読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

茶箱 茶道★和菓子★展覧会 

茶箱の中は好きなモノでいっぱい!

和菓子屋 東京 日本橋老舗の「榮太樓總本鋪(えいたろうそうほんぽ)」の日本橋まんじゅうに癒される。

毎日風が冷たいし、寒いし・・・。

土曜日が祝日で「くやし~」と感じた週末。

ふ~~と落ち着きたい日には、

見た目も、味も、優しい和菓子に癒されたいです。

お店:東京 日本橋の榮太樓總本鋪(えいたろうそうほんぽ)

日本橋の和菓子屋さんといえば、榮太樓總本鋪(えいたろうほんぽ)をすぐに思い浮かべる人も多いはずです。

赤い丸い缶に入った”榮太樓飴”は、誰もが一度は見たことがあると思います。

日本橋とともに、150余年。

紺藍染めの日よけのれんが目印。安政4年の頃から変わらず日本橋の袂で営んで参りました。

榮太樓總本鋪ホームページより

安政4年といえば、徳川家定(13代)が将軍の頃、老舗中の老舗のお店です。

和菓子を入れてくれた袋も、何気にかわいくておしゃれです。

お菓子:日本橋まんじゅう 林檎あん

みるく風味日本橋まんじゅうの林檎あんバージョンで期間限定商品です。

プレーンのみるく風味日本橋まんじゅうは、何回か食べたことがあるのですが、林檎あんの日本橋まんじゅうは初めて出会いました。

包装袋の林檎が、かわいい。

これからの季節は、桜あんの日本橋まんじゅう(期間限定)が出てくるようです。

こちらもおいしそうです。

食べてみる

平べったいおまんじゅうです。

みっちり”林檎あん”がつまっていて、餡の中には、リンゴがコロコロ入っています。

シンプルな、優しい味です。

食べるとほっこりします。

バターの味が思ったよりも強く感じますので、和菓子というより洋菓子のような感じがします。ちょっとバターが強めなので好き嫌いが分かれると思います。

中身の知らない旦那さまは”白味噌ぽい”と言っていました。

プレーンの「ミルク風味」の方が、万人受けすると思います。

おススメ度(★5満点)★★

お茶席で出されても、しっとりしているので、菓子切りですっきり切ることもできます。

サイズは小さめですので、3口程度で上手に食べられます。

個包装ですので、お土産やプレゼントにも喜ばれそうです。

紋様:つぼつぼ

まんまるな和菓子に「つぼつぼ」紋様のお茶碗を合わせてみました。

裏千家のお茶会でいただいたお茶碗です。

初めて「つぼつぼ」を聞いた時には、へんな言葉だな~と思っていました。

どうやら、表千家、裏千家、武者小路千家で「つぼつぼ」の組み合わせ方がちがうとのことです。

おもしろ~い。

紋様の意匠の一つで、三千家家元の替紋。

千宗旦(せんのそうたん)が伏見稲荷を信仰していたことから、初午の土産物として同社の境内で売られていた田宝(でんぽ)を模したものといわれています。

淡交テキスト 茶の湯お稽古必携1月号より