読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

茶箱 茶道★和菓子★展覧会 

茶箱の中は好きなモノでいっぱい!

寛永寺の御朱印をもらったから2017年は徳川YEAR(サラダ記念日風に)

東京に住んでいると、江戸時代を築いてきた『徳川家』をちょいちょい感じます。

私は、今年の元旦に寛永寺で御朱印をもらいました。

なので、今年は私の中で勝手に徳川YEARとしました。

徳川将軍15人を一気に身近に感じるために、2つの寺(寛永寺と増上寺)をめぐりました。

上野の寛永寺

賑やかな上野公園から少し離れたところにあり、普段からあまり人がいないです。

静かでひっそりした感じもします。

 あちこちに葵の御紋がついています。

ここのお寺に眠っている徳川将軍は、

東京国立博物館裏手の寛永寺墓地には、徳川将軍15人のうち6人(家綱、綱吉、吉宗、家治、家斉、家定)が眠っている。

[Wikipediaより]

家綱は4代目、綱吉は5代目、吉宗は8代目、家治は10代目、家斉は11代目、家定は13代目です。

そして、そばにある谷中霊園には15代将軍の慶喜のお墓があります。

通常は、非公開の徳川将軍御霊廟ですが、公式ホームページによると、申し込みによって特別参拝できるようです。

芝の増上寺

東京タワーのすぐ近くにあります。

見えてきました。さっそく徳川家の葵の御紋も見えます。

東京タワーをバックに。

誰が写真を撮っても、かっこいい写真が撮れるほどのナイスな配置です。

徳川家霊廟は、同じ敷地内の奥にあります。

「鋳抜門」があり、この奥に墓所があります。

 

増上寺には、二代秀忠公、六代家宣公、七代家継公、九代家重公、十二代家慶公、十四代家茂公の、六人の将軍の墓所が設けられています。

増上寺公式ホームページより

墓所は見ることができます。

概要

【拝観受付時間】10:00~16:00(最終入場15:45)
【受付】徳川霊廟前 チケット札所
【拝観冥加料】大人500円(高校生以下無料)

定休日

毎週火曜日(祝日の場合、通常通り公開、拝観可)は、定休日となっております。

増上寺公式ホームページより

 

年末に行った湯島聖堂も徳川家と関連ありでした。

www.pooh70.com

 徳川将軍についてもっと知りたい!

徳川YEARの手始めに、徳川将軍たちについて知ろうと思います。

徳川15代将軍を覚えた学生時代が懐かしいですが、今は15人の名前すら言えない私です・・・。

悲しい現実を打破すべく、さっそく読んでみたい本をアマゾンでチェックしました。

①『TOKUGAWA15徳川将軍15人の歴史がDEEPにわかる本』

「江戸検定1級」に最年少で合格した堀口さんが将軍15人の素顔を描きだした本です。

タイトル・表紙がおもしろいです。

15人の将軍たちがアイドルグループみたいです。

すごく新しい目線で、歴史を語ってくれそうです。

TOKUGAWA 15(フィフティーン)  徳川将軍15人の歴史がDEEPにわかる本

TOKUGAWA 15(フィフティーン) 徳川将軍15人の歴史がDEEPにわかる本

 

② 『徳川将軍家十五代のカルテ 』(新潮新書)

新書なので読みやすそうです。

作者の篠田さんはお医者さまなので、医学的な見解が書かれていそうです。

(タイトルもカルテですし。)

戦いの無かった平和な江戸時代は、現代と同じくみんなの話題は”健康”だったのではないかと思います。

将軍たちは”健康オタク”なんじゃないかな~と想像します。

徳川将軍家十五代のカルテ (新潮新書)

徳川将軍家十五代のカルテ (新潮新書)

 

 教科書では学べない徳川家を知ることができそうです。

 たのしみ。