読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

茶箱 茶道★和菓子★展覧会 

茶箱の中は好きなモノでいっぱい!

生活を豊かにするソロ活 バースディカードを書こう

友達のバースディが近いため、カードを贈ろうと思います。郵便を使って、友達に手紙を送ることが少ないので、送る方もワクワクします。だれかを思ってカードを買う、だれかを思ってカードを書く、だれかを思ってカードをポストに入れる。ただそれだけが、幸せに感じられるソロ活であり、またワンステップごとに楽しめるソロ活でもあります。

 

ステップ1:カード決定・用意

購入:カードが多く売っているお店は、事前に把握しておきます。いざという時に、すぐに買うことができるので便利です。まずはカードが用意できなければ、始りません。伊東屋 プラザ(以前はソニープラザ) 東急ハンズ 丸善 ロフトあたりの品ぞろえは確認しておきます。

カードを選ぶときの注意点

デザイン:購入時に最も大事にしていること。送る相手に合わせたもの、好きなものを選びたいです。色、キャラクターもの、和柄、風景、シンプルなもの、動物もの、飾るタイプのものなど多様な種類の中から選びます。ポストカードタイプか封筒に入れるものかを考えるのも必要です。ポストカードタイプだと内容が見えるので、ご家族と暮らしている場合気をつけます。

値段:相手が気を使わない程度のものにします。たとえば、後から会ってプレゼントを渡す、バースディパーティを開くなどの予定があるなら、簡単なものでもいいと思います。

メッセージを書くスペース:これも購入時に気をつけると、次のステップ(メッセージを書く)のが楽になります。

 

ステップ2:メッセージを書く

メッセージは案外悩むものです。大事なことは、マイナス的なことや消極的な内容は書かないことにしています。

さびしい空白が埋まらないときには

イラストを書く

かわいいイラストを真似して書いてみます。

シールでデコレーションする。

動物が食べ物を食べているように、動物が乗り物に乗っているようにシールを組み合わせて貼ります。

マスキングテープをつかってデコレーションする。

空白の角に貼るだけでも、一気にカードの空白は減ります!

 

ステップ3:郵便局へ行く

切手も事前に準備しておけば、ポストにいれるだけで送ることはできますが、郵便局に行くことで、記念切手を選んで貼ること、配達日を局員さんに確認、更には(お金がかかりますが)配達日の指定もできます。配達日は必ず注意します。誕生日の当日か、少し前に届けたいですから。

 

今回のソロ活中に、ユニバーサルスタジオジャパンに遊びに行っている友達からハロウィンカードが届きました。嬉しかった~。ポストに自分あての手紙が入っているのってほんとうに嬉しいです。(カードの請求書は嬉しくないけれど)お気に入りのお店のダイレクトメールだって嬉しいのだから、大切な人からの手紙は、幸せな気持ちでいっぱいになります。

 

 ~つなげたい カードがはこぶ しあわせを~

誰かにカードを送り、誰かからカードを送られる。そんな風に、幸せを循環させていきたいな。