読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

茶箱 茶道★和菓子★展覧会 

茶箱の中は好きなモノでいっぱい!

ソニービル ●茶室登場●本屋「EDIT TOKYO」

銀座のソニービルに茶室登場

5Fのソニーイノベーションラウンジにて

ソニーイノベーションラウンジは、ソニーのチャレンジ精神や遊び心から生まれる今までにないカテゴリーやプロダクトを体感できるフロアです。
ソニービルディング フロアーガイドより

このフロアーにかわいらしい、おもしろい、かっこいい茶室が登場しています。

展示期間:2017年1月下旬を予定しています。

どこまでもあたらしい場所にしよう。

「市中の山居」
かつて千利休などの茶人たちは、都会の生活のなかに自然に近い空間をつくることによって、理想の暮らしを仕立て、その対比を楽しんでいました。

どこか懐かしさがあって、落ち着く。

元数寄屋大工の建築家、佐野文彦氏とソニーは、永く培われてきた「茶の湯」の世界と、Life Space UXのコンセプトを掛け合わせることで、現代の日常生活に、田舎の風情や静寂のある「新しい日本の居住空間」をご提案します。

とキャプチャーにありました。

たしかに。
ソニーの商品をフルに活用した現代的な空間でありながら、素朴なすっきりした空間
が広がっています。
おばあちゃんの家にいるようで、都会のハイタワーのマンションの一室にいるような。

銀座のビルの中とは思えない気持ちの良い空間が広がっていますので、ぜひ体験してみてください。

面白い仕掛けもあります。

床の間の掛け軸

ポータブル超短焦点プロジェクターで掛け軸に映像を投写しています。
掛軸が時間によって変わります。
実際のお茶を点てていて、最初と最後で掛軸が変わっていたらと思うと面白いです。
いつ 変わったの!

床の間の仏像

f:id:pooh70inu:20161116171023j:plain
ウォークマン聴いてる?
かわいい。
仕事場の机に欲しいな。

茶人ポーズ

茶室の中で、茶人カード(茶室の入口にあり)に書かれているポーズと同じポーズをして写真をとることもできます。
インスタグラムにあげると「茶人カード」なるものがもらえるそうです。
残念ながら、私は恥ずかしくて体験できませんでした。

茶室の茶道具も斬新

f:id:pooh70inu:20161116170954j:plain
茶入 リンゴのような形のもキラキラでかわいい。
風炉 破れ具合がかっこいい。割れたての恐竜の卵みたい。
おしゃれなインテリア雑誌に載ってそうな組み合わせです。


5Fから階段でつながっている6Fには本屋さんができていました。

6F 本屋「EDIT TOKYO」


11月1日(火)から始まった、本屋「B&B」さんが5か月の期間限定で営業する小さな本屋です。

東京・世田谷区北沢にある「B&B」さんは今、注目されている書店です。
共同代表者の内沼晋太郎さん。
「B&B」とは「Book」&「Beer」の略で、本を読みながらビールが飲めるというコンセプトだそうです。

本屋「B&B」の特徴は、
オープン以来毎日イベントを開いていることです。

ネットでクリックひとつで本が買えて、届く今。
毎日のイベントはその日『B&B』に来ないと体験できないものですし、そこで、そのイベントに関連する『B&B』で買う
という本を介したコミュニケーションができるのは嬉しいですよね。

ソニービルの本屋「EDIT TOKYO」

本だけでなく、雑貨もおいてありました。
コンセプトは「東京を編集する本屋」だそうです。

なんと、
平日の営業日ちょうど100日。
100人の編集者のみなさんと一緒に100回のイベントを開催するとのことです。
すごい!!試みです。

平日の夜7時から9時。
さまざまな、各方面の一流の方々が登場します。
自分の興味のある方もきっといるはずです。

ソニービルの公式ホームページには講演会の内容、申し込みがあります。
要チェックです。
チケットはおおよそ2000円みたいです。

ソニービルは2017年4月1日から解体が始まります。

私も高校生の頃からお世話になった「PLAZA GINZA」(その頃は「ソニープラザ」)とお別れだと思うとさみしいのですが。
さよならまでまだ時間がありますので、思う存分楽しんでおきたいです。