー: ラトルズ
  • 発売日: 2004/10/01
  • メディア: 単行本
  • 購入: 1人 クリック: 21回
  • この商品を含むブログ (5件) を見る
 

赤木さんの他に、

安藤雅信さん(彫刻家、陶芸家)

内田鋼一さん(陶芸家)

長谷川竹次郎さん(鍛金師)

ヨーガン・レールさん(デザイナー)

の作品で組み合された茶の箱が16点も見ることができます。

それぞれの作品は、異なる人たちが作っているし、道具の素材の違うのになぜか統一感があるのが不思議です。

しかも、皆それぞれちょっと個性的な男性たちなんですよ。

ヨーガン・レールさんの一つ一つの道具につくられた袋が、統一感を出しているのかな~。

私のお気に入りは茶の箱・3です。

赤木さんの作品の桃?の形を紅色の漆器の茶箱がかわいいです。

中には、安藤さんの白い茶碗。そして、その中には黒の漆塗りの茶入が入っています。

そして長谷川さんの渋い銀の茶杓がアクセントになっています。

レールさんの男性的な裂地を組み合わせた袋も素敵です。

まったく違う柄の裂地ですが、同系色の織を合わせていることで、こんなに統一感がだせるなんて感動します。

どの茶の箱も、どちらかというと男性的なイメージがあります。

小さいお道具たちなのに、かわいいというよりもかっこいいです。

本『茶の箱』での男同士の対談

本の中には、作り手による座談会・対談があります。

このなかでは、ものをつくる人、職人・芸術家である男たちの会話のはしばしにライバル心・相手へのリスペクトが見られるような気がします。

女性同士の会話ではない、男同士の会話にちょっと色気を感じてしまいます。

「茶道」という概念にこだわらない、いやそのこだわらないということにも、こだわらないという茶の箱(あえて「茶箱」といわない「茶の箱」)をつくったということにも、おもしろいです。

好きなものを集めるといっても、茶道の「茶箱」にはいろいろな「本来ならば・・・」が存在することがあるようですが、「そんなのどうでもいいよ。」と言える男の人の大胆さがカッコよすぎます。

この本が出版されたのが2004年です。この対談のときからもう15年近く経っています。今の彼らが集まったらどんな会話がなされるのだろうと思っています。

この対談を久しぶりに読んで、「茶道」に対してちょっとモヤモヤした気持ち(お茶会でのおばさんたちの正客を巡る醜い争いを見たときのなど)を持っていた自分がバカらしくなりました。

もっと違う次元で「茶道」を楽しんでいきたいと思います。