茶箱 茶道★和菓子★展覧会 

茶箱の中は好きなモノでいっぱい!

京都の「北野天満宮」といえば。秀吉の「北野大茶湯(きたのおおちゃのゆ)」

東京で暮らす毎日のなかで、京都の行事については、テレビのニュースで見る程度のことしか知りません。

茶の湯を楽しむものとしては、京都で行われている茶の湯関連の行事については目を向けたいものです。

なぜなら、その行事に関することが、『銘』になったりもすることも多いのですし、知識も増えるからです。

京都の日常に溶け込む茶の湯を感じていきたいです。

先日おこなわれた「北野天満宮」の茶道の行事と、安土桃山時代に同じ場所で秀吉が行った「北野大茶湯会」について調べてみました。

 北野天満宮での行事

11月26日 御茶壷奉献祭・口切式 (おちゃつぼほうけんさい・くちきりしき)

12月1日の献茶祭で使用するお茶の葉を奉納する祭典。宇治をはじめ京都各地で生産された碾茶(てんちゃ)は茶壷に詰められ、産地ごとの唐櫃(からびつ)に収めて運ばれます。一の鳥居から本殿まで茶摘み娘の先頭によるお茶壷行列は、多くの見物を集める晩秋の風物詩。10時45分から一の鳥居前を出発します。茶壷は神前に供えられたのち、古式ゆかしく口切式が執り行われます。

12月1日 献茶祭(けんちゃさい)

豊臣秀吉公が天正15年(1587)10月1日に催した「北野大茶湯(きたのおおちゃのゆ)」に由来する400年の歴史をもつ祭典。11月26日の御茶壷奉献祭・口切式で奉納された碾茶(てんちゃ)をひいて用います。京都の4家元2宗匠(藪内家・表千家・裏千家・武者小路千家・堀内家・久田家)が6年毎に輪番で奉仕し、神前に供える献茶式を行った後、境内では各所に茶席を設け、ご参拝の方もお茶を楽しむことができます。拝服茶券は11月上旬から配布しています。

引用:北野天満宮ホームページより

 北野天満宮は京都駅からちょっと離れたところにありますが、

梅の時期は有名ですのでこの頃訪れる人が多いです。

秋には、紅葉を楽しめます。

もみじ苑公開 

10月下旬~12月上旬(ライトアップは11月中旬~12月上旬)

[入苑時間] 9時~16時、ライトアップは日没~20時
[入苑料] 大人700円・こども350円
茶菓子付き(利休居士が考案したと伝わる麩の焼を再現したお菓子)

 入苑料には、苑内の京都の有職菓子御調進所「老松」さんの茶店にていただける「北野大茶湯」(太閤豊臣秀吉公が催した茶会に因んだ茶菓子)も含まれます。

参考:北野天満宮ホームページより

 北野大茶湯(きたのおおちゃのゆ)とは?

f:id:pooh70inu:20161127194352j:plain

秀吉(50歳)の発想をもとに、利休(66歳)がプロデュースしたイベントです。

 九州征伐を終えたこと、京都の聚楽第の落成を祝うために行われました。

それよりも何よりも「秀吉の権威を象徴するもの」として行われたと考えた方がよさそうです。 

 日程:天正15(1587年)年10月1日 

   本来は1日~10日までの10日間の予定。

 場所会場:北野天満宮の境内から松原にかけてのオープンスペース(屋外)

 告知:開催2か月前には京都、堺、奈良などに高札が立てられます。

一、京都北野天満宮の松原で十月一日から十日間、天気が良ければ大茶会をなさいます。高価な茶道具もたくさん揃えて、茶の湯の心得のある者たちに、お見せくださいます。

一、茶の湯の心得のあるものは、下級武士、商業農業従事者でも、釜一つ、つるべ一つ、飲み物一つ、茶を持たない者は大麦、米などを炒って粉にしたものでもかまわないから、持って参加しなさい。

