茶箱 かわいいを探せ!

かわいい和菓子・かわいいスイーツ・かわいい美術展・かわいい日本文化

茶道 茶道の歴史

茶道のお稽古に行くと、習っている方の多くは女性です。もちろん男性もいるのですが、圧倒的にどの世代も女性の方が多いと思います。歴史ドラマや映画では、お茶を飲みながら政治の話をするシーンなど男性の文化のイメージがあります。特に秀吉の時代には政治にも大きな影響を及ぼした話は有名です。

どのようにして茶道は始まったのだろうか?千利休が信長、秀吉に仕えていて、茶道という文化的なイメージが強いものが、なぜ政治とつながるのか?それって、高校の茶道部の部長が、学校を引っ張るリーダーの黒幕になっているような関係(マンガでありそう!)なんだろうか。そして、財界人はなぜ茶道にはまったのか?を考えてみようと思います。

 

茶道の歴史をみることで謎を解いていきます。

お茶の始め

日本でお茶が飲まれ始めたのがいつかははっきりわかっていない。

史料的には、奈良時代の正倉院文書に茶という植物が市で売られていること、『日本後紀』に嵯峨天皇が僧・永忠からお茶をいただいたことが記されている。

平安時代にはさまざまな仏教行事において喫茶が貴族や僧侶の間で継続されたが、まだお茶の生産が少なく庶民が飲むほどではなかった。

 

鎌倉時代

臨済宗を広めた栄西が宋から喫茶法を日本へ持ち帰り、その後『喫茶養生記』を著す。きっかけは将軍実朝の二日酔いを治したこと。この中で、抹茶の飲み方や薬としての効能を紹介し、世間に喫茶文化が広がる。

茶の生産量が増える。喫茶そのものも庶民の間にも広がる。

鎌倉時代の末期、茶の種類を飲み当てる「闘茶(とうちゃ)」が武士階級で流行る。

 

室町時代

『喫茶往来』の中で初めて「茶室」という言葉がでる。

伝説の茶人珠光(じゅこう)が精神性を説いた茶の湯を起こす。

 

安土桃山時代・戦国時代

千利休が堺の豪商・武野紹鷗(たけのじょうおう)に師事し、侘び茶を学ぶ。

織田信長の茶頭を千利休、今井宗久(いまいそうきゅう)・津田宗久(つだそうぎゅう)が務める。

信長は茶の湯の力に注目する。「名物」と呼ばれる茶道具が、国ひとつに匹敵するほどの価値があることに注目し、京都や堺の名物道具を買い上げ、収集する「名物狩り」を行う、その買い集めた茶道具を家臣に恩賞として与えた。また、家臣に茶会を開くことを禁じ、茶の湯を許可制にするなど政治の手段とした。当時褒美として茶の湯の開催を許された秀吉は涙を流して喜んだという。

信長は、国を統治する新しい方法として、茶の湯を積極的に政治に取り込み、世の中を統治するための手段、自らの政治基盤を強固にするとして使った。「茶の湯御政道」である。

信長ってすごい!

茶の湯は、政治と直結した重要なものになっていた。茶の湯文化が世の中を支配するひとつのメカニズムとして機能していた。

千利休はその後、秀吉の茶頭になる。秀吉は信長の「茶の湯御政道」を継承していき、更にその力は強くなっていく。秀吉自身が、文化的側面としての茶の湯にはまっていったことも興味ぶかいなと思う。秀吉は、黄金の茶室をつくり、北野大茶会を開くといった現在にも話題に残るほどの茶の湯を楽しんだことがわかる。

秀吉の命により利休が切腹。

 

江戸時代

小堀遠州(こぼりえんしゅう)らが茶の湯の発展させる。

古田織部(ふるたおりべ)は戦国武将であり茶人。利休の茶道を受けつきながら自由で奇抜な茶の湯を表現した。徳川秀忠に点前を伝えたことから茶湯名人になる。大阪夏の陣の際に、スパイの嫌疑をかけられた切腹。

戦国時代が終わり、武芸が立身出世の道具ではなくなった。徳川二代将軍秀忠が茶の湯を好み、数寄屋御成り(すきやおなり)を行り、武士たちが茶の湯を学び始め、茶の湯が武家の教養の一つとなる。

利休の孫千宗旦(せんそうたん)の三男江岑宗左(こうしんそうさ)の表千家、四男仙叟宗室(せんそうそうしつ)の裏千家、次男一翁宗守(いちおうそうしゅ)の武者小路千家の三千家が成立する。

 

戦国時代のような創造性のなくなり、道具に対しての興味が高まる。

松江藩主、松平不昧が名物道具の図説『古今名物類聚』(ここんめいぶつるいじゅう)を著す。

井伊直弼が茶の湯の研究書『茶湯一湯集』を著す。

 

明治時代

明治維新のなかで、茶道が一時期衰退する。

三井物産設立者の益田鈍翁(ますだどんおう)や実業家の原三渓(はらさんけい)などの財界の大物が名物道具を収集する。現在の茶の湯を楽しめる美術館の多くは、実業家・財界人のコレクションによるものである。

茶の湯が興隆する。

岡倉天心が『THE BOOK OF TEA』茶の本をニューヨークで刊行する。

 

明治以降

女子教育に茶道が取り入れられていく。男性の文化であった茶の湯が、女性中心の文化に変化していく。

 

 参考文献

『「茶の湯」入門』 一個人編集社

『和楽ムック 茶の湯入門』小学館