読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

茶箱 茶道★和菓子★展覧会 

茶箱の中は好きなモノでいっぱい!

5月はすぐ!菖蒲の和菓子を食べたら「根津美術館」にも行きたくなる 和菓子屋 東京日本橋「長門」

5月の節句が近づくと和菓子も節句に関連した商品が多くなってきます。老舗の和菓子屋さんでも5月の節句を意匠とした和菓子が並んでいました。そして、この時期には行きたくなる美術館があります。 お店:東京 日本橋 長門 創業は江戸時代中期、享保年間(1…

ちょっとお疲れ気味のあなたへ「ふわふわ」を感じてほしい 和菓子屋 東京神楽坂「梅花亭」

気持ちの良い春の空気が感じられる日が続いています。 気分は「ふわふわ」です。この、気分にぴったりの和菓子を見つけました。 特に新生活が始まって、ちょっと疲れているな~と感じている人へプレゼントしたくなります。見た目も食感も「ふわふわ」感に癒…

京都の人は関東についてどう思うの? 茶道 香合「隅田川」

今年は、なかなかお花見にピッタリの天気に恵まれず、夜に近所の桜を見ただけになってしまいました。川沿いに咲く桜が見たかったのですが残念でした。 このお花見の時期にでてくる茶道具に、香合「隅田川」があります。 染付で、白い陶器に青い色の絵が描い…

今こそ平和を祈って鳩サブレー。お菓子だけじゃなくグッズもある。 神奈川県 鎌倉「豊島屋」

ここのところ物騒なニュースが多いです。爆弾の話、テロの話、内戦の話・・・。恐ろしいニュースが毎日のように話題になります。 「世界中が平和になりますように」 と、平和を祈って鳩サブレーを食べます。 鳩は平和の象徴ですから。 ハトは、その群れを成…

「ふふ」とほほえみたくなる魔法の和菓子 和菓子屋 名古屋「大須ういろ」

ピンクを愛する私には夢があります。 洋服は毎日ピンクの服を着たいです。林家ペーパー夫妻がうらやましい。 そして、できるなら毎日ピンクに埋もれていたい。 子どものころ読んだ本「あしながおじさん」で主人公のジュディが「ゼリーの中?上?で人間は泳ぐ…

大事な人への手土産を探している人へおススメ 和菓子 東京西早稲田「いなほ製菓」

両親にプレゼントしたい和菓子を見つけました。一見地味ですが、確かなおいしさは大事な人への手土産にしたくなります。 おいしいものを大事な人と一緒に食べることができるのって幸せです。 お店:西早稲田 「いなほ製菓」 JR高田馬場駅から10分程度歩…

捨てるのがもったいない包装紙でブックカバーをつくろう 

なんとなく捨てられない包装紙がたまってきました。 気になったときに一気に捨てるのですが、捨てる前にちょっとリメイク?して使うこともあります。最近は、和菓子屋さんの包装紙をブックカバーとして使っています。 布や革のブックカバーよりも軽くて汚れ…

さわやかな春を感じたい時に 和菓子屋 東京神楽坂「清水」

散歩の途中に和菓子屋さんを見つけると嬉しくなります。 今日はどんな和菓子に出会えるのかな~とワクワクしてきます。 お店:東京 神楽坂「清水」 趣あるお店です。ドアが開かれていて入りやすいお店でした。 中には10種類ぐらいのさまざまな種類の和菓子…

桜を楽しめる自分が幸せだ 和菓子 京都「笹屋伊織」

外では桜が咲き誇り、デパートのなかでも桜商品が満載です。 お菓子売り場でも、和菓子も洋菓子もこぞってピンク色の桜が咲き誇っています。 ピンク色好きの私には、日本中が夢のような空間になっています。 その一方で、毎日ニュースを見るたびに感じること…

桜を見ながら栗マロンパーティー 和菓子 岐阜県中津川の「松月堂」

栗マロンといえば旬は「秋」ですが、栗マロン好きの人にも「春」に楽しんでほしい和菓子を見つけました。 春も栗マロンを忘れないで! 「季節はずれかもしれないけれど、春だって栗マロンを愛する気持ちを大切にしてね。あなたに、桜と栗を楽しめるお菓子を…