一、座敷は松原で行われるので畳二畳、ただし、侘び茶人はムシロでもかまわない。

一、日本人は言うまでもなく、茶の湯の心得のあるものは外国人も参加しなさい。

一、遠くからの参加者のために、十月一日から始めることに延期されました。

一、このようにおっしゃるのは侘び茶人たちのためにお考えになったので、今回参加しないものは、今後、こがし(大麦や米を炒った粉)を白湯にといて飲む事も禁止なさいます。

一、侘び茶人には誰にでも秀吉様のお点前でお茶がふるまわれます。

                           以上

引用:『千利休』清原なつの著

 すごい内容の告知文です。

告知だけの文章でも、一般の茶を楽しむ人はびびります。

この時代には、茶の湯をたしなむ外国人がいたんだな~と驚きました。

北野大茶湯 当日のぞいてみましょう

f:id:pooh70inu:20161127194359j:plain

北野天満宮の拝殿には、秀吉の黄金の茶室を中心に平三畳の茶室が左右に置かれ、自慢の名物道具が置かれます。

黄金の茶室は組み立て式の茶室で、天井・壁・柱・障子の桟までもが黄金だったものです。天正14年にはこれを内裏に持ち込んで茶の湯を行った記録があります。

一般市民や、貧しい茶人も名物を見ることができたので、一目見ようと参会者が列をなします。

拝殿の周囲には、秀吉、利休、今井宗久、津田宗及の茶席が設けられ、それぞれが自ら茶をふるまいます。

なんと参会者はくじ引きによって茶席を選び、彼らの茶を楽しむことができます。

 800の茶屋(1500もの席ともいいます)が松原一帯には並び、参加者は1600人ともいわれます。 

身分の差が大きかった戦国時代に、

天下の秀吉公が持つ”国宝クラスのお道具”が並ぶのを見られる。

しかも、

秀吉自らお茶を点てて、茶をふるまう。

考えただけでもあり得ないイベントです。

北野大茶湯の逸話

●武将の福島正則と加藤清正の二人が門番を務めた。

有名人が門番なんて、恐れおおいです。

長五郎餅(ちょうごろもち)

この日に秀吉に献上したところ気に入ったと伝えられます。

菓子屋の名前をとって「以後「長五郎餅」と名乗るべし」とお墨付きをもらったといいます。

現在も、長五郎餅本舗(北野天満宮のお膝元にあります)でこの餅が楽しめます。

細川忠興(山斎さんさい)は、菅原道真の姿が現れたという伝説の松(菅公影向かんこうようごうの松)のもとに茶席を設けます。

北野大茶湯で秀吉の気に行った茶席

f:id:pooh70inu:20161127194528j:plain

午前中に茶事を切り上げた秀吉は、午後に茶席を見物して歩きます。

そこで、ノ貫(へちかん)の朱塗りの大傘の席に目をとめ、たいへん気に入りました。

ノ貫(へちかん)は、釜一つで茶を楽しむ侘び茶の奇才です。

利休とも交流があり、利休を茶事に招いた際には、落とし穴を掘ったといいます。

落とし穴に落ちた利休は、夏の茶事で泥でよごれた客のために湯が沸かしてあり、さっと汗を流して、ノ貫(へちかん)が用意した粗末な着物に着替えて茶事をした。という話があります。 

すごい、おもてなし。

考えるノ貫(へちかん)もすごいけれど、趣向を理解して?ちゃんと穴に落ちてあげる利休もすごいです。

成功に終わった北野大茶湯だが・・・

茶会は1日で終わってしまいます。

表向きの理由としては、「肥後の一揆がおこった」ことといいます。

しかしながら、当日には1日限りと決まっていたことなどから、

秀吉の気持ちが利休やから離れていたこと。

イベントを成功させた利休の存在自体に脅威を感じつつあったのではないかともいわれています。

秀吉が利休に切腹を命じる4年前のことです。

 

大きなイベントを終えたのに、

なんだかすっきりしない秀吉の姿

年齢も重ね自分の思う茶の道を思いっきり進みたい利休

が目に浮かびます。

 

今度京都にいったら、

利休と秀吉を想いながら、北野天満宮を訪れて長五郎餅を食べたいです。