茶箱 茶道★和菓子★展覧会 

茶箱の中は好きなモノでいっぱい!

ソロ活で靴下選び

f:id:pooh70inu:20161003221523j:plain

~服と靴 つなぐポイント が靴下~

あの小さな靴下ですが、全体のバランスを大きく左右する重要なキーです。

大人になってから靴下をはくことは、難しいことだと実感してます。
一歩間違えば、勘違いおばさんになってしまうからです。

今までの職場ではドレスコードがあり、必ずストッキングをはくことになっていたため、大人靴下は、職場を変えた去年からのデビューです。

男性陣にはびっくりかもしれませんが、ここ数年、靴下いやソックスというんだろうか?が、流行りで、パンプスやサンダルにもソックスを履いてもおかしくないい時代なんです。

靴下選び(購入)はけっこうたいへんなので、時間をかけてソロ活で取り組みます。
靴下の専門のお店、デパートの靴下売り場へ向かう前に事前確認からソロ活スタートです。
お店にはけっこうな靴下のレパートリーがあり、ふらりと入ると無駄にお金を使ってしまう場所でもあるので、事前に購入計画をたてておくことは大切です。

考えておくこと

★今持ってる靴下の把握

好みだけで購入していると同じような靴下が集まってしまうことが多いので、気をつけなくてはいけません。

★色

これも黒、紺、茶色、グレー、白は基本として揃えておきたいのですが、そのほかにグリーン、レッド、からし色などが気になる色です。

★デザイン

無地は使えるので必要ですが、その他にはストライプやチェック、水玉、格子模様、カラーブロックタイプなども注目して、靴下をファッションのポイントと考えてみます。

★長さ

靴から見えないタイプ。少し見えるタイプ。少し長めのタイプを考えます。ハイソックスは今のところ、家用のモコモコソックスのみ必要です。

★厚さ

春夏は透けるほどの薄さを選んでました。秋はもちろん厚手が中心ですが、あまり厚いと靴が入らなくなってしまうので注意が必要です。反対に大きめの靴に厚手の靴下をはくとちょうどよくなったりします。

★合わせる靴

スニーカ、サンダル、ひも靴(男靴といわれるようなもの)、ローファー、ブーツ(短めの)。
は必須条項です。

これらをふまえて靴下をさがすのですが、なんせけっこうな種類があるので、見ているうちに「これもかわいい」「こんなのもあるんだ」と冷静ではいられなくなるのが、毎回のパターンです。「ちょっと待ってて!靴下見てくる~」などと言ったら、もう最後。1時間近くは悩んでしまうのです。そして、バタバタ購入し、購入後家に帰って「なんだこの靴下?」と思うのです。
購入計画、購入、装着パターンの設定は、じっくり取り組む大切なソロ活です。

残念ながら、これだけじっくりソロ活で考え購入し、無事にお店から帰宅できてよかった~と安心はできないのです。なにせ、靴下は試着ができないのだから、まったく自分に似合わない、自分の靴に似合わないということはよくあることです。そんな時は、もうあきらめましょう。家の中で使えばいいのですから。

たかが靴下、されど靴下。
なぜなら、靴下ひとつでまったく雰囲気が変わってしまうのです。何度、出かける直前に靴をはいてから、靴下をはき直したことか・・・。
男性諸君!女性は靴下に気合をいれて選んでいるんだ。ということをお忘れなく。

なんで、私は夏の靴下整理、廃棄組、来年までさようなら組に区分け。そして秋もの靴下のお迎え準備ソロ活をします。