茶箱 かわいいを探せ!

かわいい和菓子・かわいいスイーツ・かわいい美術展・かわいい日本文化

茶道 茶室のあしらえ

10月も後半です。茶道の世界では11月から茶室のあしらえ(お手前も)が変わります。茶を差し上げる方(亭主)も客の方でも、半年間お世話になった「風炉」を思う存分楽しみながらも、また半年会えないのかとさみしく終わりだなとちょっとさみしくもなりつつ、11月は新たな気持ち「炉」でスタートさせることが楽しみにもなります。10月はそんないろいろな気持ちが入り混じるあいまい?なシーズンです。

そんな10月は茶の湯の世界では、「名残りの月(なごり)」といい、感じることになります。「なごり」ってなにか胸に響く言葉です。こんな言葉を聞くと、日本語の美しさに感動することができます。

 

11月から4月

茶室の畳の一部を切りとって床下に作られた小さな囲炉裏、「炉」に釜がかけられる。

 「炉」は立冬(11月7日ごろ)立夏(5月6日頃)に閉じるのが一般的。

5月から10月

「風炉」と呼ばれる移動式の炉を使って茶室の隅に釜を置く。

『「茶の湯」入門』 一個人編集部より

 

寒い時期の「炉」では、客の近くに釜を置いて暖かくもてなし、暖かい(暑い)時期の「風炉」は客から火を遠ざけて涼を演出するします。何事もおいしく茶を飲むためのであり、客に対しての気配りが感じられるようになっているのです。

 

さらに、10月は季節的にもだいぶ秋も深まり寒い日も多くなることから、「風炉」のなかでも「中置」といい、釜の置き場所が少し移動します。釜を普段の風炉の位置よりも客に近付けて暖かさを感じてもらえるようにと考えているのです。本当に、ちょっとしたことですが、茶の湯って「考えられているな~」「気配り上手だな~」と感動します。

 

お茶会に行ったとしたら時期によって、同じ茶室であっても全く違う風景、あしらえに出会うことになります。驚かないように知っておきたいです。そして、そのおもてなし・気づかいに感謝できるようしたいです。

 

初めて「炉」と「風炉」を知ったときには、客のことを考えて茶室のあしらえさえも変えるという、この茶の湯のおもてなし精神に驚きましたが、このことは現在、私たちが特別に行っていることでもなく、自然に季節にあわせて部屋のインテリアを変えているのと同じなのではないかと思うのです。

普段の生活の中で、クッションカバーやカーテンを暖かい色、生地のものに変えてみる。部屋にほっこりするような絵を飾ってみる。といったことは多くの人が行います。

これらのことは、自分や家族、我が家を訪ねてくれる人を考え気づかいながら、何かを新しくする、変化をさせることでもあります。さらに自分も楽しめる生活の変化だと思います。

茶の湯は、決して遠い世界のものではなく、だれもが身近な生活に活かせるものであると考えていきたいと思います。