和菓子作り体験第3弾 木蓮(モクレン)をイメージしたねりきり「心恋(うらごい)」

少し前の体験から思いついた和菓子作りのアイディアがあります。 高い木に咲く木蓮(モクレン)ですが、たまたまこの木の下の方に花が咲いていて、花の中が見えました。 はじめてモクレンの花の中をこんなにジロジロ覗いたかも! 「わぁ~」と声が出るくらい…

和菓子屋 京都 「かぎや政秋」のときわ木はあんこのクッキーみたいな和菓子

東京に住んでいるとなかなか京都の和菓子を食べることがありません。 なので、見たことのない和菓子を見つけると嬉しくなってしまいます。 お店:京都 かぎや政秋 残念ながらお店には行ったことはありません。 展覧会「茶碗の中の宇宙 樂家一子相伝の芸術」…

和菓子屋 東京 上野「桃林堂」 見た目が花霞ぽい

東京の上野公園や美術館巡りを楽しんだあとは、寄り道したいお店があります。 少し駅から離れている小さなお店ですが、喫茶スペースもあり抹茶も楽しめます。 お店:東京 上野 桃林堂 お店の上に変な生き物が・・・。 なんだろう? 南青山にもお店があります…

和菓子 名前(銘)をつける練習「青丹によし(あをによし)」

お道具・お菓子についている名前(銘)は、どのようにつけているのか気になっていました。 私は、見た目中心でなんとなくつけているのですが、それもなかなか難しいことです。 数年前に読んだ本の中で、京都の和菓子屋さん「塩芳軒(しおよしけん)」の現当…

和菓子屋 東京 銀座「HIGASHIYA(ヒガシヤ)」はオシャレすぎる。お店は南青山にもある!!

大人が楽しめる和菓子を販売している大人気のお店があります。 和菓子を和菓子そのものだけでなく、お店、ラッピング等トータルしておしゃれなものに仕上げた、東京らしいお店だな~と思います。 素敵な外観やお店が、和菓子への期待を高めてくれます。 お店…

和菓子屋 東京 南青山「まめ」で黒豆おはぎに驚く。

おしゃれな和菓子屋さんが増えている気がします。 和菓子は、ケーキといった華やかな洋菓子より 見た目が地味、シンプルな味、サイズは小さめ、お値段がちょっとお高め という印象がありますが、一方で、なにげにシンプルでおしゃれな感じがします。 東京南…

和菓子作り体験第2弾 ねりきり「佐保姫」と「麗らか」

和菓子作り(ねりきり)に再度体験しました。 時間と意欲に余裕がないとできないのですが、前回の反省を忘れないうちに体験しました。 前回はこちら。 www.pooh70.com 今回は、仕上がりのイメージを頭でふくらませて、実際に絵まで書いてスタートしました。 …

あんこの魅力

なかなか暖かくならない毎日にイライラします。 冬ものもう着たくないけれど、まだ寒いし・・・。 タイツもまだストッキングに変えられない・・・。 ホッカイロも買い足してしまいました。 夕飯はあったかクリームシチューを食べて、デザートは。 お汁粉 お…

和菓子屋 東京青山「紅谷」と老舗「叶匠寿庵」 ひなまつりには2軒楽しむ

「ひなまつり」も終わってしまいました。 実家に帰っていたので両親と中年おばさんでひなまつりの和菓子を食べて、今年は物置で眠ったままの私のお雛様の写真を見て懐かしんできました。 食べた和菓子のお店は、東京青山にある「紅谷」と、滋賀県が本店の老…

和菓子作り体験 ねりきり「桃」と「いちご」に挑戦!!

