読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

茶箱 茶道★和菓子★展覧会 

茶箱の中は好きなモノでいっぱい!

水曜日のカンパネラ『千利休』 山代温泉 九谷焼

コムアイさんという女の子がボーカルをつとめるヒップホップユニット 

水曜日のカンパネラの歌に『千利休』

があります。

かわいいコムアイさんがのりのりで、茶筅をもって、千利休?お茶を題材に歌ってくれています。

しつこいようですが、かわいいコムアイさんがポイントです。これが、阿佐ヶ谷姉妹が高らかに歌い上げると「う~ん、やっぱりお茶、千利休」となってしまうのです。(ごめんなさい阿佐ヶ谷姉妹。個人的には好きです。)

 

パンチのある歌詞

この一文がぐっときます。

大事な問いかけに 俺はお茶を濁したまま 明日を掴み取る 千利休

水曜日のカンパネラ『千利休』歌詞より

なんとなく利休が秀吉に政治のこと、茶道のことを問いかけるけれど、秀吉ははっきり答えられない。

そのうちに、利休はどんどん自分の茶道を極めてしまい、自分の思った道を進みだす。

どんどん秀吉をおいて、秀吉と考える方向とは違う方向に、秀吉の届かないところに行ってしまう利休。

それが、秀吉にはおもしろくない。みたいな感じをイメージします。

 

歌詞にはいろいろな意味があるのだろうけれど、新しい茶道に果敢に挑戦した「千利休」へのリスペクトを感じます。

ミュージックビデオの舞台は

舞台は山代温泉です。

今年の夏に旅行にいったばかりでしたので、「おお!」と感動、「ここ行ったよ!」とひとりつっこみをしてしまいました。

山代温泉は金沢からほど近い場所にあります。金沢でのお買い物に疲れたら、温泉でゆっくりできます。

山代温泉の注目 九谷焼

山代温泉九谷焼で有名な町で、専門店が多くあります。

九谷焼の特徴は、「呉須(ごす)」とよばれる藍青色で線描きし、「五彩」とよばれる、赤・黄・緑・紫・紺青の5色での絵の具を厚く盛り上げて塗る彩法です。

金沢市公式ホームページより

クタニシール

おもしろいものを発見しました。

クタニシールです。

上出長右衛門窯と丸若屋のワークショップブランドで、コンセプトは、九谷焼をみなさんの身近にということです。

陶器の絵付け体験はよくありますが、このワークショップでは白い器(九谷焼)に、あらかじめ印刷された絵柄をシールのように器に貼って(転写技法)、自分だけの九谷焼をつくります。作品はその後、窯で焼成してくれます。

なんとこの 

自分だけの九谷焼をつくることが出来る工作セット

「上出長右衛門窯ネットショップ」で販売していますので、気軽に挑戦できます。

絵を描くのが苦手でも、シール(絵がかわいいのが、また嬉しい!)を貼るだけで、本格的なかわいらしい自分だけの九谷焼がつくれるなんて、素晴らしいです。

東京でのワークショップも随時あるようですので、まめにチェックしようと思います。

山代温泉 ミュージックビデオに出てきた場所

水曜日のカンパネラ『千利休』のミュージックビデオに出てきた場所を紹介します。

  • 山代温泉総湯

町の中心にある浴場。大浴場の壁面は、九谷焼のタイルだそうです。

総湯の周りの街並みを歩く昼のシーンと夜のシーン、それぞれ素敵です。 

  • はづちを楽堂

カフェやお土産ショップもあります。ちょっと一休みに最適な場所です。

  • 茶室永楽庵

「べにや無何有 むかゆう」という宿泊施設の中にあります。ミュージックビデオの中でしか見てないのですが、木々におおわれた素敵な茶室です。

 

www.yamashiro-spa.or.jp