読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

茶箱 茶道★和菓子★展覧会 

茶箱の中は好きなモノでいっぱい!

東京 目黒区にある「日本民藝館」 生活に取り込む美

日本民藝館(東京目黒区)に行ってきました。 行ったことがある人がみんな「おススメだよ~」と教えてくれるので、土曜日の散歩がてら行ってきました。 チケットもかわいい。 日本民藝館とは 混雑度:★★★★(★5満点 多いほど混んでます) 所要時間 お勧め度…

東京 展覧会『茶碗の中の宇宙 樂家一子相伝の芸術』楽茶碗の魅力

展覧会『茶碗の中の宇宙 樂家一子相伝の芸術』に行ってきました。 歴代の楽茶碗が展示され東京で見られるということで、楽しみにしていました。 楽茶碗といえば、茶道の世界では「憧れのお茶碗」として名高いものです。 手捏ねで作られる暖かさ、ぼってりし…

東京 展覧会 茶道の茶碗を知りつくす「茶碗の中の宇宙」「茶の湯」「茶の湯のうつわ和漢の世界」を予習

東京では、これから立て続けに茶道関連(お茶碗)の展覧会が続きます。 見逃さないように再確認しておきたいと思います。 お稽古仲間の間でも、お茶会の待ち時間でもみんな話題にしていましたので、「混雑するだろうな~。」と今から覚悟しています。 ★茶碗…

東京 展覧会『古唐津』 出光美術館で唐津焼の渋さを実感。

東京の出光美術館『古唐津 ―大いなるやきものの時代』に行ってきました。 茶道の世界では、唐津茶碗は「一楽二萩三唐津」と称されて名高いものとして知られています。 ちょっと地味な感じのする唐津焼ですが、この魅力がわかるような茶人になりたいと思って…

東京 展覧会 六本木国立新美術館『ミュシャ展』 絵画からあふれだす祖国への愛に感動

東京六本木でおこなわれている展覧会『ミュシャ展』に行ってきました。 素敵なポスターが有名なミュシャですが、今回は絵画の大作「スラヴ叙事詩」が20点揃って来日しています。 「スラヴ叙事詩」は、画家の祖国であるチェコ、プラハでのスラブ民族の栄光…

茶箱(茶道)の展覧会 東京銀座で『赤木明登 茶の箱展』に偶然出会う。

『赤木明登 茶の箱展』を見ました。 東京の銀座をぶらっとしていて見つけた展覧会。 数年前に見た本『茶の箱』を見てから、こんな機会が訪れるなんて!! 赤木さんの茶箱を見られると興奮してしまいました。感動です。 赤木さんは、雑誌などでよくお見かけす…

東京 展覧会 六本木国立新美術館の『草間彌生 わが永遠の魂』は混雑しそう。春休みは避けた方がいいかも。

東京六本木にある国立新美術館の展覧会『草間彌生 わが永遠の魂』に行ってきました。 草間彌生(くさまやよい)さんは、日本人の世界的に有名な芸術家です。 2016年世界で最も影響力がある100人(『タイム』誌)に選ばれています。 草間さんの水玉の絵…

展覧会 東京六本木『コレクターの眼 ヨーロッパ陶磁と世界のガラス』サントリー美術館。クスっと笑えて心がなごみます。

展覧会『サントリー美術館新収蔵品 コレクターの眼 ヨーロッパ陶磁と世界のガラス 』に行ってきました。 つくづく「女子って、なんでこんなに陶磁器が好きなんだろうか?」と思います。 結婚前には、素敵な食器を買いそろえようと思い描き。 友達からの結婚…

東京 展覧会 丸の内三菱一号館美術館「オルセーのナビ派展」はかわいいを連発!

東京の丸の内にある三菱一号館美術館の展覧会『オルセーのナビ派展 美の預言者たち ―ささやきとざわめき』に行ってきました。 日本では、印象派が大人気ですが、ナビ派はあまり馴染みがありません。 私も「ナビ派って何?」レベルですが・・・。 ただ、今ま…

東京 展覧会 上野の東京都美術館『ティツィアーノとヴェネツィア派展』は大人のデートにいいかも。

東京、上野で開かれている展覧会『ティツィアーノとヴェネツィア派展』に行ってきました。 ティツィアーノ(1488/90~1576)とは、 16世紀ヴェネツィア派最大の画家で、ヨーロッパで人気を博した画家。 ダイナミックな構図と輝くような色彩を特…

若手の魅力あふれる「現代の茶陶 利休にみせたいッ!」茨城県陶芸美術館

『現代の茶陶 利休にみせたいッ!』を見てきました。 ビビットな茶道具が写った展覧会のチラシに一目ぼれしました。 ぜひ、見てみたい!と楽しみにしていた展覧会です。 展覧会の基本情報 混雑度:★★(5満点中・★が多いほど混んでます) お勧め度:★★★★★(…

北大路魯山人の元自宅「春風萬里荘」(しゅんぷうばんりそう)で、抹茶と和菓子を楽しむ(茨城県笠間市)

茨城県笠間市にある『春風萬里荘』(しゅんぷうばんりそう)に行ってきました。 ここは笠間日動美術館の分館となっています。 (笠間日動美術館は車で10分ぐらい離れています。) 高台にある見晴らしのよい場所にありました。 石庭を見ながら、のんびり抹…