和菓子を食べるたびに、自分でも作ってみたい気持ちが大きくなってきました。 挑戦したいのは、美しいねりきり! でも。 まったく作り方がわかりません。 しかも、私は料理は得意ではありません。 あと、立体的なデザインを考えるのが苦手です。 和菓子つく…

ひなまつりの準備 和菓子屋 東京銀座「甘楽(かんら)」の和菓子とインテリアの「貝合わせ」の香立て

「ひなかざり」って不思議です。 小さな頃は毎年、私の7段飾りのおひなさまを父が飾ってくれました。 実は、毎年見ていた自分の「ひなかざり」さえも、今でも「なんだかよくわからない道具やらなんやらが飾ってあるな~」ぐらいの印象しかありません。 (あ…

和菓子屋 東京「虎屋(とらや)」のひなまつり和菓子。キティちゃんぽくてかわいい。

3月3日の「ひなまつり」が近づいてきました。 数十年前には、おひなさまを飾ってもらっていたのが懐かしいです。 我が家には子どもがいないので、ちょっと忘れがちなお節句ですが、少しでもひなまつりの雰囲気を味わって楽しみたいです。 お菓子:きんとん…

和菓子屋 東京南青山にある創作性の高い「菊家」 山種美術館でも楽しめます。

「梅に鶯(うめにうぐいす)」はことわざとしても知られています。 【意味】 梅に鶯とは、取り合わせのよい二つのもの、よく似合って調和する二つのもののたとえ。仲のよい間柄のたとえ。 「 故事ことわざの辞典 」より ちょっと普段の生活では、使ったこと…

和菓子屋 東京 銀座「大角玉屋」の苺大福は元祖?バブリー芸人の平野ノラさんも好きかな~?。

この時期、街を歩くたびに気になる苺大福。 今年は苺よりも、苺大福を食べている割合の方が多いかも。 同じようで、同じではない。 それぞれのお店の個性ある苺大福があります。 今回は、こんなにも人気のある苺大福の誕生を知ることになりました。 お菓子:…

SOU・SOU(ソウソウ)で楽しむ抹茶と和菓子。マリメッコで活躍した脇坂氏がデザイナー。

たまたま本屋さんで見つけた本です。 和菓子にも、デザインにも惹かれて購入しました。 SOU・SOU 京菓子あそび 和菓子になったテキスタイルデザイン 作者: SOU・SOU,亀屋良長 出版社/メーカー: 世界文化社 発売日: 2017/02/03 メディア: 単行本 この商品を含…

和菓子屋 東京 神楽坂で見つけた「菓の子や」の大栗饅頭

大好きなフリーペーパー「メトロポリターナ」があります。 2月号の特集は「神楽坂」です。 ひと昔は、芸者さんの大人の街。という雰囲気がありましたが、最近は、若い女子のお散歩の街としても人気の町です。 昔ながらの日本文化が楽しめる雰囲気のある街で…

和菓子屋 東京湯島「つる瀬」 湯島天神の梅と一緒に楽しむふく梅は梅干し付き!

梅を楽しみたいのに。 寒さのせいか、梅の開花がいまいちな状況が続いています。 上野のロダンの「考える人」も悩んでる・・・。「咲かないな~」 なので、和菓子だけでも梅を楽しみたいと思います。 お店:つる瀬 お菓子:ふく梅 食べてみる おススメ度:★★…

和菓子屋 東京 日本橋「うさぎや」の有名などら焼きと生菓子

なかなか買いに行けないお店ってありますよね。 休日がお休みだったり、夕方には売り切れてしまったり・・・。 入手困難な和菓子のためには、風が冷たかろうとがんばります。 お店:うさぎや 日本橋 お菓子:どらやき 食べてみる おススメ度:★★★★(★5満点…

和菓子屋 東京 日本橋老舗の「榮太樓總本鋪(えいたろうそうほんぽ)」の日本橋まんじゅうに癒される。

毎日風が冷たいし、寒いし・・・。 土曜日が祝日で「くやし~」と感じた週末。 ふ~~と落ち着きたい日には、 見た目も、味も、優しい和菓子に癒されたいです。 お店:東京 日本橋の榮太樓總本鋪(えいたろうそうほんぽ) お菓子:日本橋まんじゅう 林檎あん…

茨城県水戸市「偕楽園」で梅を見ながら食べたい。亀印製菓の和菓子「吉原殿中」

茨城県で購入した和菓子、よくお土産でもらう商品です。 茨城県(水戸藩)といえば、日本三名園の「偕楽園」があります。 梅の名所です。 茨城県水戸市の名物というこの和菓子。 この2月の梅の時期にぴったりの和菓子です。 お菓子:吉原殿中(よしわらでん…

和菓子屋 東京 錦糸町「北斎茶房」と日本橋高島屋「AUDREY」(オードリー)”苺”対決!

