読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

茶箱 茶道★和菓子★展覧会 

茶箱の中は好きなモノでいっぱい!

読書

「あんこのことがすべてわかる本」を読んだ

和菓子に欠かせない食材「あんこ」。お芋や栗、抹茶などの相性もいいので和菓子に使いやすい食材です。 小豆がほくほく残っている「つぶあん」も、さらっとした舌触りの「こしあん」にも魅力があります。「しろあん」だとお上品な感じがします。 そんな素敵…

茶箱(茶道)の展覧会 東京銀座で『赤木明登 茶の箱展』に偶然出会う。

『赤木明登 茶の箱展』を見ました。 東京の銀座をぶらっとしていて見つけた展覧会。 数年前に見た本『茶の箱』を見てから、こんな機会が訪れるなんて!! 赤木さんの茶箱を見られると興奮してしまいました。感動です。 赤木さんは、雑誌などでよくお見かけす…

SOU・SOU(ソウソウ)で楽しむ抹茶と和菓子。マリメッコで活躍した脇坂氏がデザイナー。

たまたま本屋さんで見つけた本です。 和菓子にも、デザインにも惹かれて購入しました。 SOU・SOU 京菓子あそび 和菓子になったテキスタイルデザイン 作者: SOU・SOU,亀屋良長 出版社/メーカー: 世界文化社 発売日: 2017/02/03 メディア: 単行本 この商品を含…

江戸時代にタイムスリップ。『TOKUGAWA15(フィフテーィーン)』を読んだ。

気になっていた『TOKUGAWA15(フィフテーィーン)』を読みました。 江戸時代に詳しすぎるアイドル=お江戸ル(お江戸のアイドル)、堀口茉純(ほりぐちますみ)さんが書いている本です。 TOKUGAWA 15(フィフティーン) 徳川将軍15人の歴史がD…

寛永寺の御朱印をもらったから2017年は徳川YEAR(サラダ記念日風に)

東京に住んでいると、江戸時代を築いてきた『徳川家』をちょいちょい感じます。 私は、今年の元旦に寛永寺で御朱印をもらいました。 なので、今年は私の中で勝手に徳川YEARとしました。 上野の寛永寺 芝の増上寺 徳川将軍についてもっと知りたい! ①『T…

『ヘンタイ美術館』。大好きな山田五郎さんの本を楽しむ。

ヘンタイって気になる。 ここ数年、ちょっとヘンタイちっくな画家たちの展覧会が開催されています。 2015年の「プラド美術館展」のヒエロニムス・ボスの作品 2016年は「カラヴァッジョ展」「クラーナハ展」 絵は上手いんだけれども、見るとなんとも…

町山智浩『アメリカのめっちゃスゴい女性たち』の中から気になった7人。

町山智浩さんの本 『アメリカのめっちゃスゴい女性たち』を読みました。 本の内容 私が気になった7人の女性 オプラ・ウィンフリー インドラ・ヌーイ アシュラ・バーンズ グロリア・スティネム マリッサ・メイヤー ジュディ・スミス ミチコ・カクタニ 女性が…

雑誌『和楽』を参考に茶箱を組んでみたい。

茶箱を組んで友達を「茶」でもてなしてみたいな。 『和楽』2016年12月・1月号特集「茶箱って楽しい!茶箱ってかわいい!」 茶人・松平不昧さんの茶箱 「うるわし屋」堀内明美さんに聞く茶箱を組む楽しさ 工芸作家の「マイ茶箱」拝見 「茶箱って楽しい…

生活を豊かにするソロ活 フリーペーパー『メトロポリターナ』を読む

私のお気に入りフリーペーパーの『メトロポリターナ』、10日に新しい号でました。今月は「どっぷり北千住」で、表紙も下町をイメージしてます。では、ソロ活でメトロポリターナを読んで気になる情報をゲットします。 気になるネタ・ニュース ★軍地彩弓さん…

生活を豊かにするソロ活 村上春樹さんを読む

~実際は よくわからない だけど読む~ 村上作品。私は、読んでも読んでもスッキリしないことも多いし、結末は?と思うことも多し。そこが魅力なのかな? ノーベル文学賞の発表が近づいてきました。毎年、村上春樹さんが受賞するのではないかと騒がれますが…

フリーペーパーの魅力 ソロ活を楽しむ情報ゲット

~無料! 見るだけでも たのしめる~ 今やフリーペーパーは街の中にあふれています。思いっきり活用したいですね。 もうすぐ週末。わくわくの木曜日ですね。 利用している東京の地下鉄は、私が楽しみにしているフリーペーパーの宝庫です。 フリーペーパーは…