東京 展覧会 五島美術館所蔵の茶道の道具がそろう「茶道具取合せ展」は名品ぞろい

茶道の展覧会『茶道具取合せ展』に行ってきました。 五島美術館の所蔵しているお道具が見られるので楽しみに出かけました。 展覧会の基本情報 混雑度:★5満点中(多いほど混んでます)★★ 所要時間 お勧め度:★★★(★5満点中) 展覧会の内容 家に持って帰り…

東京 展覧会 汐留『マティスとルオー展 手紙が明かす二人の秘密』。互いの健康を心配をするマティスとルオーがいた。

東京汐留にあるパナソニック汐留ミュージアムで『マティスとルオー展 手紙が明かす二人の秘密』に見てきました。 マティスとルオー。 二人の絵には、共通するところがない気がするけれど・・・。 仲良しだったのかな?と思いながら見に行きました。 展覧会の…

東京 展覧会 上野『掛袱紗 祝う心を模様にたくす』ゴージャスな刺繍の掛袱紗が美しい。

東京、上野にある東京国立博物館で『掛袱紗~祝う心を模様にたくす~』を見てきました。 掛袱紗(かけふくさ)。 あまり馴染みのないものですが。 信頼ある美術ブロガーの方がおススメしていたので、さっそく出かけてきました。 展覧会の基本情報 混雑度:★…

茶箱の見た美術展の中から2016年ベスト3を発表

大好きなテレビ番組に「ぶらぶら美術・博物館」があります。山田五郎さんとおぎやはぎさん、高橋マリ子さんのメンバーが楽しく展覧会を巡って現場?の雰囲気を伝えてくれます。 「ぶらぶら美術・博物館」ぶらぶら大回顧展が放送 私の2016大回顧展 私の2…

『マリメッコ展』に行ってきました。

渋谷で開催されている『マリメッコ展』。見るだけで明るい気分になれます。 展覧会の内容 混雑度:★★(5点満点/★が多いほど混んでます) おすすめ度:★★(5点満点/★が多いほどお勧めです) 印象にのこったこと 日本人デザイナー石本藤雄さんのインタビュ…

男性におすすめしたい誘惑の?クラーナハ展

日本初のクラーナハの大回顧展『クラーナハ展ー500年後の誘惑』に行ってきました。当時の洋服、靴、アクセサリーといったファッションの観点からも楽しめます。 『クラーナハ展』とは 展覧会の内容 展覧会の章タイトル 混雑度:★5満点中(多いほど混んで…

「日経おとなのOFF」を見ながら今年の美術展の復習

この時期に毎年楽しみにしている雑誌があります。「日経おとなのOFF」です。今年も購入したので、年末にじっくり来年の計画をたてます。来年出会える作品たちを今からチェックしておけますので、これがすごく楽しみです。 ですが、来年の予定を考える前に…

展覧会 『ヴェルサイユ宮殿≪監修≫マリー・アントワネット展 美術品が語るフランス王妃の真実』に行ってきました。

フランスのヴェルサイユ宮殿に観光に行ったお友達からのお土産のクリアファイルです。 ”マリー・アントワネットの愛した靴” パステルカラーの靴たちが、かわいい★●マリー・アントワネット展を見て思うこと ●展覧会の内容 ●コラボ情報 ●混雑度 ●お勧め度 ●心…

●『禅 こころをかたちに』 公式ホームページ●東京メトロの『禅ミステリーツアー』

現在『禅 こころをかたちに』と題した展覧会が、上野の東京国立博物館で開かれています。11月27日(日)までです。まだまだと思っているとあっというまですので、気をつけてください。 国宝、重文が満載の展覧会です。十分に時間をとって楽しんでくださ…

展覧会 『ゴッホとゴーギャン展』

ゴッホとゴーギャン展に行ってきました。南仏のアルルでわずか2ヶ月間の共同生活をしたゴッホとゴーギャンに注目した展覧会。 二人のちぐはぐだったという共同生活は有名な話ですが、二人の作品をこんなふうに一緒に見たりすることはなかったので楽しめまし…

展覧会 『禅』心をかたちに 国宝のお茶碗

楽しみにしていた 『禅』心をかたちに の展覧会に行ってきました。 禅が気になっているのですが、どのようにして学んでいけばいいのだろうか?と思っているの私にとっては、学びのは入り口になるのではないかと考えています。 私の金曜日の楽しみ、夜の美術…

展覧会 デトロイト美術館展 

「デトロイト美術館展」にいってきました。 アメリカの美術館からヨーロッパの名画が日本へやってきています。大きく取り上げられているゴッホの肖像画。ゴッホの黄色のハット、青の洋服が秋の上野に合います。 印象派のモネ、ドガ、ルノワールから20世紀…

ダリ展

火曜日、週末の予定をそろそろ決めましょう。 金曜日。 夜のレストランは混んでいるので、私の金曜日は、一人で楽しむ曜日です。 さあ、どこに行きましょうか。 狙い目は美術館です。 金曜日は、夜も開館している美術館があります。 シニア世代、親子連れ、…