苺の和菓子といえば、 「苺大福」 昭和の後期に生み出されたという、和菓子にしては新人さんなんですが、今や春の定番商品になっています。 ”苺”と”あんこ”と”もち”のコラボレーション。 最初の衝撃は大きかったですが・・・。 苺のみずみずしさが、あんこの…

和菓子屋 銀座の名店「空也」(くうや)の新ブランド「空いろ」(東京品川)。季節限定の和菓子はチョコレートあんこクッキー。

苺がおいしい時期ですね。赤くてツブツブがついた、かわいいルックスの苺は女子たちの人気者です。 味も、ただ甘いだけではなく、かすかなすっぱさ、みずみずしさを感じることができるのも苺の魅力です。 和菓子の世界でも苺は大活躍しています。 お店:空い…

常磐高速道路の友部SA(サービスエリア)の和菓子。きくちの「栗あわせ」

週末になるとドライブに行きたくなります。 暖かい車で移動して、日帰り旅です。 今回のドライブでは、常磐高速道路をつかってみました。 東京では出会えない和菓子に巡りあえるかな~? 菓子:栗どころ お店:きくち 食べてみる 友部SA(サービスエリア)…

和菓子屋 東京 深川不動尊「梅花亭」の梅もなかは立春を感じる和菓子。

立春 暦の上では春がきました。 まだまだ寒い日は続きますが、気分だけは春を感じるため梅の形の和菓子を食べました。 お店:梅花亭 お菓子:梅もなか 食べてみる ”梅”にちなんだ一句を詠む おススメ度:★★★(★5満点) 富岡八幡宮の御朱印 お店:梅花亭 写…

節分は東京製菓学校の創作和菓子を楽しんだ。若者の感性に感動の中年夫婦。

私の節分は、夕方に一人豆まきをします。小さな声で『鬼は外』『福は内』もつぶやきます。そして、自分のまいた豆を掃除して終了です。かなしい~~。 その後は、テレビを見ながら自分の年齢の数だけ”豆”を食べます。 年々増えていく豆の数が苦しくなってき…

和菓子屋 京都 「豆政」の節分に福を招く和菓子

銀座の三越で、すごい和菓子の袋を発見しました。 京都にある「豆政」(まめまさ)というお店のものです。 まずは、お面つきの袋に惹かれました。 もうひとつ『鬼』のお面もありました。 実は、鬼の方がかわいくて気に入ったのですが、 節分のあともラッキー…

和菓子「杵つきお餅バー」は、日本のスグレモノを集めている”日本百貨店”で買えた。

ねぇ~~アイス食べる? あれ?ぷにぷにするよ。これ何?? 驚きのルックスの和菓子。お餅バーを紹介します。 お菓子:杵つきお餅バー 見た目がとにかくキュートです。 想像したことのない、お餅の形にびっくりします。 包みの上からでも、お餅のぷにぷに感…

和菓子屋 東京 谷中銀座近く日暮里「江戸うさぎ」で妖怪に出会う。

怖い?かわいい? 口を大きく開けて、小さな目がこちらを見ています。 お店:江戸うさぎ JR日暮里駅ちかくにある和菓子屋さんです。 話題の谷中銀座とは線路はさんで反対側にあり、駅からは歩いて5分ぐらいで行けます。 谷中銀座までも15分ぐらいです。…

和菓子屋 東京 銀座の老舗「空也」で期間限定・予約必至の「空也餅」を買ってみた

支店もなく、外部販売もしない、通信販売もない東京銀座の名店「空也」さんの中でも、年に2回だけ、1カ月間しか販売されないプレミアムな和菓子が「空也餅」です。 販売期間は、11月と1月中旬~2月中旬(今年2017年は2月10日まで)です。 この…

和菓子屋 東京 上野「うさぎや」のどらやきでおもてなし。(妄想)ドラえもんが我が家にきたら。

ドラえもんが、我が家の引き出しから現れたら・・・。 どら焼きを出さなくちゃ! 『あっ、ドラえもん。いらっしゃいませ~。』 あっっ!まちがえちゃった。 オモえもんだった!! (星野原さんがNHKのコント番組「LIFE!」で演じている人気キャラです…

慶応大学受験生にもおススメしたい和菓子「文銭堂本舗」と「 秋色庵大阪家」

山手線の田町駅で有名なのは、慶応大学とラーメン二郎本店でしょうか? 慶応大学三田キャンパスをはさんで、2軒の和菓子屋さんがあります。 御菓子司 文銭堂本舗(おかししぶんせんどうほんぽ) 秋色庵大阪家(しゅうしきあんおおさかや) 御菓子司 文銭堂…

姫路「伊勢屋」の和菓子「玉椿」は徳川家と繋がりがあった!

