茶箱 茶道★和菓子★展覧会 

茶箱の中は好きなモノでいっぱい!

ハロウィンバック風に刺繍してみたら…

ハロウィンバックを作りました。

f:id:pooh70inu:20161031093013j:plain

お菓子をいっぱい入れられます!

と言いたいけれど、このバックすごくミニサイズです。持ち手を含めてもポストカードぐらいの大きさしかありませので、大きめのあめ玉は3個ぐらいしかはいりません。
チョコレートをいれて、お友達にプレゼントしました。

制作について

フェルト生地を使ったので、簡単に仕上がりました。
刺繍を含めて制作時間は2時間程度。
刺繍が久しぶりで、アウトライン・ステッチにだいぶ苦戦してしまいました。

反省点

いつもなのですが家にある刺繍糸で刺繍するため、お手本の刺繍とだいぶ雰囲気がかわってしまうことです。
やはり、お手本の先生の刺繍はセンスが良いのです。
刺繍糸はものすごい種類があり、黄色でも微妙に色がオレンジに近い明るい色、渋い日本的な黄土色、軽い感じのレモン色、うすいクリーム色のようなものがあり、どれを選んで、どれと組み合わせるかで大きく完成がちがってきます。
毎回、先生が選んでいる刺繍糸を使おうと思いつつ、自分の好みの色を選んだり、似た色で残っている刺繍糸をつかおうと思ってしまい、結局自分的刺繍になってしまいます。
それはそれで楽しいのですが・・・。
今回もオレンジと言うよりも黄色を使い、へたの部分ももっと渋いグリーンを使用すべきだったのですが、明るいグリーンを使っています。
かぼちゃの実の部分を黄色でチェーンステッチで刺繍しているときは、ミカンのようでした。


ちなみに勝手に先生と呼ばせていただいているのは、樋口愉美子さんです。
樋口さんの刺繍は、センスがよくて本を見ているだけでも楽しくなります。2年前に偶然本屋さんで見つけてからの大ファンです。
色の選び方や組み合わせ方が、上品でありながらかわいらしく、年齢を問わずに楽しめると思います。
今回は、樋口愉美子さんの『樋口愉美子のステッチ12か月』の中のハロウィンパンプキンを参考にさせてもらいました。

(追記)
樋口愉美子さんのデザインで刺繍したものをまとめてみました。かわいいデザインが揃っていますので是非読んでみてください。

www.pooh70.com