茶箱 かわいいを探せ!

かわいい和菓子・かわいいスイーツ・かわいい美術展・かわいい日本文化

茶道 秋の茶花

f:id:pooh70inu:20161022224930j:plain



f:id:pooh70inu:20161022223243j:plain



f:id:pooh70inu:20161022223250j:plain


秋明菊 藤袴(ピンク・白)
我が家(実家)の庭で父が育てている花。ちょっと地味だけど、かわいいです。この2つの花は『茶花』としてよく使われます。

茶室に入るといきいきと「生」を感じるのが『茶花』です。
その時に野に咲いてるように生けるといわれます。洋風のフラワーアレンジメントの華やかさはありませんが、質素で謙虚な美しさがあるように思います。
『茶花』は茶室の中でも目立つ床の間に飾られ、茶の湯のお道具、掛け軸とともに「総合芸術」の一部といわれます。


茶の湯のなかで『茶花』とはどのような風に考えられているのでしょうか。「野にあるように」季節の花を組み合せた花を簡素に飾ればよいと思っていましたが、ただそれだけではなさそうです。今まで、季節の花の名前を覚えることに懸命になっていましたが、もう一歩いえ基本に戻って『茶花』について知っておきたいと思います。


花は野に咲いているような自然な姿が理想とされていますけれど、茶室の調和を乱さないよう組み合わせるので華美になりすぎないのがいいんです。
茶人の花崇拝は茶道の一部にしかすぎず、生け花は茶室内の他の芸術品と共にただひたすら周りのものと合わせて活けられるのです。そのため、庭に雪のあるとき白梅を用いてはならないと定められたりけばけばしい花は茶室に置かれないのです。なので茶人の生け花は茶室を離れると無意味なものになってしまうのです。 

茶人の務めは花の選択までで終わりとしています。
花に茶室での情緒を語らせるからです。
想像してみてください。晩冬のころ茶室に入ると山桜のか細い小枝に蕾の椿が配してあるのを。
これは逝く冬と春の訪れを表しています。
茶道の心得として語りつがれている利休の言葉にも「花は野にあるように」というのがあります。
一輪の花一枝の茎に野に咲く花の美しさを盛り込むことに真の意味があるのです。
『茶の本 まんがで読破』 原作:岡倉天心 企画・漫画:バラエティ・アートワークス

もう1冊の本を読んでみます。そこでは、『茶花の形とそのこころ』として、

ひとくちでいえば、『茶花』とは生け方を決めず、種類を限らず、季節にこだわらないものである。
生け方を決めないのは、その日の席の趣向によって、花はどのようにでも姿を変えるからである。
生け方がこうだから、まして『茶花』には種類が限定されることなどあろうはずもない。ただ茶席は客をもてなす場である以上、客への配慮にそむく花は持ち込まれない。暗い席に花色の暗い花は合わないし、茶室という狭い空間に香気の強すぎる花も遠慮されるだろう。
そして『茶花』は季節さえもこだわらない。茶席の花は本来野の花を主体としているから、当然季節に伴って咲いている。一輪の花が席に入れられる時、それは大自然の象徴として受け取られるが、しかしその花が季節を演出するのではない。自然そのものの姿を見せようとして、生けた人はこの花を今日選んだに過ぎないのである。
『茶花の入れ方がわかる本』 田代道彌

『茶花』とは

この二つのについての考えは、根本的には同じことを語っています。(もちろん言い方はちがうけれど)
客をもてなすために花を選ぶこと。どんな花が生けられているのかは、亭主の趣向はどのようなものなのかを考えるきっかけにもになります。
茶室、茶の席に調和する花を選びこと。華美になりすぎることはないし、タブーとされる香りのあるものを選ぶこともなくなります。その花は、その茶室の中だけで意味をもつものなのになるのです。(ちょっとさみしい)
そして、自然そのものの美しさを見せるように生けること。「花は野にあるように」つまりは、野に咲いているときに生き生きとした花を茶室のなかで生かす。ということなのだと思います。

勘違いしていた『茶花』

実は、花は季節を演出するお道具のひとつとして考え、花の名前や種類を覚えていた自分に気づきました。花はお道具や掛け軸とは違い「生」をもった生き物であることを忘れかけていた自分が情けなく思います。亭主が客のために選んでくれた、その時だけ(一期一会)の花をもっと興味をもって鑑賞できるようになると思います。『茶花』としてよく用いられる花の名前や、飾ってはいけない花、生け方について知ることももちろん大事ですが、それは本当に基本の基本であり、茶の湯をさらに楽しむことのできる知識にしかすぎないのかもしれません。

普段の生活に花を飾る時

まずは、生活空間(リビング、寝室、トイレ、玄関)に似合う花を選びます。また、花を選ぶ時は自分の好みもありますが、一緒に暮らす人の好みも考えて飾ります。特に人を招く時は、お客様の好みやその人が不快に思わないもの(香り、花粉)は飾りません。小さなお子様が来ることになれば手の届かな場所に飾る、敢えて飾らないという選択もします。
普段から『茶花』の根本的意味を理解しつつ、楽しみながら花と一緒に生活できればいいなと思います。