今年も茶道のお稽古がはじまりました。 お稽古の一番の楽しみは、和菓子!!です。 姫路の銘菓『玉椿』(たまつばき) 玉椿とは 玉椿と徳川家のつながり 姫路の銘菓『玉椿』(たまつばき) [Wikipediaより] 伊勢屋製です。 うっすらピンク色のおもちが上品な…

和菓子の楽しみは”デザイン”だ!!

和菓子をこんなにも楽しむことのできる理由は、 味だけではなく美しい「デザイン」ではないかなと思います。 3つの「福梅」 「御菓子処ささま」さんの”福梅” 「鶴屋吉信」さんの”福梅” 「和菓子工房 糸 ito糸」さんの”福梅” 「梅」を意匠した和菓子 本『和…

「和菓子工房 糸 ito」さんの和菓子を初体験。

年末に雑誌『FIGARO』(フィガロジャパン)2月号で見つけた記事(一部)です。 すごく気になった「和菓子工房 糸 ito」さんの和菓子(左上の4個)。色合いが、かわいらしくデザインが素敵です。 「和菓子工房 糸 ito」さんの和菓子 和菓子とコーヒの…

「鶴屋吉信」の和菓子と「おちゃらか」の日本茶。コレド室町で日本文化を再認識。

コレド室町で 「鶴屋吉信」では、和菓子・抹茶茶碗で茶の湯の楽しさを、 「おちゃらか」では、日本茶の奥深さを味わってきました。 鶴屋吉信 和菓子 抹茶茶碗 おちゃらか 緑茶 パッションフルーツ 深蒸し茶さえみどり 鶴屋吉信 和菓子 ゆっくりできるテーブ…

折り紙で菓子皿をで折ってみました。和菓子「銀座菊廼舎(きくのや)」の冨貴寄(ふきよせ)を抹茶と一緒に楽しむ!

年始はおいしい和菓子をたくさん食べる機会が多くなります。お客様に和菓子を出す機会も増えます。こんなときに悩むのが、菓子皿です。 家にあるお皿にも限りがありますし。 できれば、季節を感じるような器を用意したいのですが・・・。 菓子皿「羽子板」の…

「御菓子処ささま」で新年の和菓子を買う。老舗和菓子屋を活用できる大人になりたい!

お正月はどんな和菓子を食べるか毎年悩みます。 デパートの和菓子売り場で一気にいろいろなお店を見ながら決めるのも楽しいですが。 「入りづらい老舗和菓子屋さんでお買い物をする」 というリアル世界の壁を越えて、大人になりたい私は、デパートでは買うこ…

平戸を巡る茶道と和菓子の歴史。百菓之図は菓子図鑑!

(2月5日更新) 婦人画報3月号のコーナー「◆和菓子は、いつも新しい!」で、平戸と和菓子についての記事が8ページにもわたって紹介されていました。 以前、このブログで紹介した『百菓之図』について詳しく紹介されています。昨年書いたこの記事が、なん…

「とらや」すばらしさに感動。和菓子「とらや」の亥の子餅(いのこもち)

とらや『亥の子餅』(いのこもち) とらやの和菓子でめぐる京名所 にせもの!?ピンクのとら 来年2017年「とり」年の商品 とらや『亥の子餅』(いのこもち) ようやく食べました。 ゴマがおもちの中に入っていてプチプチした触感が面白い感じです。 あん…

銀座の街で野点「銀茶会」を楽しむ

私が楽しみにしている「銀茶会」が10月30日(日)13時~16時に開かれます。これは、あの大都会東京のおしゃれタウン銀座で野点(屋外で抹茶をいただく)が楽しめるというイベントです。狭くて暗いところが苦手な私は、外で抹茶を飲むのが好きです。…